スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府は自国の日本人を殺しているのです・・! この日本政府に希望はない・・!。。川内博史さん(前衆議員)は、内閣府原子力安全委員会(当時)から、1ミリシーベルトで1万人に0.55人が死ぬ、という文書を正式に入手していた。100だと55人です。

日本政府は、100ベクレルのものは食べてもいいです、に変わった。学校の校庭の線量が年間20ミリシーベルトまで大丈夫です、と文部科学省が言った。。(5年で100mSv)

         これはどう言う事か><! 日本政府は日本人に死ねと言っていた事になる。。

被爆リスク

原子力安全委員会からの回答(二枚を結合) http://www.kaze-to-hikari.com/2013/06/17/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF.pdf 情報元ーー

放射能被曝は被曝量を積算する・・! 
土地から被曝・空気中から被曝・飲み水から被曝・食べ物から被曝・被曝している物(車、電車、破片、電気製品なんでも放射性物質)に近づき被曝・・!! それらから受けた放射能を一つ一つ足していき、被ばく線量が出る・・! 

汚染された土地に住んでいれば・汚染された空間にいれば・汚染された水を飲み続ければ・汚染食品を食べ続ければ・放射能汚染物質が近くいあれば・その時間だけ被曝総量が増えるのです。。

だから><! ロシアも住民を避難させたのです。。! 国民の命            を守る為に強制避難を・・!

日本政府は放射能汚染の実態をごまかして来ただけでなく、率先して被爆させる事をして来ました。 死ぬと分かっていて・・
・プルトニウムに汚染された食品の流通を可能にする基準を原安員会・国際基準を上回る汚染農産物を暫定基準で許可。
・放射能まみれの土地にまだ国民が住み、避難させず。年間1ミリシーベルトの公衆被曝許容量を百倍に上げようとし10ベクレルの飲料許容量を突然300へ30倍に引き上げた、食品は100から2000へ(20倍)・・! ここまでした。
・原発村学者の 《プルトニウム飲んでも大丈夫」の大橋弘忠東大教授》など、原発村学者の多く原発安全説や放射能安全説で多くの人々それを信じ内・外被曝した。
・そして瓦礫拡散に食品の放射能検査をまともにせず、反対に食べて応援を支援する政府><!


日本政府は自国の日本人を殺しているのです・・! この日本政府に希望はない・・! 早急に政治を日本人の為の政治に変えないと日本人は生きて行けない><!!

衝撃!東京都民は1ヶ月で3600ベクレルの内部被曝!東京都が公表!&放射能被曝を判断する技術
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

【お知らせ&修正】3.11以後、最悪の健康被害の発表「女子小学生の54.1%、女子中学生の55.3%に『のう胞』か『結節』発見。38人の中から1人小児甲状腺ガン発見」。。 日本はドイツヒットラーのユダヤ人虐殺よりもひどい状況になる可能性がどんどん増えている http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

東京電力福一原発事故で日本政府が犯した犯罪を、国連の特別調査官が暴露。日本政府・東京電力がやった事は、過去のドイツヒットラーのユダヤ人虐殺以上の残虐性がある。http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-386.html

東京都の子供 約3000人中36%に甲状腺にのう胞が見つかった。。でも放射能は積算される、住み続けるならもっと増える http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-404.html

常総生活協同組合の土壌調査結果。その結果ほとんどの地域が4万ベクレルを超え、避難地域、人が住む場所ではない。そしてとうとう赤十字も警告。関東も同じhttp://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

関東首都圏の現実><! 横浜市の学校9校で8000Bq/kg超え!神奈川県各地も高線量の放射能に汚染されている現実! http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-581.html
横浜の小学校で放射能検出
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。