日本政府=原発村による日本人削減計画。。 司法・行政・立法・検察も原発村、国民の為にはない

★青山貞一:福島原発事故で本当に怖いのは魚介汚染


内部被爆は外部被曝の600倍とも言われるが、内部被爆は体の中に取り込まれて細胞に溜まる、細胞は至近距離から継続して長時間放射線に直撃され、そのダメージは1000倍にもなると言われている。。

日本の原発も基本は海に普通に放射能汚染水をパイプラインで通常に垂れ流している。
汚染しながら原発は稼動しているのが通常だと・・!

東京江戸川放射線    2013年9月17日 
霞ヶ浦アメリカナマズ100ベクレル、ウナギ65ベクレル、ギンブナ58ベクレル、テナガエビ34ベクレル、茨城県イノシシ肉39ベクレル、マダラ26ベクレル、スズキ7.7ベクレル、ショウサイフグ2.0ベクレル、千葉県クリ31ベクレル、スズキ11ベクレル(9/17 厚生労働省)


★茨城沖の魚介類魚に近づけると物凄い汚染数値がーーん
 

東京江戸川放射線  2013年9月13日 
群馬県イワナ102ベクレル、新潟県ツキノワグマ肉30ベクレル、千葉県クリ8.8ベクレル、スズキ8.3ベクレル、釧路沖マダラ4.7ベクレル、岩手県ウグイ32ベクレル、イワナ16ベクレル、マツタケ14ベクレル、栃木県シイタケ29ベクレル、クリ22ベクレル、ユズ12ベクレル、宮城県シイタケ9.4ベクレル(9/13 厚生労働省)


★東電を無罪放免し、原発反対の市民を告訴する日本の裁判所/ルモンド紙(9月13日)
東京地検は9月9日、福島原発事故の責任をめぐる日本政府と東京電力への刑事告発を不起訴とした。日本政府はその一方で、日本の原発反対運動の中心を担う経済産業省前「テント広場」の責任者である渕上 太郎(ふちがみ たろう)氏と正清 太一(まさきよ たいち)氏を告訴、9月12日に審問が行われた。 
 

★原発訴訟の不起訴処分に福島の市民が怒りを表明  福島報告 9月10日


原発訴訟の不起訴処分に福島の市民が怒りを表明
報告: 藍原寛子(医療ジャーナリスト)
 福島県をはじめとする全国各地の住民が、2011年3月の原発事故当時の東京電力の幹­部や菅直人首相、原子力安全保安院長、文科省担当局長らを業務上過失致死傷罪や公害犯­罪処罰法(公害罪)などの疑いで東京、福島地検に刑事告訴・告発していた問題で、東京­地検は9日、全員を不起訴とする処分を発表した。
 東京地検の不起訴処分は、この日、突然に発表された。告発をしたグループのうち、福島­県民を中心とする「福島原発告訴団」(武藤類子団長)は、9日昼ごろに突然、「事件を­東京地検に移送した」と福島地検から連絡を受けた。その1時間後、東京地検から「被告­発人全員を不起訴にした」との決定を受けた。
 東京地検は同日の記者レクで、「巨大な津波に対する予見可能性は問えない」などとし、­業務上過失致死傷には当たらないと判断した理由などを説明した。
 福島地検に告発した福島原発告訴団の武藤団長らは同日記者会見し、「強制捜査が行われ­ないまま、今も汚染水の被害が拡大している現状で全員不起訴の決定は受け入れがたい。­福島地検から東京地検に事件移送された後、わずか1時間で決定が出たのも遺憾」と批判­。東京地検に事件が移送されたことで、結局地元・福島地検で最終決定が行われなかった­。今後、告訴団は検察審査会への申立てを予定しているが、東京が審査の舞台になる可能­性が高く、被災住民から遠いところで審査行われることへの問題点も指摘した。
 このほか深刻な問題になっている汚染水漏れ問題について9月3日、東電を公害罪で訴え­る告発状が県警に提出されたことや、8日に2020年オリンピックの東京開催が決定し­た裏で、安倍首相が汚染水漏れについて「東京には影響がない」などとメディアの質問に­答え、「被災地福島の切り捨て」が進んでいると県民の批判の声が高まっている問題など­について、医療ジャーナリストの藍原寛子氏と神保哲生が議論した。


★福島原発訴訟で不起訴処分 検察は本当に捜査を尽くしたのか  (2013年09月14日)


検察は本当に捜査を尽くしたのか
 福島の住民らが東京電力の役員ら42人を相手どり、東京電力福島第一発電所の事故の刑­事責任を問うていた事件で、東京地検は9月9日、不起訴処分を決定したが、検察は本気­で捜査を行ったのだろうか。
 記者会見した稲川龍也東京地検次席検事は十分な捜査を行った結果、嫌疑無し、もしくは­嫌疑不十分で、起訴には至らなかったことを繰り返し強調した。
 しかし、「十分な捜査」の中身を問われると、一貫して「捜査の内容は明らかにできない­」と答えるにとどまり、なぜ強制捜査を行わなかったのか、現場検証は行われたのか、何­人の捜査員が投入されたのか、何人の参考人から話を聞いたのか、どのような専門家から­意見を聞いたのか、などの質問には、一切答えなかった。
 また、今回の不起訴処分では福島で告発された事件が、処分決定の直前に東京地検に移送­され、東京地検で不起訴処分が下されるという、不可解な処理が行われた福島では1万­4000人を超える大原告団が組織され、東電の新旧幹部、原子力安全員会幹部、原子力­安全・保安院幹部など合わせて33人が告発されていたのに対し、東京では戦場アナリス­トの高部正樹氏らによる実態が不明な市民団体が、当時の菅首相、枝野官房長官、海江田­経産大臣ら6人を告発していたに過ぎない。にもかかわらず、遙かに規模も大きい福島の­事件を東京に移送して不起訴処分としたのは、なぜなのか。十分に納得のいく説明がない­以上、福島で検察審査会に申し立てをされることを防ぐためだったとの批判が出るのは当­然だろう。
 また、この事件を東京地検では公安部が担当している点についても、その理由を会見で稲­川次席検事に問うたところ、捜査の内容に関わることなので、教えられないとの回答だっ­た。
 レベル7という未曾有の重大原発事故をめぐる刑事告発に対して、どれだけの捜査を行っ­た結果不起訴処分としたかをまともに説明できない検察のあり方と、刑事事件として告発­する以外に事故原因の真の究明が期待できない不毛な制度を引きずったまま一向に改革が­行われない日本の司法制度の問題点を、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司­が議論した。


原発9社に社員兼議員99人 91人は電気料金から給与 朝日新聞 2012/11/25(日)  

原発を持つ全国の電力会社9社に、現役社員のまま地方議員になっている「社員議員」が99人いることが朝日新聞の取材でわかった。うち91人は議員報酬とは別に会社から給与を受け、さらに関西電力や東北電力など6社の52人は議会活動で会社を休んでも有給となる「特例」を受けていた。
議員への給与は電気料金に含まれており、市民が活動を支える構図になっている

電力会社の社員議員の多くは、地元議会で「脱原発」の意見書に反対したり、地域で原子力の勉強会を開いたりするなど、原発を推進する会社の方針に沿った活動をしている。労働組合に推されて立候補するケースがほとんどで、議員は労組側からも政治献金を受けている。


東電社員議員「原発推進」東電“社員”議員は10都県に20人 歳費以外に人件費年数億円を電気料金から二重取り 

2012年2月12日。。記事より。。東京電力に社員として籍を置きながら地方議会の議員を兼務する「東電社員議員」が、10都県議会で少なくとも20人いることが筆者の調査でわかった。東電広報部も認めた。このうちの大半に対して、年1千万円前後の給料が東電から今も支払われており、健康保険や年金の企業負担分を含めると、東電の人件費支出は年間で2~3億円となる。 ==税金

【東京】=4人  ●安斉昭 杉並区議会議員=民主党・2期目(2011年4月) 
          ●相澤耕太 八王子市議会議員=民主党・2期目(2011年4月) 
          ●大石富巳夫 立川市議会議員=民主党・2期目(2010年6月)
          ●石黒達男 練馬区議会議=民主党・1期目(2011年4月)

【神奈川】=3人 ●石渡由紀夫 横浜市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
          ●山田益男 川崎市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
          ●井原義雄 小田原市議会議員=無所属・4期目(2011年4月) 

【千葉】=2人  ●天野行雄 千葉県議会議員=民主党・2期目(2011年4月)
          ●吉田峰行 市原市議会議員=無所属・1期目(2011年6月)

【埼玉】=2人  ●矢島章好 春日部市議会議員=民主党・1期目(2010年4月)
          ●黒澤三千夫 熊谷市議会議員=民主党・2期目(2011年4月)

 【茨城】=2人 ●佐藤光雄 茨城県議会議員=民主党・2期目(2010年12月)※元水戸市議
          ●小室正己 水戸市議会議員=民主党・2期目(2011年5月)

【群馬】=2人  ●角田修一 前橋市議会議員=無所属・1期目(2009年2月)
          ●山田光次 高山村村議会議員=無所属・5期目(2011年4月)

【福島】=2人  ●高萩文孝 双葉町議会議員=無所属・2期目(2011年11月)
          ●加藤良一 大熊町議会議員=無所属・2期目(2011年11月)

【栃木】=1人  ●駒場昭夫 宇都宮市議会議員=無所属・2期目(2011年7月)

【新潟】=1人  ●相澤宗一 柏崎市議会議員=無所属・1期目(2011年4月)

【山梨】=1人  ●卯月政人 大月市議会議員=無所属・1期目(2011年7月)

 このほか、現職東電社員として議員をやっているうちに会社のほうを定年退職し、現在は東電OBの議員というケースが2つある。

【千葉】      ●大沢久 船橋市議会議員=無所属・8期目(2011年4月)

【静岡】      ●鈴木秀郷 沼津市議会議員=無所属・7期目(2011年4月)


★東京地検の不起訴処分、突然に発表。そして「事件を東京地検公安部に移送した
なぜ福島から東京に移したか><! それも公安部に><!
小沢政治資金問題であれだけ・・! どんだけ無理をしてでも起訴しようとしたのに、これだけの原発事故を起こした事故の責任追及を全く全然追及しない強制捜査もない。。捜査も東電が任意で出した情報にもとづいて不起訴が決まった><! ありえない捜査方法《 容疑者に容疑確認・・! 》 現場検証もやったかどうか全く答えない==やってない!

「週刊金曜日」(2011年10月7日号)の特集「原発事故を招いた裁判官の罪」に詳しい。
味村治  (元最高裁判事など)          →東芝社外監査役
野崎幸雄 (元名古屋高裁長官など)       →北海道電力社外監査役
清水湛  (元東京地検検事、広島高裁長官など)→東芝社外取締役
小杉丈夫 (元大阪地裁判事補など)        →東芝社外取締役
筧栄一  (元東京高検検事長など)         →東芝社外監査役・取締役
上田操  (元大審院判事など)            →三菱電機監査役
村山弘義 (元東京高検検事長など)         →三菱電機社外監査役・取締役
田代有嗣 (元東京高検検事など)          →三菱電機社外監査役
土肥孝治 (元検事総長など)            →関西電力社外監査役  

【別冊宝島:原発の深い闇】 より
気象庁東京管区気象台東京航空地方気象台長は東京電力へ
岐阜県警察本部刑事部長は中部電力へ
新潟県警察本部刑事部長は東北電力へ
奈良県警察本部生活安全部長は関西電力へ
高知県警察本部刑事部長は四国電力へ
長崎県警察本部交通部長は九州電力へ みな天下った。

                                 ↑上↑
             これでどうやってまともな政治が出来る><!
           これでどうやってまともな検察の捜査が出来る><! 
              これでどうやってまともな裁判が出来る><!
                そうです、日本には民主主義はない。


     この国日本を国民に取り戻すには><! そーーする~~べーーぃ 確信に満ちた確信に革命だろーーぅか
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR