スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IOC総会東京オリンピックプレゼン 安倍首相原子力発電所汚染水問題について20130907 。。平気で世界に嘘を付く日本国首相。。真実は関東・東北・東京にも福一から相当な放射能が降り注がれている><! 20113月から現在も今も

 

嘘つき日本国首相・・ 安倍発言

放射能は福一原発の0.3平方メーターにブロック。
数値は最大でもWHOの飲料水の水質ガイドラインの1/500です、これが事実です。
我が国の食品や水の安全基準は世界でも最も厳しい、厳しい基準です。食品や水からの被曝量は
日本のどの地域においても、この基準の1/100であります。。つまり、健康問題に付いては今までも現在も将来も全く問題がないとお約束します。


そして事実は・・
関東・東北・東京にも福一から相当な放射能が降り注がれている><! 20113月から現在も今も  事実は↓ 

東京都下水道局 放射能濃度測定結果 平成25年9月6日 下水道局
下水処理における放射能濃度等測定結果

ヨウ素の半減期が8.02日で、同じセシウムであるセシウム134が約2年で半減期を迎えるのに対し、CS-137(セシウム137)の半減期は約30年。それも半分に減るだけで体に入ると被曝し続ける。 

●世界の基準値————————————————–         
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)     
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L 


●信じられないことだが、2011年3月17日、厚生労働省は医薬食品局食品安全部長通知により、水道水に含まれるヨウ素I-131の基準値を従来日本が遵守してきたWHO飲料水水質ガイドライン値の30倍、セシウムCs-137の基準を従来の20倍と、暫定基準値の名のもと、大幅に規制緩和していた事実もある。その間に内部被爆がーーん 
そして政府が国民を被爆させていると言う事実です。

2011年3月17日以降の日本の暫定基準値 《双方元の基準は10ベクレル(Bq/L)》

・ヨウ素(I-131)131  300ベクレル(Bq/kg)
 飲料水 300 Bq/kg

・セシウム(Cs-137)137 200ベクレル(Bq/kg)
 飲料水 200 Bq/kg
 
※100 Bq/kg を超えるものは、乳児用調製粉乳及び直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること。

●平成24年4月1日から施行の基準
放射性セシウム          飲料水      10     濃度(Bq/kg) 
(セシウム134,137)      牛乳        50
                    乳児用食品   50
                   一般食品     100


●<安倍首相>汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い 毎日新聞 9月9日
汚染水は壁の上を越えて港湾内に流出した。フェンス内の海水から、ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウムが同4700ベクレル検出された。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内側に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明するが、フェンス内と港湾内、外海の海水は1日に50%ずつ入れ替わっている。トリチウムは水と似た性質を持つためフェンスを通過する。港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質は検出限界値を下回るが、専門家は「大量の海水で薄まっているにすぎない」とみる。

 さらに、1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込むことで汚染水は増え続けている。地上タンクからは約300トンの高濃度汚染水が漏れ、一部は、海に直接つながる排水溝を経由して港湾外に流出した可能性がある。不十分な対策によるトラブルは相次ぎ、今後もリスクは残る。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)という。

 安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベルト)の100分の1」とも述べ、健康に問題がないと語った。厚生労働省によると、国内の流通食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最大0.009ミリシーベルト。だが、木村真三・独協医大准教授は「福島県二本松市でも、家庭菜園の野菜などを食べ、市民の3%がセシウムで内部被ばくしている。影響の有無は現状では判断できない」と指摘する。【鳥井真平、奥山智己】

日本の汚染地図に、ウクライナでの避難基準を当てはめた地図2012年7月
日本の汚染地図に、ウクライナでの避難基準を当てはめた地図2012年7月  

ストロンチュム汚染
日本国政府の対応は日本国民に何を強いているのでしょうか?? 
事実は国民を被曝させているのです。。 現在も福島に普通に人が住んでいる事実から分かるでしょう。。
事実は関東・東北の広い範囲が被曝危険地帯なのです・・! 

日本国総理大臣、安倍の嘘八百
ストロンチュム汚染はこれから上水道や地下水に浸透して内部被曝をもたらす、ひとたび体内定着すれば死ぬまで排出されず強烈なベータ線内部被曝が続く
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。