余りに酷い日本国の政治・外交。。アメリカのシモべの政策・・米国の51番目の州になったほうが、今の日本よりよほど真っ当な政治ができるのでは><! そう思う

http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/787.html

 1919年、世界の主要国の首脳が集まるパリ平和会議:パリ講和会議で人種的差別撤廃を条項を加えることを提案した。

  国際会議の席上で人種的差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初だった。

 パリ講和会議におけるわが国の「人種差別撤廃提案」が、賛成多数であったにもかかわらず、米国大統領であるウィルソン議長の裁定により法案が成立しなかったことに失望して全米各地で紛争が起こった。

 ウィルソン大統領が撤回するように圧力をかけてきたが、日本は挫けず世界に主張した。
 世界は、侍の国、日本が世界を良い方向へ変えてくれるのではないかと大きく期待していた。特に、アジア、アフリカ、中南米などの有色人国家、抑圧されているアメリカなどの黒人など世界中の有色人種のコミュニティーは日本に大きく期待した。日本を尊敬した。

 2013年、日本は...

 「2015年の核拡散防止条約再検討会議に向けた第2回の準備委員会で、南アフリカは24日、「核兵器の人道的影響に関する共同声明」を発表。
「いかなる状況下でも」核兵器が再び使用されないことが人類生存のためと訴えてる。
共同声明に70カ国以上が賛同。

日本にも賛同を呼び掛けたが、南ア代表団によると、日本は賛同国に加わらず。
日本側は「いかなる状況下でも」の文言を削るよう要請。


声明は、核兵器が計り知れない破壊力を持ち、広島、長崎への原爆投下や核実験によって、甚大な被害がもたらされたことを強調。
核兵器の不使用は核廃絶によってのみ実現できるとしている。」
日本は世界の唯一の被爆国。日本の発言力こそどこの国よりも大きく説得力がある

それが「人類共存へ核不使用を」の呼びかけ国にならない。

 侍の精神はどこへ行ったのか? アメリカの圧力に屈せずの正しい事を貫く、侍精神は...?

 私腹を肥やすだけの政府日本、偽りの名誉に拘る政府日本。アメリカの言いなり奴隷の政府日本、
 アメリカに殺されるのが怖い政治家たち...涙、涙...

利権と癒着の国、日本国・・! だから政治家は政府は原発を54基作り維持し作り続け、TPPに参加する・・!

座して死を待つか、日本人。。 平成の維新を





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR