スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米議会で17日に可決した法案の意味

米議会で17日に可決した法案の意味  andyさん記事より転載

10月17日、米議会が「財政赤字上限を引き上げた」と理解している人が多いかもしれないが、実際は、上限を引き上げたのでなく、上限を設けるという制限を来年2月7日まで取り払う法案が可決されたのだ。。

この結果、オバマは好きなだけ赤字国債を発行出来る。そのため来年2月、法律が定めた期日までの期間に発行された米国債の総額がどれほどまでになっているか予想もつかない。


(果たして、そのような国債を引き受け手がいるかは疑問。結局はFRBが引き受けざるを得ないだろう

また、今回の法案には支出の3割削減が定められている。そのためオバマは福祉関係の予算や退役軍人への手当、
兵士の給与削減を計画している....

これらから、今後「米国債の暴落」「FRBの破綻」「ドルの無価値化」「内乱・暴動の発生」「金融崩壊」等が起こることが容易に想像できる.....。
twitter情報より

問題は、2月7日に赤字上限の制度が再発効する時、米国債の総額がいくらまで増えているか見当がつかないことだ。米議会とオバマは赤字を減らすためにデフォルトぎりぎりまで戦ったのに、その結果として起きたのは、逆に財政赤字の急増である。(田中宇)

米覇権自壊の瀬戸際(2)田中 宇 今回、米政府の危機を受けて共和党内の分裂がひどくなり、2大政党制が崩れるかもしれないことは、米国の歴史的転換である。この転換に際し、これから反乱や暴動など、ブレジンスキー好みの混乱がひどくなるだろ

米覇権自壊の瀬戸際(2)田中 宇 米財政の「へそくり」が尽きる10月17日の直後は何も起きず、その後も米国債の利払いが優先されてデフォルトにならないが、支出の3割を削ることになると書いている。11月から、貧困層に対する医療費扶助ができなく貧乏人が病院に行けなく、米軍兵士への月給も><!


これから先米国の国債を買ってくれるのは、米国のポチ首相である日本の安倍ぐらいでしょう。(しかし、国民の反対の声が高まり、思い通りにいかないかも知れません)

そのため今後世界中で「米国債」の投げ売りが始まる可能性があります。
米国債のクラッシュの前には、金利がどんどん高くなります。金利を10%、20%しなければ買ってくれなくなります。

場合によっては、30%超えもあり得ます
そうなると、米政府の償還金利が異常高騰し払いきれなくなり、米国にはデフォルトしか道は残されなくなるのです。米国がデフォルトに陥る可能性は高く、それも、極めて近い時期に起こると予測されます。たとえば、1ヶ月後、2ヶ月後にデフォルトが現実なることも推測されます....。


オバマ・・
また、オバマは政府を維持するため、来月から日本の生活保護に当たるフードスタンプを全面カットします。
注)多くの主要メディアは、その事実を報道していません。
フードスタンプの受給者は、人口の3分の1に当たる1億100万人です。

そうなると全国的に大暴動が発生するのは必至です。そうなるとオバマは、「戒厳令」を発令します。
その結果、米国は信頼出来る国家でなくなり「米国債の投げ売り」と世界的な「ドル離れ」が加速します。
つまり今回の合意で米国の危機的状況は解消された訳ではなく、米国の危機的状況はより拡大されました。

いずれにしても「借金地獄」に陥った米国には、未来はありません。米国の崩壊は、運命的にも定められていることです。 この地上から消え去るのみです。
従って、米国のデフォルト対策の備蓄は継続すべきです。むしろ対策のための時間的猶予が与えられたと理解すべきです。

追記)今年10月8日、米は新100ドルを発行しましたが、どなたか一般人が銀行で受け取ったニュース映像を
ご覧になった方はいますでしょうか。米国のニュース映像を細かくチェックしてますが、いままで全く見ていません。
アメリカ新貨幣

ということは、発行が行われていないのかも知れません。
はたして、それは何を意味しているのかを考えるべきなのかも知れません。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。