スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPによってやっとアメリカを道具として動かしている本当のパワーである、世界複合企業;コーポレーションの正体を、多くの人が気付きだした@@!!

http://www.youtube.com/watch?v=unSepcoMD2w 
TPPは、今まで米欧の特に日本へのアメリカの対応に我慢して来た知識人たちが、忍耐の緒が切れて、立ち上がってきました。実に多くの人たちが、アメリカという国は日本を見えないように支配して来たかがわかる最もわかりやすい問題です。

藤井聡教授の話はものすごくわかりやすく。漫才を聞いているようで面白く。本当の知性の持ち主だな~と。藤井さんなどTPPの事をよく調べ上げている学者や司式人の方は、TVや大衆新聞の御用学者や専門家が安っぽく、人間のスケールも小さいのがわかります。 この動画の1;29;50くらいから忙しい方はぜひ見てください。アメリカの、いや、アメリカを使ってこのTTPを推し進めている世界複合企業:コーポレーション(どういう人間たちが持ち主かわかりますね?)は、簡単に日本はTPPの搾取システムにはめ込むことでしょう。

藤井教授、アメリカやコーポレーションにとってヤバい事、たくさん暴露していますが。1;29;50の所からは超機密事項でしょうね。藤井教授たちのおかげで、多くの人たちが気づいて来ています。
今までなら、もう殺されたでしょうね。偽装自殺やら偽装事故やらでいつも殺されて来ました。それがアメリカのやり方です。

北方領土はロシアと、尖閣諸島は中国と、竹島は韓国と、植民地化した国が近隣諸国と仲良くなって、反米、反英にならないように、植民地経営は、近隣諸国と紛争の種を巻いていきます。韓国と中国は反日教育までして、アメリカの望む通りの対日関係です。 ということは、今まで殺されたり、アメリカの裏工作で政権を転覆されてきた日本は、そろそろ、本当の問題に直視するべきです。

最近では鳩山政権がそうでした。普天間米軍基地を県外に移動と、東アジア経済圏を言い出しました。いわゆる、アメリカに追随するのではなく、もっと中国やロシアとも経済的に良い関係を築いて行きましょうってのが、もちろん、アメリカの逆鱗にふれ、ご存じのようにマスメディアで、鳩山首相は辞任することになりました。アメリカに逆らえば、首相の座を引きずり落とされるのと目の当たりに見た、管制権、野田政権はオスプレイまでいれて、TPPは入ります入りますの姿勢だったのは、あなたには意味が成しますか? どこの国のためにこいつら政治やってんだ。へたすればアメリカに消されますからね。これを防ぐのは一般大衆の国民が目覚めなければなりません。

小沢一郎は、アメリカの第7艦隊だけ在ればいいの発言。そして、アメリカの逆鱗に触れたのは中国に大きく接近していきました。アメリカが黙るはずがありません。検察(アメリカの犬です:詳しく知りたければ本はたくさん出ています)を使って、起訴し、マスメディアは、その後、どういう勢いで小沢一郎のイメージを徹底的に貶め、犯罪者にしたか、皆様はご存知ですね。しかも、証拠がなく、最後には無罪になりましたが、マスメディアは謝罪するわけでもなく、起訴された時点で小沢一郎が日本の自主路線を進めることができなくなり、社会的に抹消されたのと同じです。アメリカは無罪でも馬鹿な日本国民が、小沢一郎をもう信じていないということが重要なので、小沢落としは、大成功だ ったのです。

戦後、アメリカがセットアップした。領土問題は近隣諸国と仲良くならないようにしたわけだから、アメリカが一番嫌う日中友好、日韓友好、日露友好、東アジア経済共同体(韓国も含む)はアメリカが絶対阻止したい事項なのです。北海道の鈴木宗男氏や山口代議士がアメリカの目障りなのはわかりますね。

今までにもたくさん、アメリカに殺されたり、社会的に貶められたりして政治の世界から降りなければならない人がたくさん沢山います。誰でもしている田中角栄もそうですね。日本列島改造論。アメリカに断りもなしに、日中和平条約を結びます。この時は、キッシンジャーが「あのJAPの野郎!!!」と激怒したということは有名です。本を読む人たちには。アメリカのセットアップしたロッキード事件で、田中角栄は失脚しました。

田中角栄は民間機でしたが、では、それ以上に軍用機で賄賂をたんまりもらった中曽根は誰も追求しなくて、それどころか、名誉何とか賞までもらって、アメリカの言いなりでした。小泉純一郎の走りでした。アメリカの走狗。アメリカに国を売った人間の代表です。

簡単な日本の政権の見方、長期政権はアメリカに跪いて媚を売りながら政策をしている。
短命政権、実は国の事を思って、自主路線でアメリカだけに依存しない日本国を、中国や韓国やロシアと経済的にも良好な関係を築こうとした政権はスキャンダルなり、いろいろなアメリカの裏工作でその政権は解散させられます。

60年安保闘争、日本人は当時、目覚めていたのかと思いきや、資金はCIAや日本の企業を使って学生たちに流し。バス何十台もは貸し切って、もちろん、もちろんプロの扇動者も学生を先導して、アメリカがコントロールしている主要マスメディアも総動員して、最後は問題をすり替えて岸内閣を総辞職させます。岸信介も最初はアメリカのいうことを聞いていましたが、中国との関係改善を言い出したのが、岸内閣を総辞職させる工作が安保闘争でした。

結局、安保闘争は何も変わらず、日米地位協定だとか、協定の名前は変わったが、安全保障条約(不平等条約)はそのままだったのです。もちろん、岸政権に代わったのは、アメリカの傀儡政権ばかりでした。 池田内閣→

因みに、岸内閣の前は、2か月だけの石橋湛山内閣。病気で辞職。彼も自主路線を貫こうとしていました。
その前は鳩山一郎政権。不平等条約である日米安全保障条約の見直しをアメリカに打診したり、傀儡国家からアメリカからの自立を目指した。その前は、傀儡中の傀儡。吉田茂政権。アメリカの言いなり。だから、現代史では、吉田茂は大物の政治家だったみたいに日本人は教育されている。てな具合に、アメリカに逆らうと、命が危ないのです。これが、今までの日本の歴史でした。

 それが、ようやとTPPで、アメリカの本性が、或いはアメリカを道具として動かしている本当のパワーである。世界複合企業;コーポレーションの正体が多くの人に気づかれることになったのは、うれしい限りです。

 もっと、大きな声で、歴史の真実を語り合いましょう。 


「TPP反対」に大学教員870人が賛同した理由 [慶大教授 金子勝の天下の逆襲] (日刊ゲンダイ) 安倍政権のアメリカ追随政策は、国家主権の放棄。

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8542.html
2013/4/16 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


「TPPからの離脱を求める大学教員の会」の賛同者が、発足から3週間足らずで870人を突破した。私も呼びかけ人のひとりになった。

なぜ、これほど危機感が募っているのか。理由のひとつはメディアのミスリードに危機を覚えているからだ。
日本の大手メディアは、安倍―オバマの首脳会談によって、まるで日本はアメリカから譲歩を勝ち取れるかのように報じているが、まったく事実に反している。
TPPに関して、オバマ大統領に与えられた権限は極めて限られている。大統領に貿易の包括的権限を与えるTPAという条項が2007年に失効しているため、アメリカ政府は国内法に抵触することは、一切、他国に約束できない。しかも、議会が決定権限を持つ。

かつて、米韓FTAも自動車業界に反対され、議会で一度はね返され再交渉された。TPPの本質は、参加相手国のルール決定権を奪うことにある。

小泉構造改革もアメリカの「対日要望書」に従って行われたが、TPPはまったく異質なものだ。とくに怖いのは、米国の多国籍企業が相手国を訴えることのできるISD条項である。
要注意なのは、ISD条項の裁判は、アメリカの影響力が強い世界銀行の中で行われることにある。これでは、アメリカの国内法が基準になりかねず、日本は国家主権の一部を譲り渡しかねない。

ISD条項の怖さは、過去、メキシコ、カナダ、エルサルバドルといった国で発動された時の事例をみればよく分かる。たとえばカナダの事例である。アメリカの安全規制の低い州にある廃棄物処理企業が、カナダで処理した廃棄物を、カナダ国外に持ち出そうとした時、カナダ政府は差し止めた。すると、そのアメリカ企業はISD条項を使ってカナダ政府を訴えた。敗訴したカナダ政府は巨額の賠償金を払わされ、しかもアメリカの低い安全基準にカナダ国内の基準を下げざるをえなくなった。

日本が長年築いてきた自動車や農薬や遺伝子組み換えなどの安全基準がすべて吹き飛ぶ恐れがあるのだ。
安倍政権のアメリカ追随政策は、国家主権の放棄まできた。
TPPは平成の開国ではなく、平成の不平等条約なのだ。

 - - 転載終了 - -

TPPに関しては過去にも色々と検証してきました。

米告発番組が物議 リークされたTPP草案 売国の中身 (日刊ゲンダイ)ヤバイのはコメだけじゃない!  TPP参加に突っ走る安倍政権への批判が噴出しているが、新たにとんでもない事実が判明した。
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-563.html

遺伝子組み換え食品を食べ続けると大きな問題が発生することが実験で証明された。でもまだ使われている、普通にお菓子などの原料として TPPによりモンサントの遺伝子組み換え食品を食べさせられる
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

解りやすい、TTPとは何か。。失業者が急増、農業が終わり、モンサントの遺伝子組み換えを食わされる
[広告] VPS


↓震災や災害に対する備えを  ↓色々グッズ

  

TPP参加とは、日本国が名実共に完全なるアメリカの植民地になる事

TPPとは?? そう内容は極秘扱いで内容を知っているのは1%の人達。。

世界が1%に人々に支配される世界に行くか><! どうかの瀬戸際なんどす
試練ですね・・! その試練に日本の人々は立ち向かうのかどうか。。!

ただ言えるのは、人は乗り越えられない試練を選択しない、乗り越えられる試練だから選択する。

ここに生きているのは、全て学びの為。。 自分で選択してここに来たのですから、必ず乗り越えられる。
無論、何もしなければ乗り越えられません、そういう学びをする為に今ここにいるのですから、この試練に
立ち向かい、乗り越える経験の学びなのです。

[広告] VPS


[広告] VPS


TPPの確信はすでに記載してあります。。 ↓
米告発番組が物議 リークされたTPP草案 売国の中身 (日刊ゲンダイ)ヤバイのはコメだけじゃない!  TPP参加に突っ走る安倍政権への批判が噴出しているが、新たにとんでもない事実が判明した。
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-563.html ←クリック 

全て、必然なんです・・ そして、選択するのは自分の意思です。
この世界は無数にある世界の一つ、パラレルワールド。。 どの世界に行くかは自分の意識です。
選択するのは自分の意識で、どんな世界にでも行けるのですから。。

無論、どこに行きたいか意識し行動(努力)することで、現実化する。

[広告] VPS


意識し、行動し、現実化><!!’出来るのです。

TPP不利な条件 首相、事実説明を拒否。。安倍は確信犯、売国奴。。

(東京新聞)
安倍晋三首相は八日午前の衆院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加に関連し、カナダ・メキシコ両国が交渉参加に際し、既に交渉を始めていた九カ国から不利な追加条件の受け入れを求められていたことを民主党政権時代に日本政府が把握し、両国に問い合わせをした事実について「相手国に問い合わせをしたかどうかも、この場で言うことは今後の情報収集に大きな影響がある」と、明らかにしなかった

 不利な追加条件については、カナダ・メキシコ両国の交渉参加が決まった二〇一二年六月までに日本政府が把握し、両国政府に「こんな条件を受け入れるのか」と問い合わせをしていたことを、野田前政権の関係者が認めている。

 首相は、不利な追加条件を政府が把握していたかどうかについても「参加国同士のやりとりは当然、(参加国に)守秘義務がかかっている。私たちはコメントするべきではない」と答弁を拒否した。

 その上で、参加条件も含めた関係国間のやりとりについて「TPP交渉にまだ参加していないから、情報収集は難しい」と釈明した。

 岸田文雄外相は「少なくともわが国には、そうした条件の提示は全くない。引き続き情報収集に全力を挙げる」と述べた。

 岸田氏は、関係国からの情報収集では日本など遅れて参加を希望している国に(1)包括的で高いレベルの貿易自由化を約束する(2)交渉進展を遅らせない-などの要求があることを示した。

 質問した日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長は「政府が交渉参加のルールを探って議会に説明するのは当然の責任だ」と批判した。

ー - 転載終了 - -

東京新聞がまたも真実報道@@! 東京新聞を応援しょう

『アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容』 2013/02/26。。《TPPとは、「1%」が私達の生存権を奪うものです><! だとーーぅ 打倒ーーぅ TTP&推進自民党 
 

米告発番組が物議 リークされたTPP草案 売国の中身 (日刊ゲンダイ)ヤバイのはコメだけじゃない!  TPP参加に突っ走る安倍政権への批判が噴出しているが、新たにとんでもない事実が判明した。

TPPが暴露される


米告発番組が物議 リークされたTPP草案 売国の中身
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-3737.html
2013/3/5 日刊ゲンダイ :『文殊菩薩(ブログ版)』

ヤバイのはコメだけじゃない!

 TPP参加に突っ走る安倍政権への批判が噴出しているが、新たにとんでもない事実が判明した。米国と参加国の〝秘密交渉〟で詰められていた「TPP草案」が外部に流出し、そのデタラメ実態が白日の下にさらされたのだ。

 問題のTPP草案は、米市民団体「パブリック・シチズン」がリーク情報をもとに告発したもの。米独立系放送局「デモクラシー・ナウ」の番組上で暴露された。その内容には驚きを通り越して、背筋が寒くなる。

 告発によると、草案は全26章から成るが、日本で議論になっているコメなど貿易関連のテーマはわずか2章のみ。残りは、いかにして米国企業に強大な権限を与え、各国の権限を奪い取るかに割かれているという。

◆「貿易自由化」は表向き、実業は米企業の〝世界支配〟

 市民団体のロリ・ウオラック氏は、(TPPは1%が大多数の人々の生存権を奪うツールだ)とこう告発している。〈TPPは表向きは貿易協定ですが、実質は企業による〝世界統治〟です〉〈各国が国内法や司法を使って権利を守ろうとしても、企業は別建ての司法制度を持ち、お抱え弁護士たちがインチキ国際法廷に加盟国の政府を引きずり出し、無制限の賠償を命じる〉

◆地産地消、国産品愛好もダメ

〈地域産業の優先を禁じ、地産地消や国産品の愛好は許されない。環境や人権に配摩する商品も提訴されかねません〉 米企業は医薬品や種子の独占権を強化し、薬価をつり上げるため、後発医薬品(ジエネリック薬品)の販売を阻止する案も画策。各国の金融規制を緩和し、高リスク金融商品を禁止できなくする、とも警告している。

 さらに、〈600人の企業顧問に草案へのアクセス権を与えながら、米上院貿易委員会も蚊帳の外。貿易協定という名の『企業の権利章典』の中身は見られない)とも指摘。徹底した秘密交渉に加え、〈交渉内容は、締結後4年間は非公開という密約もあった)というからムチヤクチャだ。

 15分間の告発番組には、米テキサス企業協会しようとしているのだ。

 元外交官で評論家の天木直人氏がこう言う。

「このリーク情報は昨年の大統領選のときに公表されたものですが、これまで一切報道されてこなかった。参加国の国民に知れたら、ただでさえ交渉が難航しているでTPPはますます糾弾される。
だからオハマ政権が隠蔽し、米国民をもダマし続けてきたのです。日本は交渉のテーブルに着いたが最後、あらゆる市場を開放させられ、経済は崩壊し、国民の食も健康も米国に支配されてしまうでしょう。逆らえば、米企業が法外な賠償金を求めて訴えてくる。国はひとたまりもありません。

 当然、日本政府と役人はすべてを知っているはずですが、日米安保条約の地産地消、国産品愛好もダメの関係者がパーティーでスピーチをしている映像が流される。その内容も仰天で、「TPPは市民の意見におかまいなく、企業利益を最大にするものだ」と大ハシャギしているのである。

 安倍は、こんなインチキ協定にノコノコと参加密約と同じでヒタ隠しにしているのです」

 野党はきのう(4日)の代表質問で、「TPP参加は国民を欺く『安倍トリック』だ」とか批判していたが、論より証拠だ。このデタラメ草案と告発番組を国会で取り上げ、安倍政権を徹底的に追及すべきだ。

「アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは」
[広告] VPS

http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-554.html

条約(TPPも含む)は 国内法に優先するから、大変なことになる。
農産物関税の話は「目くらませ」。
例えば 
新薬に保険がついて、自由診療時より安くなったら提訴
薬価を引き下げて企業に損失がでたら提訴
BSEで独自の牛肉輸入規制をしたら農家が提訴


てなことになってしまう。
裁判は米国でやるので、日本は税金で賠償金を払うはめになる。
企業の損失を、相手国の国民(税金)に支払わせる仕組み。
≪PREVNEXT≫
プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。