スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル企業・銀行による地球的詐欺システムを世界中が知るべき時期に来た。マックス・カイザー(彼の他にも多く命を懸けて知らせている人達が)や日本で言えば藤井教授や中野准教授などが

MAX KEISER: No ILLUMINATI, just those who swap, RIG & FIX KEISER REPORT http://www.youtube.com/watch?v=vffxuKF98F4

MAX KEISER NO ILLUMINATI は要は、イルミナティを否定しているのではなく、イルミナティとかが、目の前の事象で、世界的な詐欺システムがあからさまに行なわれているんだよ。はよ行動っせーーぃ!! この怠け者たちが~~!! ていう意味です。

[広告] VPS
 

彼は巨大銀行家の支配に風穴を開けて、世間がこのペテン師集団:巨大銀行集団の詐欺行為:システムをハッキリ自覚できるようにずっと前から頑張っている勇気ある正義感の人です。

日本では京大の藤井教授と中野准教授が正義感の強い方々で、彼らの情熱が伝わってきます。マックスカイザーも正義感がそのもの。
そして、彼らは頭脳明晰で、民草衆の味方なのが何よりです。竹中平蔵などとは大違い。日本のマスメディアもマックス・カイザーが居たらBKDだらけの身売りだらけの人間の集まりって怒り狂うでしょうね。
彼らは難しい事を、面白い比喩を使ったりして、民草衆が誰でもわかる説明をしてくれます。

それが、本当の頭の良さってものですよ。
難しい事を本を読んでいる解説のような話はあくびが出るし、何も伝わらない僕ちゃん学者の世界だったでしょ。そういう中で彼らの存在は世界に光を与えます。

今回のビデオ、はっきり言ってますね。
イルミナティとかビルダバーグとかが、どうのこうのと確かか確かじゃない事を観て行くより、今実際の私たちの目の前で起こっている事を観れば、あからさまに巨大銀行家たちは中央銀行制を支配し、公定歩合から金の価格から何から何までほとんどすべて支配して、民草衆をカモにして、民草が食べる寿司は昨日から回っている昨日の寿司を食っている状態(マーク・タイビー)。
つまり、彼らがすべて密室で決めているから、儲けは彼らに確実にあり、我々民草衆はネギカモでしかない。
イルミナティとかビルダバーグの陰謀がどうのこうのってのは、誰かの所為にして、自分で行動を起こさない奴らの、怠け者の奴らだ!!! 
今目の前でどうどうとあからさまに詐欺が行われている!!!
そして、民草衆は失業し生活苦に悩み、自殺者は増え、家は銀行家たちに奪われ、路頭に迷っている。彼らの詐欺システムのためにだ。あからさまな詐欺システム。

広瀬隆さんも言っていたな、毎日の新聞とか観れば、私が書いてきたことは、ほとんど解ると。こうなって来ると感性の問題なんだね。洗脳された頭で、目で観ても、その記事見ても何も感じないんだね。 しっかりしてくれよ、民草衆--ぅ!!

陰謀論はエッセンスは当たっている。ただ、マックス・カイザーが言うように、それで、ガス抜きされて、何もしない怠け者が多いというのは、ある程度、陰謀論者を泳がせているのも、巨大銀行家たちの大衆心理作戦なんだろう。

巨大な詐欺師が世界銀行家で、彼らが胴元。
カジノと一緒で胴元は損をしないようになっているシステムを作り上げてきた。国際機関を造って、世界中の民草衆の血税を合法的に集める。その悪徳巨大銀行家の賭博場のお得意さんが日本の坊ちゃん(世界の恐ろしさが極々一部の人間しか分かってない。政治家はヨーヨーがほとんど)、サウジ・アラビアの兄ちゃんなどで、いくらでも、脅せば、金を貢いでくれる。
彼らはあらゆる手段を駆使して、超高速コンピューターシステムも含めて。だから、最後は民草衆がカモになるのだ。税金はどんどん増税され、年金はどんどん減らされ、払わない方向へ行く。最後は安楽死の方法がプロパガンダされて、死を選択して、国家の負担を軽減させる方向へ行くだろう。マジに。
1970年代の映画で「ソイレント・グリーン」を観れば、もう遠い未来の世界じゃないのが感じられるはずだ。もうわかっていると思うが世論創るのも、彼らは専門家がいて民間企業が存在して、戦争には使われている事を前に言った。

どんなに洗脳されていても、歴史とその数字が証明している。
「羊の毛刈り;刈入れ時期」がある度に、巨大銀行は、中規模の銀行を貪り食って、自分たちの身体に取り入れた。個人もそうだがその度に中間層が人々が彼らに貪り食われて、今は1%の超スーパーリッチか貧困層の民草衆の二つに改装が分かれてしまった。

世界的な現象だ。韓国のようにIMFが経済政策をする国は彼らの集金マシーンに造られ、国民は借金返済のために福祉はどんどん削られ、年金はどんどん少なく年齢もどんどん上がって、生活苦で自殺者は増え。犯罪は増え、人々の心は冷え...これが地球上で起こっているのだ。
 
それを目の当たりにしているマックス・カイザーなどは怒っているのだ。
藤井教授も中野准教授も同じように心を痛めて怒っているのだ。
何度でもいう!!! 実はこのビデオ最新だが、20年以上も前に広瀬隆さん著書「赤い盾 上・下」で、彼らがすべてを決めている事は具体的にもう本に書いてあるのだ。
もちろん、その前から、気づいている人は、世間から白い目で見られながらも主張して来た事でもある。

しかし、やっと、世界中が知るべき時期に来たことが、マックス・カイザー(彼のほかにもたくさん命を懸けて知らせている人がいる)や日本で言えば藤井教授や中野准教授などの仲間たちだと思う。

拡散して、聞く耳を持つ人たちでどんどん輪を広げましょう。

女性なら食糧の問題だとか、医療の問題だとか、化粧品の問題だとか、日曜製品の問題だとか、トンデモナイ世界になっているのは本の数冊でも読めばわかるはずです。
それらも、巨大企業はほとんどすべて彼らの会社、或いは彼らの指示、或いは、彼らの創ったトレンドで動いていると言っていいです。

すべてが地球の環境に反しているし、人間の存在の意味にも反しているシステムです。

地球にもよくない、自然環境、動植物にもよくない、海にも大気にもよくない、人間の身体にも良くない、どころか最低!!!、増して、幸せの一番大切な人間関係にも良くない。どころか最低!! 増して、人間の心にもよくない、 今の世界は、あなたはまともだと言えるのでしょうか?!!

このマックス・カイザーのビデオの中で言ってますが、ウォール街の人間が詐欺師の集まりで、人間的にも病的だと言っている。それはIMFで働いていた人間が実際に彼らと接して感じたことだ。
マモーに使えているからだよ。すべては金 金 金 そして、 金はパワー!!


でも何度も言う。その金は 何よりも価値が在ると信じ込まされてきた。支配したい人間たちの創りあげたマトリックスなんだよ。 何もない空気中から数字でお金が存在するように、実態経済の10倍が世界で動いている。その実体のない金(ILLUSION)にパワーを与えて、世界中の国家の富が吸い取られて行く仕組みを創って、それを自然の流れのように、民主化の自由の象徴のように洗脳されてきたのがこの地球の文明だ。

デビッドボーイの映画「ラビリンス」はILUUSIONで少女を支配するが、最後に少女は気づくのだ!!!You have no power of me !!!  Illusion は パッと消えて、 大魔王は縮んでフクロウ(智慧の象徴)になって、もう少女を誤魔化すことはできないのだ。

お薦めの映画:ナオミ・ワットとクライヴ・オーウェンの主演「THE INTERNATIONAL:ザ バンク 堕ちた巨像」 これはフィクションの形をとっているが、悪魔たちの巨大銀行の正体を描いている優れものの映画だ。

                   確かなのは、身近な人間との暖かい心の繋がりだけだ。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。