②放射能対策

②放射能対策


1》食事とサプリで放射線のダメージを最小化する

低線量の放射線は細胞内に活性酸素を発生、DNAを傷つけます。これに対して、人間にはSDO、カタラーゼといった酵素でフリーラジカルを消去する能力があります。

また仮にDNAが傷ついてもDNAポリメラーゼというDNA修復酵素により、自己修復することが可能です。DNAの修復作用を高める栄養素を積極的に摂取すれば、被ばくの影響を少なくすることができるのです。

効果があるのは亜鉛、銅、マンガン、鉄、セレンなどのミネラル類、ビタミンC、B3などのビタミン類、乳酸菌、システインなどのアミノ酸です。乳酸菌は熱で死んでしまいますが、死んだ菌にも放射線防護効果があるといいます。

また、タコ、イカなどに多く含まれるタウリンは放射線被爆による白血球減少に有効性があり、含硫アミノ酸にも放射線防護効果が認められています。

これらの栄養素の多くは、サプリとしても摂取できますが、いわゆる「マゴワヤサシイ」マメ・ゴマ・ワカメ・ヤサイ・サカナ・シイタケ・イモ)+玄米(産地に注意)の食生活で、摂取することが可能です。

また、非加熱の味噌(酵母が生きている味噌)は放射性物質の排出にも、傷んだ粘膜細胞の再生にも効果が認められています

大人には、発酵食品のひとつであるビールに含まれるアルコール分は、36~80%程度まで染色体異常を低減する効果があるほか、微量成分のシュードウリジンやグリシンペタインは放射線による染色体異常を30~34%も低減。またメラトニンにも、細胞を守る効果があるといいます。

《2》クロロフィルに放射線防護効果
クロロフィルは、食物や藻に含まれる色素で、「葉緑素」ともいいます。
基本的には、野菜、果物にはすべて、クロロフィルが含まれています。

このクロロフィルが「放射線障害の予防に効果がある」という報告があります。

ガブリエル・コーセンス博士は、その著書のなかで、「クロロフィルが含まれている食物が、放射線障害予防に効果があることは、だいぶ前から知られていたことだ」と述べています。同著によると、1959年から1961年にかけて、シカゴの米軍栄養部長がテンジクネズミを用いた実験を行った結果があります。

それによりますと、クロロフィルを含む食品をたくさん食べさせたところ、放射線障害を50%予防できたそうです。

【クロロフィルを含む食品】 キャベツ・緑色の葉物野菜・スピルリナ・スプラウト・小麦若葉・大麦若葉

《3》朝鮮人参に放射線の害を防護する働き
朝鮮人参
朝鮮人参~DNAの損傷回復に有効

朝鮮人参に放射線の害を防護する働きがあるとの報告があります。

ガンマ線照射によって誘発されるDNAの二重らせんの切断に対し、朝鮮人参がそれを防御するかどうかを確かめる実験です。

100グレイの放射線を48時間照射する前に、あらかじめネズミの脾臓のリンパ球を培養した培養液に、朝鮮人参の抽出物を加えておきました。
その結果、DNA二重らせんの切断が回避されたと報告されています。

引用文献:
放射線障害回復促進物質,米沢司郎 他(大阪府立放射線中央研究所)RADIOISOTOPES(日本アイソトープ協会発行誌),Vol.27(11),1978

要約:
ニンジン抽出物は、X線照射されたマウスの骨髓死を防ぐことが明らかになっています。 放射線を照射し、直後(5分以内)にニンジン抽出物1~4mgを腹腔内投与したところ、表1が示すように30日後生存率が増加しました。

表1 【放射線照射マウスの生存に対するニンジン抽出物効果】

実験
番号 投与量
(mg) 30日後生存率[%]
対照群 投与群
1 1.0 33 (15) 78 (15)
2 4.0 27 (30) 77 (30)
3 4.0 32 (25) 84 (25)
(カッコ内は用いた動物数をあらわす)

ニンジン
投与時期と効果においては、ニンジン抽出物5.0mgを、X線照射24時間前、2.5時間前、直後、2.5時間後、または24時間後に投与したところ、24時間前の30日後生存率がもっとも高く、2.5時間前がそれに続きました。直後と2.5時間後がほぼ同じで、24時間後の投与では効果は低下し、ニンジン抽出物を投与せず生理食塩水を投与した対照群との間に差は見られませんでした。

次に、投与時期をもっとさかのぼって、X線照射の5、3、2、1日前または直後に投与したところ、2日または1日前がもっとも有効で、5日または3日前の投与は無効でした。

http://www.tochimoto.co.jp/information/topic/topic02-02.html

参考書籍:放射性物質から身を守る食事法
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR