東京電力福島第一原発は欠陥だったと、製造元が謝罪していた。><! しかも、設計上の問題は35年前に発覚し東電に知らされていた・・「甲状腺異常」全国に広がっている。。「青森、山梨、長崎の子どもは福島と同じ」という環境省データの衝撃

<ベラルーシがん発生率は5年後50倍> 元記事ーー  2013年4月4日 掲載 

 放射能汚染が全国に広がっている――。

 先月末、環境省が福島県外3県(青森・弘前市、山梨・甲府市、長崎・長崎市)で行った甲状腺の超音波検査の結果を発表した。12年11月~今年3月に実施されたもので、3~18歳の計4365人を対象にしている。その結果、5ミリ以下の「しこり」や、20ミリ以下の「のう胞(液体がたまった袋)」が出た子どもの割合は、弘前市57.6%、甲府市69.4%、長崎市42.5%となった。

 一方、福島県で同様のしこりやのう胞が見つかったのが、11年は35.3%、12年が43.6%。そのため環境省は、福島県と他県は「ほぼ同様か、大差なし」として「原発事故の影響によるものとは考えにくい」と結論付けた。

 冗談ではない。福島県内では11年度に検査した約3万8000人の中で、すでに3人ががん、7人にがんの疑いが出ている。一般的に小児甲状腺がんは、100万人あたり1~3人といわれているのだからとんでもない数値だ。その福島と他県の数値が変わらないということは、むしろ全国が汚染されているということになる。
「隠された被曝」の著者で、内部被曝(ひばく)の危険性を研究する琉球大の矢ケ崎克馬名誉教授はこう言う。

「人間ドック学会誌の成人データと、福島県の子どもの検診データを見てみると、『福島の子どもは成人に比べて何か他の要因がある』と判断せざるを得ません。福島の18歳くらいの子どもの直径3ミリ以上ののう胞保有率は、20歳の数値の3倍以上なのです。青森や長崎の子どもたちが福島と同程度ののう胞保有率を示したということは、青森や長崎も異常なのです。放射性ヨウ素が届いていて、子どもの甲状腺を刺激している可能性があり、いきなり放射能との関係を否定することは非科学的と言わざるを得ません。医学の見方では、のう胞は直接的にはがんには結びつかないようですが、今回の調査結果は、日本中に対する危険信号ではないでしょうか」

 本州の北端や九州でこれなのだ。東京の子どもたちも安心できない。

 事故後に都内の自宅周辺(豊島区駒込)を計測調査したという元立教大学理学部教授の佐々木研一氏(放射能に関わる無機・放射化学)が言う。

放射能は東京にも降り注いでいます事故から数日後に計測すると、0.8マイクロシーベルトでした。その翌日から4日間は約0.1マイクロシーベルトずつ減った。半減期が8日の放射性ヨウ素がかなり含まれていたとみています。短期間とはいえ、首都圏でも高い値が出ていた。荒川区や足立区ではホットスポットが見つかっています。チェルノブイリでは、5年以上経ってから異常が出る人も多かった。全国的に検査していくべきです

 前出の矢ケ崎氏によれば、チェルノブイリの北方に位置するベラルーシでは、事故の翌87年からがんの発生率が増加。5年後には50倍程度に増えたという。郡山より汚染が低いウクライナのルギヌイ地区では9年後には10人に1人の子どもが甲状腺の病気になり、100人に1人ががんになっている。放射線量が低い地域でも健康被害が出ているのだ。対策は福島だけでは済まない。
(写真=放射線量が高く登校する子どもの姿が消えた福島・飯舘村の小学校)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

福島市中心部で170万ベクレル超のコケ 緊急除染へ
6月8日、ガンマカメラ簡易測定器で確認した。同市内のNPO法人が測定し、178万5216ベクレルを検出した。コケの真上1メートルの空間放射線量は毎時約0・5マイクロシーベルトだった。

4電力、8日に5原発の再稼働申請 原子力規制委が公表
 原子力規制委員会は5日、北海道、関西、四国、九州の電力会社4社の計5原発について、新規制基準が施行される8日に再稼働に向けた安全審査が申請されると明らかにした。東京電力は、柏崎刈羽(新潟)の早期申請を目指すが、地元の批判を受けて初日の届け出を見送った。
 規制委の要請を受け、電力各社が意向を事前に伝えた。8日に再稼働申請されるのは、北海道電力泊1、2、3号機、関電の大飯3、4号機、高浜3、4号機(福井)、四国電の伊方3号機(愛媛)、九州電の川内1、2号機(鹿児島)の計10基。九州電力によると、玄海3、4号機(佐賀)は準備が間に合わないとして12日に申請する。

福島・楢葉町で高放射線量破片 原発事故の汚染物質か
東京電力は2日、福島第一原発の南約15キロにある福島県楢葉町で、高い放射能をもつ破片状の物質が見つかったと発表した。物質は茶褐色の破片(長さ約3センチ、幅約1・5センチ、厚さ約0・5センチ)で、6月20日に楢葉町の井出川の河口近くの河原で見つかった。表面の線量は毎時105マイクロシーベルト

確実に人が死ぬレベル== 10シーベルトで、1時間浴び続ければ確実><!!

物凄い水産物汚染! 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果  ※基準値超過6件 (7/3 厚生労働省) 
No.42:福島県産エゾイソアイナメ(ドンコ)(Cs:370 Bq/kg)
No.100:福島県産ウスメバル(Cs:130 Bq/kg)
No.129:福島県産ババガレイ(ナメタガレイ)(Cs:170 Bq/kg)
No.191:福島県産ウグイ(Cs:140 Bq/kg)
No.196:福島県産ゲンゴロウブナ(Cs:120 Bq/kg)
No.197:福島県産コイ(Cs:110 Bq/kg)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

東京電力福一原発は、事故からズーート今も放射能を出し続けている実態を日本人は知っているのだろうか??
チェルノブイリ原発事故では、原発を石棺化し放射能流失を直ぐに食い止めた・・! がーーん 日本は原発事故拡大を考えるより原発保存第一主義で最悪の原発事故を起こし、その上、放射能危険リスクよりもコストパホーマンス><! 費用の掛かる石棺化を渋り汚染水の浄化や設備費用までもで渋り放射能漏れをどんどんどーーんどーーん最悪 袋小路状態

現在も土地を海を空気を放射や能で汚染し続けている・・ その上に停止中の対応年数の切れた原発を次々と稼動させようとしている><! それを現政権の自民党が率先して原発稼動に・・! 選挙では原発廃止を叫び、政権を取ると原発もTPPも推薦していく嘘八百、自民党を赦せるのだろうか?? 

原発事故から2年以上たち、ここまでの事故を起こした東京電力に一人も逮捕者がいないのを異常だと言わないマスメディア・・! 政府原発関係者や政治家の責任もある・・!! 

○日本政府がした事を忘れてはいけない。
・プルトニウムに汚染された食品の流通を可能にする基準を原安員会・国際基準を上回る汚染農産物を暫定基準で許可。放射能まみれの土地にまだ国民が避難させず。年間1ミリシーベルトの公衆被曝許容量を百倍に上げようとし10ベクレルの飲料許容量を突然300へ30倍に引き上げた、食品は100から2000へ(20倍)
・チェルノブイリ原発事故の時、日本は370ベクレル超えたら輸入禁止だった><!

東京電力福島第一原発は欠陥だったと、製造元が謝罪していた。><! しかも、設計上の問題は35年前に発覚し東電に知らされていた。東電とそれを推進した政府は犯罪者
・東京電力福島第一原発の1号機を建設した、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)が、原子力発電について「正当化するのは大変難しい」原発否定
米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)が、原子力発電について「正当化するのは大変難しい」と述べた、と英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

 GEは日立製作所と原発事業で提携し、東芝―米ウェスチングハウス、三菱重工業―仏アレバとともに、原子炉メーカーの世界3大勢力の一角を占める。東京電力福島第一原発の1号機を建設したのもGEだ。
 
(朝日新聞 2012年7月30日)http://www.asahi.com/business/update/0730/TKY201207300578.html

米GE「原発の正当化、難しい」CEO発言、英紙報道【朝日新聞】
http://www.asahi.com/business/update/0730/TKY201207300578.html?tr=pc

米GEのCEO、原発「正当化難しい」英紙に語る 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3100I_R30C12A7EB2000/ 

福一原発事故の責任、27名

東電と原発を推進した全ての関係者(政治家や政府関係者、学者など)は犯罪者。 自民党は原発を作り出し今も利権と癒着にまみれてる
[広告] VPS

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

ケノーベル エージェント - 2013年07月06日 08:56

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/06 08:56)

豊島区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR