スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民草西郷さんメーール通信。。今、今、今><! 安倍ーーぃを止めないと日本もアメリカと同じに><!「貧困大国アメリカ」:堤未果

 「貧困大国アメリカ」:堤未果さん


 日本の先行きを知りたかったら、この本は今現在アメリカがいかにスーパーリッチ以外は貧困に喘いでいるか良くわかる。
ご存じのようにアメリカは日本のような皆保険制度ではない、それはクワックワっクワッの親分会社AIGがことごとく政府の皆保険制度を妨害して来たからだ。
自分たちの利益のためだ、そのお 蔭で低所得者層は高い民間保険には加入などできない。
医療機関も株式会社化して、人の命よりも利益率と株主の配当が優先される。
アメリカの高額な医療費は信じられないレベルだ。中間層も一度の病気で貧困層に転落してしまう。


日本で4,5日入院しても盲腸の手術で30万円くらいだが、アメリカは1日入院で安いボストンで169万円、その他の都市で190万円以上、ニューヨークで243万円。1日入院でだ。
入院費が1日4000ドルから8000ドルで、日帰り出産が当たり前のアメリカ。
妊娠検診4200ドル、1回15分程度の検診が200ドル、2泊3日の入院と手術で9000ドルと事実上低所得者層や中間層には医療費が高すぎて、本当に映画「エリジウム」の世界になっている。

低所得者層の子供たちは高校の時から軍からの勧誘がある
大学の学費を国防総省が負担します。「学費免除」しかし全額ではないトリックがある。入隊すれば兵士用の医療保険に入れる。家族も兵士用の病院で治療が受けられる。と甘い誘いで軍入隊を勧誘してくる。
しかし実態は、一部しか負担してくれないので、除隊後4年間の大学を卒業できるのは15%に過ぎない。

クレジットカード会社は90年代半ばから頭打ちで、市場を大学生にも広げ、 高い金利の学資ローンの返済もできずにカードを使う学生が増え、卒業した時には何百万円という借金を抱えてしまう。

日本もそうだが仕事は低賃金化して、大学を出てもマクドナルドやファーストフード店で働くしかなく更に借金が膨らんでいく。
名ばかり店長で、マークドナルド店長でホームレスというニュースが過去にあったのを覚えている中間層から低所得者層まで、国家のシステムが借金だらけになるように設定されている。

刑務所も民間企業が経営している。何が起こるか?
利益を追求するために、軽犯罪者だろうとなんだろうと刑務所に送るように関係機関と癒着が起こる。
学校の給食が、ピザハットを筆頭にマクドナルドなどの大手ジャンクフード会社が参入して、学校にはコーラなどの自販機が置かれる。子供たちの健康も何もあったもんじゃない!!!

アメリカは搾取されまくりで、搾取しているその張本人がコーポーレーション(巨大多国籍企業)。もちろん奥の院は 世界銀行家たち。
 すべたが金儲け金儲け金儲け。株主の利益のため。
 そして、中間層、低所得者層は借金奴隷でギリギリの生活をしている。

このコーポーレーションはアメリカを人類史上最悪の企業の企業よる企業のための国家にし、人民は金儲けの道具でしかなくなった。人民は金儲けの戦争の道具。大統領も商品で道具でしかない。もちろん歯向かえば殺されるかスキャンダルでその地位を引きずり落とされる。
そのアメリカをど ん底に落としめたその世界多国籍企業が、日本で今TPPを進め、国家戦略特区を静かに進め、国家特別秘密法を推し進めている。

BKD小泉政権から日本は一挙に貧富の差が広がり、更に安倍政権でアメリカと同じ国になろうとしている。
日本のコーポレーションは更に利益を拡大するだろうが、中小企業と中間層、低所得者層は映画「エリジウム」と同じ世界に日本もなってしまう。アメリカはもうなっている。
 
米英は、いや、銀行家たちは、特権階級をそそのかして私腹を肥や せる方法を一緒にグルになってやっている。銀行家はいつも奥の奥のさらに奥に居るので取り締まる事が出来ない。

映画「マルサの女2」で最後の場面が思い出される。大物政治家もすべて検挙できる。しかし、主犯のもっとも汚い銀行家たちには手を出せない悔しさで映画は終わる。
伊丹十三監督は襲撃され、最後には飛び降り自殺するが、本当に自殺だったのだろうか???


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、今、今><! 安倍ーーぃを止めないと日本もアメリカと同じに><!
今、今、今。。! 今行動を起こさないとだめだ――!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。