スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏がここまで放射能汚染されている。。首都圏の水道水から検出されるセシウム。。放射能による内部被爆の影響とは。。放射線管理区域並みの空間線量率検出地点はこんなに

報道されない埼玉県の放射能汚染、秩父のシカのモモ肉189.4ベクレル、肺54.9ベクレル、汚染物質を吸い込んだ証拠    (2/2 東京新聞)

東京電力福島第一原発事故後、食品に含まれる放射性物質の濃度などを調べている「みんなの測定所in秩父」(秩父市黒谷)を運営する市民団体が、市内で捕獲された野生シカ二頭の部位ごとの放射性物質量を調べた結果をまとめた。福島県内では家畜で同様の調査が行われた例はあるが、県内でのデータは珍しいという。同団体は「今後の対策を考える資料にしてほしい」と話している。 (羽物一隆)

 秩父市内の野生シカからは一般食品の基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を超える放射性セシウムが昨年も検出されており、県内全域で捕獲されたシカの肉の出荷・販売の自粛が続いている。

 市民団体が調査したのは、昨年十一~十二月に秩父市大滝で捕獲された三歳前後のメス(体重四八キロ)と、七~八カ月のオス(同三〇キロ)。捕獲場所付近の空間放射線量は、毎時〇・〇五~〇・〇七マイクロシーベルトだった。

 モモ肉や内臓など約三十の部位のセシウム濃度を調べたところ、モモ肉から一キログラム当たり一八九・四ベクレルが検出された。他の家畜調査の結果と同じく、骨格筋にセシウムがたまりやすい性質が確認できたという。

 また、メスの肺からは比較的高い五四・九ベクレルが検出された。市民団体の関根一昭代表は「セシウム濃度が高い腐葉土が風などで巻き上げられ、シカが吸い込んだ可能性がある」と分析している。

 調査結果などの問い合わせは、みんなの測定所in秩父=電0494(26)5163=へ。

首都圏がここまで放射能汚染されている。。 この事実を認識してください。。
もう、首都圏の土地も空気も水も放射能汚染が進んでいると。。! もう真実を見つめて下さい。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

首都圏の水道水から検出されるセシウム  (1/31 文部科学省)

首都圏の水道水から検出されるセシウ。 文部科学省

毎日飲む水道水に放射能><! 内部被爆は外部被爆の300倍の影響がーーん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

放射能による内部被爆の影響がどこに出るかこの図で判ります。その半減期は・・
放射性物質による人体への影響及び半減期

半減期とは、放射能が半分になると言う事で・・ まだ半分残っているのです。。


神奈川県下で放射線管理区域並みの空間線量率検出地点はこんなにある
神奈川県下で放射線管理区域並みの空間線量率検出地点はこんなにある

東京空間線量。
東京空間線量。


もう、何度も・・ 何度も・・ 何度も・・ 言いました、被爆地帯から脱出を><!

原子力規制委員会のデータ。 25年10月のセシウム降下量(ベクレル/1平方㎞)
●福島県 45億1000万
●茨城県 5000万
●東京都 340万
●埼玉県 217万
●千葉県 296万
●群馬県 143万

http://financegreenwatch.org/jp/?p=38811

●福島県 ●茨城県 ●東京都 ●埼玉県 ●千葉県 ●群馬県 ←ここは      人が住んではいけない放射能被爆地帯です。。 
●過去記事ですが><! 人も放射能廃棄物になる、この人はもう亡くなりました。。
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-649.html

★”放射能被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

スポンサーサイト

この記事へのコメント

栃木県 - あすか - 2014年02月04日 04:24:31

栃木県が抜けてますよー。

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。