スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@tokaiama。。おやじさんが語る日本の真実

@tokaiamaより転載しました。
東日本の放射能汚染地帯と同等の汚染だった北ウクライナでは最初の数年間何も起きないように見えたが事故から5年後に被曝障害が爆発した。今日日本は三年目に入った 汚染地から住民を避難させない日本では恐ろしい結果が出るだろう  http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=127081

福島原発事故での避難基準は年間20ミリシーベルト(実質28ミリ)です。チェルノブイリ被災各国の強制避難基準は平米55万ベクレルです。両者の明確な 転換係数はないが、測定してきた経験を言えば、毎時2.3マイクロ地点の土壌汚染は平米100万ベクレル級であり、ほぼ永久立入禁止区域相当です
福島現地に入って土壌測定を行った人なら、誰でも空間1m線量が2マイクロシーベルト毎時を超える場所は100万ベクレル平米の汚染レベルに達していることを知っています。これは本当に恐ろしいことです。ここに妊婦も子供も住まわされている! http://yuzawaheiwa.blogspot.jp/2012/12/blog-post_24.html …

ロシア、ベラルーシ、ウクライナの被災三国では、平米18.5万ベクレル以上が移住権利ゾーン、平米55万ベクレル以上が強制移住ゾーン、147万ベクレ ル以上が永久立入禁止地区です。日本政府の年20ミリ基準は、平米55万ベクレル汚染地を大きく上回る立入禁止ゾーンに近い基準なのです
今、報道されてるセシウムなどの汚染は本当の核汚染の10%以下でしかない。放射能の横綱、大真打ちはプルトニウムで、大関はウランとストロンチウム、セシウムとヨウ素は関脇にすぎない。これからホンモノの放射能の恐怖が登場してくるのです!

プルトニウムの何が怖いのか? それは人類史上最悪最強の毒物なのです。http://www.radiationexposuresociety.com/archives/1248  それを極微量肺に吸い込めば20年以上経て必ず癌を引き起こす。関東東北の大半の人が2年前に大量に吸い込んでしまったのです。結果は20年後から出てくるのです

ウランの何が怖いのか? それは崔奇形性が極めて強いことです。http://bo.lt/35ajv  世界中のウラン鉱石採掘現場では従事した労働者の子供達、子孫に恐るべき奇形や白血病が続発しています

ストロンチウムの何が怖いのか? それはカルシウムと同じ性質を持ち、地下水や海水に侵入して生物濃縮を起こす。ひとたび体内に沈着したストロンチウム90は死にまで排泄されずに被曝を与え、癌や白血病、糖尿病などの原因となる。毒性はセシウムの300倍です

なぜセシウムやヨウ素の被害だけが報道されて、本当の恐怖であるプルトニウムやストロンチウムが一切報道されないのか? ICRPもIAEAもヨウ素とセ シウムの被害しか認めていない。理由は知られたなら、あまりの恐ろしさに原子力産業が即座に廃絶されてしまうことが確実だからで、利権のためです
本当に大切なことを事故直後から言い忘れてきました。フクイチ事故とは何か? それは人類史上最悪のプルトニウム汚染事故であるということ。MOX燃料数 十トンが爆発飛散した。そのうち10%近くがプルトニウムだったのです。地獄の王の名をもらったプルトニウムの恐ろしさをあなたは知ってますか?

プルトニウムは地獄の王プルートから名付けられた最悪核種です。その恐ろしさは地上のあらゆる物質で最高の猛毒であると指摘されてきた http://www.radiationexposuresociety.com/archives/1248  体内に入って、地獄の王が正体を見せるには時間がかかる。普通は5年、癌ならば20年~40年だ それは人を食う

人を食うプルトニウム フクイチ事故の本質は人類史上最悪のプルトニウム汚染事故だ 東日本の人々の全員が大量のプルトニウムを吸い込んだ その結果は数年~数十年後に出る  http://www.youtube.com/watch?v=F-5LSckLEQ0 …

ー - 転載終了 - -

今すぐに、政府をこの国日本を正さないといけない。。

これから日本は本当に大変な社会に成る。。被爆症状が数年から数十年で出る為。。
でも対応策は在る。。しないといけない、日本の将来を担う子供達の為にする、必ず出来る。。

次にその対応策を 書きます。
”放射能被爆の症状”と”治療方法”。。早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには、この方法しかありません! 

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。