もう汚染地帯は強制封鎖以外ない。。人も放射能被爆が進むとその人から二次被爆する為・・東京を含め関東はかなり汚染

福島原発事故や津波の災害復興が進まないのには理由があります。その第一が、いくら復興させても将来的には封鎖されることが決定的であること。しかし住民は隔離するためそこに住み続けてもらうしか無い事。
この両方の理由があり、除染を進めながら復興は消極的なのです。今直ちに封鎖を行うと住民の保障をしなければならない。

そのため、住民の「損害賠償」の請求期限3年を待ってから実施するものと思います。3年経てばもう損害の賠償請求は出来ないからです。賢い人たちは既に損害賠償請求を起こして引越しをしております。
当然東電は全員の保障は出来ないので、消極的に対応して、その請求のほとんどは裁判になり引き伸ばしております。業を煮やした政府は東電に3年の請求期間が過ぎても対応するように言いましたが、法的には責任がありません。裁判中のものだけで、3年を過ぎてからの損害賠償請求を新たに起こすことは無理でしょう。

もう損害賠償を今から起こすのは無理でしょう。何故汚染の実態を表面に出して損害賠償を起こさなかったのでしょうか。ほとんどの方がその逆で、汚染がさも少ないかのようにごまかしていたのでは無いでしょうか。これこそ個人の責任です。政府は消極的ではありますが、損害賠償の道筋を示してくれていました。

野菜の汚染も、風評でもいいから全数返品になれば補償されたのです。それをわざわざごまかして出荷するから補償してもらえないのです。そして損害賠償責任がなくなる3年過ぎ。強制的に封鎖して、汚染地域の人は一生汚染地域を出られなくなり、そこで生活をしてもらいます。そのための除染が今消極的に行われているのです。従って環境整備は最低限しかやりません。それが復興の遅れと見られているのです。(人間も被爆し続けると放射能廃棄物、放射線を撒き散らすのです。。)
最初から意図的です。勿論その時は政府は潰れてますので、誰も責任は取りません。
国際機関はそれ以外の地域の日本人に向けられるでしょう。

支援、支援と言うけれど、まともな支援は誰もしません。
本当の支援とは、汚染の怖さを知って頂き、避難すると共に築き上げた財産を「損害賠償」で請求するお手伝いをしてあげることです。だからニニギは東電への「損害賠償請求書類」までも日記に取り上げて、(アルバムに入ってます)皆さんに促したのです。

これが支援です。
東北に住むことが出来ないことを知らせ、逃げ出す手立てを手伝うことが重要で、あたかも東北に住めるように思わせることは支援どころか偽善の犯罪です。東北で生活していくようなことを推進することは許されないことで、必ずあとで被災者から恨まれるでしょう。今はこの「偽善活動」がテレビで取り上げられて大変遺憾です。

政府の思惑通り出費は最小にして、東北の人は移住の気もなくなってきました。
これで封鎖して、逃げ遅れた人は被爆者同士の助け合いの中で生きていかなければならないのです。勿論政府は何もしなくなります。税金すら取れないのですから。解散して責任はなくなります。

あとは国際機関に被爆者のデーターを届けるしか無いでしょう。
勿論東北だけでなく関東も封鎖されます。恐らく「福島エリア」とそれ以外の汚染エリアに分割されるでしょう。それ以外のエリアの人はその汚染地域内での移動は出来るでしょう。

人も汚染されていて、2次被曝を起こすことを忘れてはいけません。
茨城県日立市の普通の方がおなかから0,8μsv/hの放射能を出しているのを実際に見て、人から人への被爆は有り得ると思いました。封鎖以外に方策は無いでしょう。

関東に住み続けて被曝した人はかわいそうですがあれほど2年間言い続けたのですから仕方ありませんね。これから逃げ出す方は、2次被曝をさせないように除染に努力して下さい。放射能物質の排出と、放射線によっておきた遺伝子の治療をして下さい。

安倍内閣など、とっくに潰れております。信用してはなりません。無視してこれからの社会創りに専念しましょう。社会とは人々の「心」が作り上げていくものです。決して権力が創るものでは無いのです。
 
長田中俊一氏は「100mSvというのは健康に大きな影響がないということ。このあたりをどう今後住民に、折り合いをつけていただくかということが大変大事」(第32回原子力委員会、2011年8月23日)と発言 http://unitingforpeace.seesaa.net/article/284164706.html

ICRP=国際放射線防護委員会の勧告に基づいて日本が採用している、一般の人が浴びても差し支えないとされる1年間の被ばくの基準は、1ミリシーベルトです。 その100倍被爆しても安全だと><! アホです

 - - 転載終了 - -

8000 Bq/kgを超えた横浜市内の学校。
横浜の小学校で放射能検出

鶴見区末吉小学校 9900 Bq/kg          港北区矢上小学校 13400 Bq/kg
西区軽井沢中学校 13600 Bq/kg         都筑区東山田 9600 Bq/kg
緑区山下みどり台小学校 9500 Bq/kg      戸塚区下郷小学校 8700 Bq/kg
青葉区桂小学校 9200 Bq/kg           都筑区茅ヶ崎東小学校 14200 Bq/kg
都筑区南山田小学校 10700 Bq/kg、

未だに知らない方が多いのですが、東京を含め関東の南部も福島原発事故で発生した放射能によってかなり汚染されてしまっているのです。
例えば、福島原発事故直後には「横浜でストロンチウム検出 福島第一原発から100キロ圏外では初」という報道がありましたし、他にも探せば無数に横浜周囲の放射能汚染が出てきます。 

飲み物の基準値

アメリカの法令基準                0.111 ベクレル/L
ドイツガス水道協会                0.5 ベクレル/L
WHO基準                     1 ベクレル/L
ウクライナ(セシウム137)           2 ベクレル/L
ベラルーシ                    10 ベクレル/L
国際法 原発の排水基準値
 ヨウ素131                  40 ベクレル/L
 セシウム137                 90 ベクレル/L

たべものの基準値

WHO基準                      10 ベクレル/kg
ベラルーシ(子供)                 37 ベクレル/kg
ウクライナ(野菜)セシウム137         40 ベクレル/kg 
ベラルーシ(野菜)                 100 ベクレル/kg
アメリカの法令基準                170 ベクレル/kg
これまでの日本の輸入品規制値        370 ベクレル/kg
WHO基準(餓死を避けるための非常事態時の数値)  1000 ベクレル/kg 

WHO基準でも↑(餓死を避けるための非常事態時の数値)  1000 ベクレル/kg 
関東でもこれだけ放射能汚染が進んでいるんです・・! 福島やその周辺がどれだけ放射能汚染されているか
考えたくもないほどの汚染でしょう。。! 放射能は、放射能被爆は積算です・・ 放射能を浴びれば浴びるだけ増える、どんどんと・・! 

文部科学省より都道府県別環境放射能水準調査(月間降下物)におけるストロンチウム90 の分析結果
関東で検出されたストロンチウム

首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル
http://tanakaryusaku.jp/2011/08/0002744

強制封鎖は・・! 放射能を拡散させない為にしなければいけないのです。。 そうしないと被爆がどんどん広がる、放射能被爆が拡散されるのです><! 
忘れないでください、この悪行は原発村の政府と東京電力、マスメディアなどの責任です。。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR