スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能は確実に毎日放出されている><! その事実を歪曲させてごまかし、政府は人々を、日本国民を被爆させている。真実に目を閉ざさず避難を。。

東京都への月間セシウム降下量 10月も引き続き全国第3位 平方㎞当たり340万ベクレル(FGW)Finance GreenWatch

原子力規制委員会が公表したデータによると、10月1か月間に東京都に降下した放射性物質セシウムの降下量は、1平方㎞当たり3.4メガ(100万)ベクレルだった。1㎡に換算すると3.4ベクレルとなる。都道府県別の検出値の高さでは、従来通り、福島、茨城の両県に続いて、東京都のセシウム値の高さが目立っている。

公表されたデータは「環境放射能水準調査(月間降下物)」。2011年3月11日の東電福島第一原発事故直後に比べて、各県とも検出される値は低下しているものの、事故地の福島県から200km以上離れた東京都がほぼ毎月、第3位の値を示している傾向に変化はない。

10月の福島県の値は、4510メガベクレル(45億1000万ベクレル)で、ダントツの濃度。つまり福島県下では今もこれだけのセシウムが大気中から落ちてきているということだ。2位は、隣接する茨城県で50メガベクレル。東京都の値は、これら2県に比べて、2ケタ―4ケタ低いが、周辺の埼玉県(2.17メガベクレル)千葉県(2.96メガベクレル)、群馬県(1.43メガベクレル)栃木県(2.86メガベクレル)に比べて、頭一つ高い。

中部地方や西日本は大半が不検出。東京オリンピック開催までに、東京が「セシウム汚染度第3位」の銅メダルのポジションを返上できるかどうか。

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8485/24/195_1129.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国都道府県のセシウムランキング

    放射能は確実に毎日放出されている><! その事実を歪曲させてごまかし、
            政府は人々を、日本国民を被爆させている。


もう直ぐ、数年で・・! このままでは2016年には多くの人々が凄まじい被爆症状で多くの人々が亡くなる。。

政府が強制避難処置をせず反対に日本中に放射能を拡散し、日本中が被爆している状況も早急に
改善しなければ><! 安倍ーーぃ 本当に 安倍ーーぃぞーーぃ

5年目に凄まじい症状が出た記録チェルノブイリ原発事故
597582383_convert_20120706105503.jpg

★”放射能被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。