スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎氏、参議員内閣委員会にて初質疑131105 ・・自分の国、日本国政府がどの様な姿勢であるか知る大切な内容です。

山本太郎氏、参議員内閣委員会にて初質疑131105



安倍総理東京オリンピックの招致プレゼン発言

「我が国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい基準であります。食品や水からの被ばく量は日本のどの地域においてもこの基準の100分の1であります。つまり、健康問題については、今までも、現在も、そして将来も、
全く問題がないという事をお約束いたします。

放射線被ばくによる健康被害

わたくし、この安倍総理の発言というのは重大な事実誤認があるんじゃないかなと思うんですね。
あるいは大きな間違いなんでは、と思ってしまうんです。


食品の安全基準

現在の日本の食品中の放射線の基準値というものがありますよね。
これは国際規格であるコーデックス委員会の指標に基づいていると。食品による内部被ばく、年間1ミリシーベルトを超えないように、放射性セシウム基準で1kgあたり一般食品100ベクレル、乳幼児食品で50ベクレル、
牛乳50ベクレル、飲料水10ベクレルという事なんですけれども、私、この基準値ですね、もっともっと引き下げてもいいんじゃないかと。
もっともっと引き下げるべきじゃないかと思うんですよね。


原発事故収束作業員の労働環境

本当に事故収束作業員の方々は最悪な労働環境の中、命を削りながら、本当に命を張って我々が今日ここでこうやって話せるのも、そしていままでどおりの生活が送れているように思えるような世界がつくられているのもいま収束作業員の方々がそのように命を削られて頑張って下さるからだと、
本当に、心からそう思います。

けれどもですね、この収束作業員の方々、
労働環境が劣悪なだけではなく、賃金を搾取されながら、労働の対価というものも手にすることなく、
健康管理、放射線管理というものが杜撰なままにされている実状があるのではないかと、私は思ってしまいます。

そこでまず、厚生労働省に質問したいと思います。
所管する労働安全衛生法の電離則。
すなわち電離放射線障害防止規則。
福島東電原発事故収束現場で厳格に守られていると断言できますか?


特定秘密保護法

この法案で原発情報を特定秘密になるのかならないのか?
すみません、1分しかないんでここまででいいですか?

先日資料請求したんですよ、僕。
ベトナムへの原発輸出の資料なんですけれども、ほとんど真っ黒で。
これって、特定秘密、あれ?この秘密保護法案は通っていたのか?と思う位の内容なんですよね。

太郎氏==特定秘密保護法とは国民の権利をはく奪する法案。


頑張れ~~ぃ太郎--ぅ 初めての質疑 内容が濃いい
皆さんは、政府がどの様に回答しているか、国民としてしっかりと見てください。。 

でも、反対になぜ??太郎氏がこの様な質問をするのか不思議ではないですか??
なぜこんな質問をしないといけないのか?? 反対に疑問に思うような、なぜ― ―! 
質問されている内容は全て、日本政府と自民党がどれだけいい加減か・・国民どうでもいい政策がすすめられているかが、国民ないがしろ政策実施中と判るのではないでしょうか><! 

太郎氏はよく言います、‘国民の安全と安心‘ 当然政府が行うべき事が実際は全く行われていないのでは?? と感じないでしょうか

自分の国、日本国政府がどの様な姿勢であるか知る大切な内容です。

         太郎氏==今、風評被害と言われているものはほぼ、
              実害に近いのではないかと・・!



★”放射能被爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。