スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務省委託レポート 『原発は過疎地へ優先的に配置している』『1機の事故で急性死亡は最大で1万8千人』『以上の情報は原発反対の世論に繋がるので、非公表』

外務省委託レポート 『原発は過疎地へ優先的に配置している』『1機の事故で急性死亡は最大で1万8千人』『以上の情報は原発反対の世論に繋がるので、非公表』
エコーニュース  2014年1月21日

政府が1984年に密かに行っていた原発事故と災害リスクに関する研究を本紙が分析したところ、「原発の立地には過疎地を優先的に選定」していることなどが分かりました。

これによると、原子炉一基の格納容器がミサイルなどで破壊された場合の予想死亡者数を計算。我が国の一般的な原子炉立地自治体の人口を前提とするところ「18000人」程度が最大と試算されています。(ただし、風向きの影響までは今回のレポートでは考慮されていません。)

なお、この研究レポートは外務省の委託研究ですが、反原発運動に繋がる恐れがあることなどを理由に、公表を差し控えるべきであると当時の外務省国際連合局軍縮課長は述べています。 

しかし今改めて、これまでの原子力政策の正当性と合理性に対する、再考慮の必要性が問題になってくると思われます

「過疎地を優先的に選定している実態」と、「過酷事故の場合の死亡数が18000人」、という数字を目のあたりにしても、立地自治体の人々はやはり再稼働を願うのでしょうか。また知事や市長などは、選挙民である住民の健康を守ることが、その最大の責務ではないでしょうか。

この文書を目の当たりにした上でなおかつ、再稼働で得られる経済的な利益との比較は、多数の人間の生命が危険にさらされていることの裏返しであることを認識して判断する必要があります。なお、このレポートは軍事攻撃やテロの際の放射能流出を問題にしていますが、福島やチェルノブイリのような原子炉事故の場合も、放射性物質の流出量とタイミングで、付近住民の急性死亡リスクは依然として存在します。

現在行なわれている東京都知事選挙のような自治体選挙において、原子力政策は争点とするべきかどうかについては、見解の相違があります。細川護煕氏・小泉純一郎氏のように重要な問題点と考えを出す方がいる反面、安倍晋三首相や舛添要一氏の様に、「国政レベルの問題」いう切り口もあります。いずれが正しいかについて、絶対的な回答が出来る訳ではありません。

しかしながら、どこにどういった種類の発電所を置いて、誰がリスクを負った状況で、電力の供給を受けるのかどうかについても議論するべき(とりわけ、都内の水道水すら福島事故で汚染されたような経験の後においては)というのが、住民を守るべき自治体のトップが問題とするべき点だというのが本紙の考えです。

とくに、政治家、とりわけ東京都知事となれば完全な「エリート」であり「リーダー」です。そのような人物には、高度のモラルが求められて然るべきだとも考えています。とりわけ、福島事故の後で人々のよって立つべきモラルの基盤がもろくなっている今では、ますますそうではないでしょうか。

なおこのシミュレーションは、「原子炉1基の格納容器のみ」が破壊されたケースです。原子炉容器や、さらに複数の原子炉、燃料プールまで破壊された場合はより多くの死者が出ます。朝日新聞さんの記事など、他の資料と会わせて読めば判明する点なので、もう明記しておきます。(11月22日、13時ころ追記)

*レポート原文のキャプチャは、ページ下部画像の通りです。この研究は完全な軍事研究であり、全文の公表には安全保障上の問題が大きいため、一部を抜粋してあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

都知事選終了まで「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の衝撃の生告白がネットで反響  Jcastニュース 2014/1/21

フリーの「ブロードキャスター」として活躍するピーター・バラカン氏(62)が2014年1月20日放送のラジオ番組内で、都知事選終了まで原発の話題に触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた。

発言内容は何人ものリスナーがリアルタイムでツイートしたことによりインターネット上でも拡散し、現在も多くの反響を呼んでいる。

23日に告示される今回の東京都知事選は「脱原発」が大きな争点の一つになるとされている。そうした中、ピーター氏がDJを担当するFMラジオ番組「Barakan Morning」(InterFM)内で、「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と「暴露」した。番組内では局名を明かすことはなかったものの、ピーター氏は「InterFM」以外にも、NHK-FM(「ウィークエンド サンシャイン」)、TOKYO FM(「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」)でレギュラー番組を持つ。そして「お達し」の理由についてはリスナーの想像に委ねた。

大胆とも思える発言は、すぐに番組リスナーによってツイッター上で広められた。原発の話題ごと封じるのはメディアによる自主規制や圧力だとして「ラジオでさえ、こうか。。」「世論って、こうやって操作されるんだな。怖い」「日本はどうなっているのかしら。。」といった批判の声が上がる。同時に「公表くださったピーターさんとinterfmの英断に敬意を表します」「わたしが富豪だったらスポンサーになるのに…!しかし、執行役員は無敵だな(編注:ピーター氏は12年9月にInterFMの執行役員に就任)」と、ピーターさんを賞賛する声もいくつも投稿された。
過去には反原発ソングの「放送禁止」も暴露

ただし、ピーター氏自身はこうしたネット上の盛り上がりに戸惑っているようだ。J-CASTニュースがInterFMに発言内容の事実確認をしたところ、ピーター氏本人が応じた。「ツイッターでも予想以上に反響が届いている」と話す一方で「僕は別にこだわっているわけではなくて、大ごとにする話ではない」と答えた。とはいえ、反原発派で知られる音楽家の坂本龍一さんもツイートを紹介するなどして現在も拡散し続け、注目を集めている

ちなみに、ピーター氏が原発問題をラジオで取り上げて話題になったのは、今回が初めてではない。東日本大震災から間もない2011年4月には、リクエストが集中したRCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」を流そうとしたところ局に止められたことを番組内で明かした。同曲は歌詞の内容から反核・反原発ソングとして知られ、ピーター氏は詞を見た上で今かけるべきだと判断したと語っていた。

それから約1か月後には、ポストセブンの取材で「放送禁止問題」を振り返った上で、「ラジオはリスナーのため、テレビは視聴者のためにあるというのが僕の基本姿勢であり、崩したくはない。しかし、日本の放送界は全体的に、視聴者のためというより、局の利益のためにあると思っていると感じることがある」と話し、放送メディアの在り方に疑問を投げかけていた。

英ロンドン生まれのピーター氏はロンドン大学で日本語を学んだ後、来日して音楽出版社に勤務。退職後はラジオ番組のDJや音楽評論などで活躍している。2010年まで放送されていた社会問題を扱うドキュメンタリー番組「CBSドキュメント」(TBS系)では司会を務め、鋭いコメントには定評があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

斉藤和義 『 ずっとウソだった ) 』  予期せぬ中断に「止められた!?」と緊張が走るスタジオ。
 
ouTubeで流れたバージョンでは電力会社の名前を出していましたが、今回は歌詞­の一部を「T電もK電も~ S電もH電も~」とイニシャルに変更。「ずっと嘘だった」を唄い始めた際Ustreamの配信が不安定になり、多くの­視聴者が番組を視聴できなくなるトラブルが発生。何者かの妨害と感じ、電力会社名をイニシャルに変更した。。 

有りまする――ぅ。実名入り@@!
[広告] VPS
    

原発は人々の命と引き換えの上にあると><! 政府は1984年から知っていた。。
危険だから過疎地に作ったと・・! 政府は過疎地の人々の命より、原発利権だと。。 映画、東京原発だーーん
テロが起きれば、原子炉1基の格納容器のみで「18000人」が死亡・・ しかし原子炉容器や、さらに複数の原子炉、燃料プールまで破壊された場合はもっとより多くの死者が出ると認識していたが><! 国民は誰一人として知らされず。。反対に隠匿していたという^^! これが日本政府です。。

そして、ラジオ放送でも・・ 原発推進の為の情報操作・・ 今現在は東京都知事選で原発問題を出さないように・・
触れないように操作されている。。 

日本のマスメディアが原発村住人であると言う事の実証です。。!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。