日本は、奇形児の発生率が世界第2位の高さ。。ゆゆさんのコメントより伐採バサバサしました><!

ゆゆさんのコメント

フェイスブックから来ました。
この夏、ここで言われている「奇形児」を産んだ母です。
形態異常の分娩確率はごく軽微なものを含めて1000分の6〜7ということで、新生児医療の観点から考えてみたのですが

日本の新生児医療の発達はめざましく、早産児の命がたくさん助かるようになっています。
500g未満の子供たちも助かる時代になりました。

↑黒塗りパンダさんの出されたデータが確かならば、
1位の心室中隔欠損(うちの子にもあり)

発達の途中で出てくる子供たちは、心臓のしきりが出来上がっていません。
だから欠損状態になります。(育っていくうちに大半はふさがります。)
早産の子は、他にも軽いものを含め複数の異常が被ってくることでしょう。
発見してしまうエコー技術の高さも、数字を押し上げているのではないでしょうか。

個人的なことで、データには関係ありませんが
自分は20代。祖父母の代から人一倍「無添加」や「オーガニック」にこだわって生きて来ました。興味があってその道の勉強もかなりやりました。
が、我が子は10万分の1の内蔵形態異常に当たりました。(手術済みで元気です)

人間 たとえ劣悪な環境でも元気な子を産み、元気に暮らしておられる方が、それはもう圧倒的大多数です。
私も、国やとりまく環境を心配するより、不安やストレスを溜めずに生きる方がずっと大事だと思い知りました。
。こういう不安をあおる文章は数字を追っていくと根拠が薄いことがよくわかります。
お母さんたち、心配に及ばないと思います。
形態異常…。それは発生における事故 「運」であったと今では思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信しました、、! どうぞ変身してください。。! (返信コメント)


ゆゆさんへ


あなたが本当に子供の事を考えるなら、当然安全な食べ物を子供達に食べさせたいと思うはずです。 

今の日本政府は、なぜここまで危険なものを(添加物・遺伝子組み換え食品・放射能被爆など)平気で
ゆるゆるの規制で、反対にドンドン認可させるのか><! 考えるべきではないでしょうか。。!
食は、人が生きていくうえでなくてはならない基本です。。 その基本が危険な状態なんですよ。。!

どこから根拠が薄いと言えるのか?? 全く判りません・・!

こんな事を、政府や政治家が率先して日本国で起きている事が><! めちゃくちゃおかしいのでは・・
あなたの内容は・・ ただただ 問題の視点を誤魔化しているだけです。。

本当に、未来ある子供達の事を考えるなら><! (本当に考えて欲しい) 子供達の将来を安心して、安全に未来を夢見れる社会・国にしていかないといけないのではないでしょうか・・

再度言います、全ての人々が考えるべきは、子供達の安心安全と子供が夢を持てる・描ける社会を、大人達がちゃんと作り残していく@@!! 事ではないですか。。!


Wincat

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安倍政権がこれまでやってきた事

安倍政権がこれまでやってきた事

誰にでも拡散できる資料そして、全国行脚の政治家。

安倍氏、「核兵器使用は違憲とは思わない」という主旨の発言 サンデー毎日、録音、写真を元に記事を掲載 他にも「人権は制約される」とも発言
安倍氏、「核兵器使用は違憲とは思わない」という主旨の発言 サンデー毎日、録音、写真を元に記事を掲載 他にも「人権は制約される」とも発言

高放射線量ホットスポットは、ウクライナ基準移住権利ゾーン
高放射線量ホットスポットは、ウクライナ基準移住権利ゾーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吹っ飛んでしまいましたが><! 現実を知らないと、本当に前には進めないと思います。。!
真実を知ることが、一歩だと思います。。 そして、それから、一歩・一歩・一歩進んでください。

★”被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR