強行採決をした委員長並びに、賛成議員を忘れないでおこう

特定秘密保護法案の衆院・国家安全特別委員会での強行採決(2013/11/26



強行採決をした委員長並びに、賛成議員を忘れないでおこう。。
日本の民主主義の終了、三権分立も終わり、独裁国家へ導く国民を欺きいつでもどこでも意に介せない人々を逮捕し10年間監禁できる悪法を作った政治家を忘れないでおこう。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「絶叫デモ、テロと変わらぬ」 石破幹事長、ブログで ←これが政権与党自民党の考え

朝日新聞デジタル 11月30日(土)21時54分配信

 自民党の石破茂幹事長は11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案に反対する市民のデモについて単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」と指摘した。表現の自由に基づく街頭での市民の主張をテロと同一視したことに批判が集まりそうだ。

 石破氏はブログで「議員会館の外では『特定機密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量が鳴り響いています」と紹介。「人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはない」とも批判した。石破氏は30日、朝日新聞に「ルールにのっとったデモを介して意見を言うのはかまわないが、大音量という有形の圧力で一般の市民に畏怖(いふ)の念を抱かせるという意味で、本質的にテロ行為と同じだと申し上げた」と話した。
    ◇
 自民党の石破茂幹事長が、自身のブログで特定秘密保護法案への反対デモを批判した部分は次の通り。

 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。

 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。  朝日新聞社
秘密保護法抗議106 これがテロ行為だと

ふざけーーぃ 国民の声をテロ行為だとーーぅ
このバカは後で・・ これについて石破氏は1日、「人が恐怖を感じるような音で『絶対にこれを許さない』という形で訴えることが、民主主義にとって正しいことか」と述べ、現在の国会周辺のデモには問題点があると重ねて指摘した。その上で、「表現が足りなかったところがあればおわびしないといけない」と述べた他、「テロ行為と変わらない」との表現は撤回する考えを示した。

国民が必死で訴えている声を歪曲している。。 これが自民党だす。。 その自民党の選挙で訴えて来た事や公約やどれだけ嘘八百だったか
自民党TPP断固反対 TPPへの交渉反対?自民党??
TPPが暴露される
自民党、福島での選挙ビラ 自民党、福島での選挙ビラ 

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR