スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのデフォルトとは?? アメリカのデフォルト回避はただ死を伸ばした、衰弱死。。

オバマ米大統領が債務上限案に署名、デフォルト回避  ワシントン 17日 ロイター

-オバマ米大統領は17日未明、債務上限の短期的な引き上げと政府機関の閉鎖解除に向けた法案に署名、同法が正式に成立した。
世界経済に甚大な影響を及ぼすと懸念されていた米国のデフォルト(債務不履行)は土壇場で回避された。
行政管理予算局(OMB)のバーウェル局長は、連邦政府職員が17日午前から勤務を再開するとの見通し。
議会では16日、上院に続き下院も同法案を可決。共和党は医療保険制度改革法(オバマケア)修正と結びつけた抵抗を断念した。

ただ法案可決は暫定措置にすぎず、根本的な問題解決ではない。
今回の同法成立により、政府資金は来年1月15日まで手当てされ、連邦債務の上限は2月7日まで引き上げられるが、年明け早々に再び政府機関閉鎖の危機に直面する可能性がある。

16日の米株市場は、上院の両党指導部の合意を受け、過去最高値に迫る上昇となった。17日のアジア市場も上昇している。
オバマ大統領は、上院での法案可決後に「不確実性という雲を企業や国民から取り除き始めることができる。われわれは、危機対応に長時間を費やす習慣から脱却しなければならない」と述べた。


世界銀行のキム総裁は声明を発表し、米財政協議の合意により、世界経済は壊滅的な打撃を回避したと述べた。
上院採決では賛成が81票、反対が18票だった。共和党が多数を占める下院は賛成が285票、反対が144票。

米政府機関は10月1日から一部閉鎖され、多くの職員が自宅待機を余儀なくされた。
債務上限引き上げは2月7日までとなっているが、財務省の措置により暫定的にこれ以降の借り入れも可能となる。ただ、議会が債務上限を引き上げなければ、財務省の措置もいずれ尽きる見通し。

同法成立は、歳出と社会保障をめぐる共和党とホワイトハウスの対立の、一時的休戦と位置付けられる。対立により米国の意思決定や政府の基本機能は度々機能不全に陥り、同盟国や最大債権国である中国をはじめ各国に懸念が広がった。財務省は、こうした状況は安全な投資先かつ安定した金融センターとしての米国の評価を損なうリスクがあると警告していた。

<赤字削減で超党派委員会を設置>

同法には、長期的な財政赤字削減策をまとめる上下両院の超党派委員会を設置することも盛り込まれた。

削減策は議会本会議での承認が必要となる。超党派委員会は12月13日までに作業を終える必要があるが、一部の議員からは、合意の形成はきわめて難しいとの声が出ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカ議会での合意内容

①   2014年1月15日まで アメリカ政府の暫定予算を編成
②   2014年2月7日まで アメリカ政府の追加の借金を許可。今回アメリカのデフォルトが回避
③  オバマケアで世帯所得の確認を厳格化
④  2013年12月中旬期限 超党派により財政赤字削減策をまとめる


アメリカのデフォルトとは

今、アメリカの歳入は2兆4650億ドル歳出は3兆6490億ドル== マイナス1兆1840億ドル・・ です・・デス・・!
毎年借金が1兆1840億ドル増える、債務不履行状態なんです。。 どうにもならない状態

そしてこの10月17日には借金の上限、法律で国債で借金する上限を決めているのですがその上限の
16兆7000億ドル(約1640兆円)の法定上限に達する。 ↓ ↓


              これを上回れば「破綻」する==デフォルトなんです。。
     ただ今回はその借金の上限を上げ借金を増やして延命を図っただけ
                そうただの延命しかならない><! 
         借金の返済はどうにもならないところまで来ているのです。

                         オバマ・・

米FRB、31.5億ドルの国債買い入れ実施  2013年 10月 18日  ロイター  

米連邦準備理事会(FRB)傘下のニューヨーク連銀は17日、国債買い切りオペを実施し、31億5200万ドルの国債を買い入れた
買い入れたのは2021年8月15日から2023年8月15日までに償還を迎える国債。
応札額は118億7400万ドルだった。

米FRB、31.5億ドルの国債買い入れ実施
事実、応札額118億7400万がーーん 31億5200万ドルで買い入れた・・
差額はマイナス87億2200万ドル ><! すでに暴落してる><! $$



昔から米連銀は、好き勝手にゼロからお金を創り出しやりたい放題です。しかも連邦準備銀行は民間企業です。。

そう、幾らでもお金を印刷し作れる・・! 幾らでも作れるからトカゲの尻尾でデフォルトなんかしない??
そうです、幾らでもお金を印刷し作れるので幾ら借金を作っても関係ない><!

しかし、そればかりでは国際的な信用を失墜するのです。。
そして米国債が売られ暴落しデフォルトになる。。!

      米国債暴落という事実上のデフォルトが起きるのは時間の問題><!

           それが急激に来る(デフォルト宣言)か、じわじわ来るかの違いだけなのです。
           そう、デフォルトせずとも事実上のデフォルトに向けてじわじわ来ているのです。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

暴落は、事実誤認? - 変なおじさん - 2013年10月19日 11:03:37

◆差額はマイナス87億2200万ドル ><! すでに暴落してる><! $$◆

→ この表現は、???と思います


応札額が約118 億ドル ( 連銀の買い需要)。

実際の取引額は約32 億ドル(銀行の売り供給 )。

米国債価格は上昇、逆に利回りは下落。

暴落は~~~『事実誤認』~~~です。

Re: 暴落は、事実誤認? - wincat - 2013年10月20日 23:29:47

^^! ごにんドスか><!

すんはせん
ごにんごにん・・!

まだよう判っていません。。

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。