米軍駐留を好き勝手にさせて、 どうして「主権回復の日」か。。戦後からアメリカの植民地の日本である・・!

http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/63921300.html ←元記事ーー
★孫崎享氏の視点ー(2013/04/25)★  :本音言いまっせー!

         安倍政権は4月28日を「主権回復の日」として祝うという。
私は、ブラック・ジョークかとすら思った。 主権と言えば、自分の国の領土の上では、その国の考えが
最優先される国に主権があるという。 外国の軍隊がいて、まして首都の上空の利用を外国軍が優先している国を
主権が完全にあるとはいわない。

世界を見渡してほしい。一体、外国軍を相手の言い分通り受け入れている国
がどこにあるだろうか。 東南アジア諸国にはない。フイリピンでは米軍がいたが撤退した。
ASEANは外国基地を置かないことを決めている。

膨張主義的国家の代表とされるロシアを見てみよう。
ソ連が崩壊して、幾つかの独立国が出来た。ソ連邦時代は各地 にソ連軍がいた。ウズベキスタンは独立するとともにロシア軍の撤退を求め、今いない。独立国とはそういうものである。

本当に日本は主権を回復しているのであろうか。
1952年4月28日は3つの約束事が発効している。
一つはサンフランシスコ講和条約、一つは安保条約、今一つは日米行政協定である。
以下、私の『戦後史の正体』から見てみたい。

一九五一年一月二五日、ダレス国務省政策顧問が訪日し、日米交渉が開始されます。 ここでダレスがどのような姿勢で日本との交渉にのぞんだか、この点はきわめて重要です。豊下楢彦著『安保条約の成立』は次のように書いています。

一九五一年一月二六日、日本との交渉に先立ち、ダレス は最初のスタッフ会議において『われわれは日本に、われわれが望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保できるだろうか、
これが根本問題である』と指摘した」

そしてそれが行政協定で担保される。
第2条「日本は合衆国に必要な施設および区域の使用を許すことに同意する」
(地位協定では「合衆国は日本国内の施設区域の使用を許される」の表現)

そして「いずれかの要請があるときは、(略)施設および区域を日本国に返還すべきことを合意することができる」
 合意しなかったらどうなるのか。現状維持です。」このような状態に、宮沢喜一氏は「これでは独立する意味がないに等しい」と言っている。

外国の軍隊に、「望むだけ の軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる
権利を確保させた」日本がどうして主権を回復した日になるのか。そしてそれは今日まで続いている。

独立を祝うという人は、現在米軍がどれだけ、米軍が「われわれが望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保する」状態にいるか見たらよい。とても恥ずかしくて「主権回復の日」と言えない。

あるブログには次のように記載されている。
「主権回復記念日国民集会、靖國会館で開催 、2011/04/29
稲田朋美氏と伝統と創造の会の会員8人、高市早苗、小池百合子、西田昌司、西村眞悟(元衆議院議員)、城内実、
佐藤守(元航空自衛隊・南西航空混成団司令・空将)、山谷えり子、佐藤正久の各衆参議員がマイクを握って、それぞれ熱っぽく主権回復記念日の制定や、憲法改正の必要性などを訴えた。主権回復の日を呼びかけた
西村慎吾氏は次のように述べている。

「来年の4月28日に武道館で主権回復の日を祝うと言うのであれば、
現行憲法の無効を宣言せずして主権回復を祝う訳にはいかない(そうだの声)。」

「つまり天皇陛下の大御心の元では憲法はないのであります。
皆さん、覚悟して下さい。我々日本国民は大御心に従って実践すべきであります。帝 国憲法で保障された天皇大権を取り戻す、即ち、憲法の編成権、軍の編成権、軍の統帥権、そして戒厳大権であります。現在は戒厳大権をもってこの国難に当たるときであります。加えて周辺諸国は火事場泥棒のように大きな国難、大津波となって我が国に押し寄せている。いまこそ軍備を増強しなければなりません」

日本は驚く国になっている。国民はこれもまた黙って見送るのか。

 - - 転載終了 - -

平成の維新の改革をと書いていますが、橋下徹(はじした)の維新の会とは全く違います。
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-21.html ←見てちょ

本物の維新。。 利権と癒着構造の日本政府を正す志士の人達が行うものです。

今日のブログは姫さんのコメントから繫がっています。。 
日本人は戦後自民党政治(CIAアメリカ)により、日本人の魂・心・精神を忘れ去られた・・! 
でも、全て失くしたわけではないはずです。取り戻しましょう。。
                             志士よ





スポンサーサイト

この記事へのコメント

- クロウ - 2013年04月30日 02:11:12

はじめまして。
僕は西村の言ってることには同調できない。憲法同様天皇制もまた見直されなければならないものだ。天皇崇拝は精神の成長を妨げる。江戸時代のときみたいに戻らないといけない。昭和天皇は自分の身を守るために沖縄を見捨てた。太平洋戦争で大勢の若者を皆殺しにした。こんな犯罪者を崇拝しろなど僕はお断りだ。それに戦争は御免だ。軍備費にどれだけ国民の血税が出ているか。それを削減するだけでどれだけ庶民の生活が豊かになるか。結局西村は戦争で儲けたいゴイムの一人。こんなやつの言葉に騙されるかよ。

クロウさんへ - wincat - 2013年04月30日 09:10:54

クロウさんへ

貴重な意見ありがとうございます。
クロウさんの指摘通り天皇崇拝は時代錯誤だと思います。。
ただ、「主権回復の日」がそうではない、回復なんて嘘だ
戦後から日本はアメリカの植民地だったと言う事を前の記事からの続きとして載せました。。
『今日のブログは姫さんのコメントから繫がっています。。 
日本人は戦後自民党政治(CIAアメリカ)により、日本人の魂・心・精神を忘れ去られた・・! 
でも、全て失くしたわけではないはずです。取り戻しましょう。。』

そして、現在の世界状況を考えると・・! チベットの様にならない為に
自国を守ることは必要だと考えます。。
無論、今の自衛隊はアメリカの為に作られ、予算もアメリカの軍産複合体を守る為の
ような現状は変えないといけないと考えます。。

wincat

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR