民草西郷さんメーール通信。。プーチンは知っている 世界の終わりの日付を明らかに、そして「月には都市があり、月面都市がある」 と公表

プーチンは知っている
プーチンは、大統領に就任して間もない頃に「宇宙に関する情報はすべて公表すべき、地球人の一部の人だけが独占してはいけない」と言い、「月には都市があり、月面都市がある」と公表しています。 彼は、プラウダ紙を使ってこの様な事を発表していますが、プラウダ自体は同じメディアであっても資本主義国家のお茶の間メディアには流れないのが実際の所です。

2002年10月5日に、ロシアの政府機関紙プラウダ゛の公式サイトが月の都市を発表。
一国の大統領が「月には都市があり、月面都市がある」と公表している事実。
謎の巨大物体とかぐや姫伝説」とも関連してきます。宇宙時代の到来です。


「プラウダ」が認めた月面構造物の存在  (2002年10月18日電子版公式サイト)

月面上に都市発見!地球外(異星)文明の理にかなった活動が、突然にわれわれの近くで姿を現した。しかし、われわれはその事実に対して、まだ心理的な準備ができていない。
われわれは「宇宙に存在する知的生命は人類だけなのか?」という疑問を、さまざまなメディアで多く見聞きするが、なんと、その存在が地球の衛星である月に認められたのである。
しかし、この発見は直ちに秘密事項として超極秘にランクされた。

それは人類存在の社会原理をゆさぶりかねないほど、信じがたいことだからだ、とロシアの新聞「Becherny Volgograd」は報じている。ここにひとつの公式なプレス・リリースが存在する。1996年3月21日、ワシントンのナショナル・プレスクラブで開かれたNASAの会合で、火星と月の調査に参加している科学者と技術者たちは、自分たちの研究発見に関する成果を報告した。

そこで、初めて月における人工構造物と物体の発見が発表されたのである。
NASAの科学者たちはかなり用心深く、曖昧な表現を用いて、それらが人工物であると絶えず言及し、公表する情報はまだ研究下にあるので、調査結果は近い将来に公的に発表
されるだろうと述べた。

その席上、旧ソ連でも、月における異星文明の活動を証明する多くの写真や資料を所有していたことにも言及された。つまり、異星文明の活動と痕跡が歴然としている月面の多くの場所を、アポロとクレメンタイン計画で撮影された何千枚もの写真やビデオは捉えていたというのである。会合では、アポロ計画で撮られたビデオ・フィルムと写真が公開され、人々はどうして今まで、そのような重大な事実が公表されなかったのか非常に驚いたが、それに対してNASAの専門家たちは次のように答えている。

地球外生命体が月面で、過去も、現在も活動しているという事実に対する人々の反応を、予測することはむずかしかったのです。さらに、ほかにも大きな理由があって、それはNASAの権限を大きく超えていました。(NASAの権限を超える存在とは、アメリカと欧米を支配する超国家勢力を指す。この超機密方針に反して、ケネディ大統領はアポロ計画の真の目的を公表しようとして暗殺されたといわれている)

だが、アメリカにおける月研究の専門家リチャード・ホーグランドは、それらの写真資料が一般に公表される前に、すでにNASAが手を加えていると語っている。
彼らは写真をコピーする際に、部分的に手を加えて修正したり、ピントをぼかしたりしているというのだ。ホーグランドや他の研究家たちは、異星文明が地球で活動する際の中継基地として、月を利用してきたのではないかと推測している。

こうした月面都市の遺跡――大規模な基地にそびえる巨大なドーム、おびただしい数のトンネルと散在する多くの建造物など――は数キロにもおよぶ範囲で発見されている。月面の部分的に破壊されたいくつかの建造物は、自然の地質学的な法則を無視して配置され、幾何学的で複雑な構造をなしている。現在のところ、44の地域でさまざまな構造物が発見されているが、NASAゴダート宇宙センターとヒューストンの宇宙研究所は、それらの地域の調査を続行しているという。

月面で発見されたさまざまな構造物

これまで発見されたものを列挙してみよう。

●アポロ10号は、キャッスル(城)と呼ばれる1マイルにもおよぶ物体の写真を撮っている。
  これは高さが14キロもあり、いくつかの円筒部と大きな接合部から構成されているように
  見え、月面に明瞭な影を落としている。写真の一部には、城の内部の多孔構造が明瞭に
  見えるが、このことは物体の一部が透明なことを示唆しているのかもしれない。

●アポロ12号が月面に着陸したとき、半透明のピラミッド型UFOによって監視されていた。
  そのUFOは月面上の数メートルにホバリングしており、暗黒の空へ虹色の光を放っていた。

●1969年、嵐の海に着陸したアポロ宇宙飛行士も同じUFOを目撃し、それは後に“縞模様
  の眼鏡”と呼ばれるようになった。

●アポロ14号の宇宙飛行士エドガー・ミッチェルは、地球に帰還後、次のように答えた。
 「月では、絶えず頭の向きを変えなければならなかったので、まだ首が痛みます。
  月にいるのは、私たちだけではなかったからです。祈るしかありませんでした」(中略)

この会合の席上で、こうしたことがNASAの科学者たちによって説明された。
かつて、ホーグランドは、NASAにキャッスルの写真提供を要請したが、すでにアポロ10号の写真リストから消えていた。ただ、記録保管所で問題の映像は見つかったが、非常に不鮮明なものだったという。

NASAの専門家たちは、古代都市によく似た一部破壊された建造物に、とくに興味を抱いている。それらの写真では、構造物は驚くほど規則的な正方形と長方形による幾何学模様を形成しており、上空5~8キロから見下ろしたときの、われわれ人間の都市に似ている。
ミッション・コントロールの専門家は、それらの写真に関して次のようにコメントしている。

「私たちは、NASAの金庫の奥深くに隠されている、月面都市の廃墟や透明なピラミッド、ドームなどの写真を見たとき、見捨てられた小島の砂の上で、裸足の足跡を見つけたロビンソン・クルーソーのように感じました。」

NASAも、そのような類の隠蔽工作がいかなる結果をもたらすかを、ようやく理解したのである。異星文明の理にかなった活動が、思いもかけず地球の衛星・月に認められた。
しかし、われわれは精神的に、まだ準備ができているとはいえない。NASAの関係者でさえ、
いまだにそれが現実だと信じられないでいるのだから。

以上が「プラウダ」の記事の全文である。

ディスクロージャー・プロジェクト」とは?

2001年5月9日、ワシントンDCのナショナル・プレスクラブの大ホールで、新聞、雑誌、テレビなど総勢100名を超えるマスコミ報道陣が見守る中、「ディスクロージャー・プロジェクト」(UFO暴露計画)という講演会が開催された。ディスクロージャー・プロジェクトとは情報開示のことで、地位と名誉ある人物たちによるUFO情報の暴露を意味する。暴露計画の推進者スティーブン・グリヤ博士が講演会を行なった理由は、次のようなものであった。

1.UFO情報は人類共通の問題で、アメリカ一国が独占すべきものではない。
2.地位と名誉ある人物が証言すれば、世間は信用する。
3.いまやUFOが存在するかどうかなど論議している場合ではなく、人類最大の問題である
  ことを一般の人に認識してほしい。


主旨は、「アメリカ政府はUFO情報を極秘にし、それに関わった軍や政府関係者たちは、絶対に外部に情報を口外しないという誓約書にサインさせられ、違反した者は厳罰に処せられる。
その強制権は職を辞めた時点で無効になるべき」というものだった。主な証言者は、次のとおり。

 ・マーキュリ計画の宇宙飛行士、ゴードン・クーパー。
 ・アポロ14号飛行士、エドガー・ミッチェル。
 ・元グレームレイク・ネリス空軍基地所属、ドン・フィリップス中尉。
 ・元連邦航空局事故調査部長、ジョン・キャラハン。
 ・元アメリカ戦略空軍司令官、ロバート・サラス大尉。
 ・元アメリカ空軍情報部、ジョージ・ハイラー少佐。
 ・元アメリカ空軍基地管制官、マイケル・スミス。
 ・元アメリカ陸軍原子核エンジニア、ハーランド・ベントレー。
 ・元イギリス国防大臣、ヒル・ノートン卿。
 ・元NASA職員、ドナ・ヘアー。
 ・元FBI調査官、ジョン・メイナード。


実に錚々たるメンバーである。そして、主な証言内容は次のようなものであった。

 ・月を中継基地に、すでに異星人が地球に来ている。
 ・NASAは、アポロ計画の写真を修正して公開している。
 ・政府は異星人と密約を交わしている。
 ・異星人は地球人を誘拐して実験している。
 ・ケネディ前大統領は、アポロ計画の目的を公表しようとして暗殺された。
 ・UFOの推進技術を、政府が極秘に研究、開発している。
 ・湾岸戦争にUFOテクノロジーが使われた。


(転載元) 「UFOとアポロ疑惑 月面異星人宇宙基地の謎
       「温故知新・2012年アセンションに向かって

-----------------------------------------------------------------------------

みなさん、21時から放送の「やりすぎ都市伝説SP」をご覧になりましたか。いやぁ~テレ東もやってくれますね。「マヤ暦」についての放送は知っていましたので「地球滅亡説」をガンガン流すのかと思っていましたら、凄くまともな内容でした。あの10月の「メキシコの火山にUFO墜落」のことにも言及していました。ここにきて、日本のメディアでの規制が解かれてきたようにも感じます。
 
メキシコにあるフリーメーソン・ロッジのグランドマスターへのインタビューなんかも今まではちょっと無理でした。 動画がみつかりましたので掲載します。


121221 yarisugi urban legend B Akio Seki's out... by cosmicnoise


● マヤ文明は高度な文明を誇っていた。異次元を自由に行き来していた。
● 「第五の太陽の時代」が終焉し、「第六の時代である宇宙時代」が始まる。
● その前に崩壊と再生が行われる。全ての面で変化がある。
● 人類が猿から進化したのは真っ赤な嘘。人類は宇宙からやってきた。
● 坂本龍馬はフリーメーソンだった。歴史には嘘がたくさんある。
● 2012~2013年、宇宙からのポジティブ・エネルギーを浴びて人間は
  争いと汚染の世の中から、愛と調和のハーモニーの時代を作る。
● 争いと汚染の世の中を続けるならば地下に潜ることになる。
● そうならないためには、人種、国家、民族を超えて手と手をつなぐこと。
● 「第三の目」は神様の目である。米国はフリーメーソンが作った国である。

管理人:プロビデンスの目を悪い意味に解釈する方が多いのですが、実は「魂の目」と解釈できます。魂とはもう一人の自分=良心=小さな神様ですね。
六芒星というのも真実は「智慧の象徴」なのです。智慧を悪に使うか、善に使うか、それは人間次第です。「愛と調和の新時代」には智慧を最大限、善に使いましょう。

                   埋め込まれた瞳


● 2012年以降生れてくる子供たちは、頭脳明晰な遺伝子操作された新人類。

管理人:これには日本、とりわけ東日本大震災の被災地の方々に意味があります。
過去記事、「ジパング超人伝説」を深読みしてください。

さて、最近のロシアは頑張ってくれてます。メドベージェフ首相の発言もそうですが
プーチン大統領はディスクロージャーの先駆者になるようですよ。

                 プーチン氏 世界の終わりの日付を明らかに (2012.12.20)

                 プーチン氏 世界の終わりを明らかに

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「世界の終わり」を恐れていないことを明らかにした。
本日モスクワで開かれている大型記者会見の席で「もしもこれが不可避なら何を恐れるのか」
と述べている。またプーチン氏は、いつ世界の終わりが来るのか知っていると指摘し、それは45億年後であることを明らかにした。プーチン氏はささやかな学術的根拠として、太陽の機能サイクルを挙げている。プーチン大統領は記者らに対して、「それゆえに45億年後には全てが終わるだろう。それまでには太陽は白色矮星に変化する。しかし生命体はすでに死滅しているだろう。」との情報を提供した。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

魔法入門カバラ~潜在意識~真を見抜く - 2013年09月22日 02:40

月には都市があり、月面都市がある

当ブログでは、月には人工建造物があり、肉体的な宇宙人がいると語ってきた。しかも、月は地球人が目覚めないように、妨害の電磁波を発生する装置だとも語っている。なお、月人は地球の内部にも宇宙船で移動でき、地底人でもある。「地底人がいるから、宇宙人はいない」のような、おかしな主張は否定したい。 本記事は情報提供を主とする。 ●月にある人工建造物の話(みんなでスピリチュアルさん) ●アポ...

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR