【原発】動燃による反対派つぶし「工作」の記録。。この国、日本の政府がやろうとしているのは何だろう><!利権と癒着の為ならどんなこともするし、やってきた。はっきり言える、日本に住む=ジワジワと殺されてるて事。。

元記事ーー
(1)「週刊朝日」3月15日号は、段ボール箱5箱分の機密ファイルを紹介している。所有者は西村成生・動燃総務部次長。ただし、故人である。「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故(1995年12月)に係る「ビデオ隠し問題」を内部調査中、1996年1月13日に「謎の死」を遂げた。享年49。
 山積みの「西村ファイル」には、原発や関連施設をめぐる地元住民や地元政界へのカネや接待、選挙での“暗躍”、反対派の市民運動家への露骨な“監視”などの「工作」が克明に記録されていた。

 (2)岡山県と鳥取県の県境に近い人形峠は、1955年に日本で初めて天然ウランの鉱床が発見されると、原子燃料公社(後の動力炉・核燃料開発事業団、現在の日本原子力研究開発機構)が両県で採掘を始め、地元はウランブームに沸いた。
 採掘されたウランは品質が採算ベースに合わないことが判明し、鉱山は10年ほどで閉鎖。動燃は人形峠事業所(現・人形峠環境技術センター)を残し、ウラン濃縮の試験プラントなどを営んできた。
 1988年、この地が大きな社会問題になった。人形峠周辺の鉱山跡地に、行動を掘った際に掘り出した土などが野ざらしのまま放置され、そこから高い放射線量が計測されたのだ。ウラン鉱山のあった鳥取県東郷町(現・湯梨浜町)の方面(かたも)地区は、町や動燃に16,000立米のウラン残土の全面撤去を要求した。
 残土の処分は容易ではない。動燃は何とか地区内に置いたまま処分しようとした。それには、地元の同意が不可欠だった。いかに動燃の意向に沿う住民を増やしていくか。動燃は「工作」を始めた。

 (3)「西村ファイル」の「方面地区住民資料」によれば、方面地区の20世帯の住民について、①名前、②生年月日、③職業、④PVC(動燃)に対する理解、⑤人脈・本人に対する「工作」、⑥家族関係、⑦地権の有無、⑧備考・・・・の項目に分けて詳細に調べ上げた。まさに「思想・素行調査」リストだった。特に反対派住民は入念にマークしていた。
 反対運動の中心になった榎本益美(77歳)に係る項目⑤では、「工作」方法を具体的に説明している。<社会党対策会議の○○(原文実名、以下同)、共同通信記者、市民グループとの関係を切ることであろうが、当面、本人を孤立させ相手にしないことが効果的である>・・・・動燃の「工作」は、一時的には成功した。
 「資料」には、家族の勤務先や家庭事情まで詳細に書かれていた。その作成者は、動燃・人形峠事業所総務課長などを歴任した男(鳥取県倉吉市在住、72歳)で、彼が本社に送信したファックスが「西村ファイル」に残されている。
 動燃は、都会から離れた小さな集落ならではの濃密な人間関係を巧妙に「工作」に利用しようとしていた。地域独特の本家、分家や養子縁組といった関係、地区の婦人会などを利用し、「工作」に使おうとした。「町議」の名も頻繁に出てくる。陰湿なのは、家族関係に加え、勤務先の上司などの上限関係で「圧力」をかけていた形跡があることだ。
  (a)県職員・・・・<夫婦の勤務先である鳥取県の上司・幹部を利用する>
  (b)農家・・・・<農協関係者の幹部による説得が必要>
  (c)郵便局員/地元区長・・・・<郵政関係者(地元局長)、親せき等を動かし、区長としてもう少し積極的な態度をとるよう働きかける>
  (d)地元大手バス会社社員/有力地権者・・・・<○○自動車を通じて圧力をかけるべきだ>
 資料には、住民を見下した態度が滲み出ている。<当初は理解を示していたが、現在は必ずしもそうではない。口が軽く、役員の中でも考えが一貫していない>

 (4)動燃職員が残土問題について説明に訪れた当時、科学的根拠や資料の提示を求めたが、科学的データで説得するというよりも、「なるべく穏便に収めたい」とごまかすことばかり。見え透いた懐柔策だった。【藤田省三・鳥取県会議員(自民党)】
 動燃が抜き打ちで地区の人を集めて説明会を開いたことがあったが、「大丈夫だけぇ。安全だけぇ」と言うだけで、放射能の測定機器も持ってこない。機器は、市民グループが持ってきて初めて観たほどだ。【榎本益美】
 「工作」は実を結ばず、動燃はウラン残土の撤去を約束したものの、撤去先をめぐって周辺自治体と紛糾。長年、地区に放置されたまま歳月だけ経った。2000年、住民らは鳥取県などの援助を得て旧動燃を鳥取地裁に提訴。2004年、最高裁で残土の撤去を命じる判決が確定し、特に放射線量が高い一部の残土は米国のウラン精錬所に移され、その他は145万個の煉瓦に加工されて搬出された。

 (5)「西村ファイル」には、「原子力ムラ」のさらに深い闇をうかがわせる資料がある。
 <タレントとの会食を通じて洗脳>
 <津山圏は水面下でゲリラ戦>
 <広義な話題を提供し、問題を希釈させる>

□今西憲之+本誌取材班「独占入手機密ファイルが暴く「原子力ムラ」の闇 ~「原発事故後」のいま明かされる核心スクープ第1弾~」(「週刊朝日」2013年3月15日号) 
ー - - - - - - 転載終了  ー - - - - ー 


「僕は飲食店の産地確認は大声で必ずします。」大阪ガレキ体調変化報告二月分まとめ、622名の訴え。

【富山がれき・富山市の嫌がらせ告訴、不当逮捕を許すな!?】行政などの告訴乱用 許されるのか(東京新聞)

放射能被害の実態を隠すためのプロパガンダ-今までとこれから
 放射能の被害を決して認めないことこそが、日本が敗戦以来米国に命じられ何が何でも守らなければならない一番大事なことです。そうするためには、どんなうそでもつくのがこの国の政治家であり、学者です。

大阪の生ゴミからキロ33ベクレル!汚染された食品の影響か!?瓦礫よりも深刻な食品による内部被曝!
生ゴミからキロ33ベクレルも放射能が検出されたということは、大阪の方々が食べている食べ物にそのくらいの放射能が平均で含まれていると考えられます。
これは瓦礫処理などの問題よりも深刻だと私は思います。何故ならば、内部被曝は外部被曝の1000倍のダメージと言われているからです。

【国分川】千葉県松戸市の河川汚染が浮き彫りにする、隠れたホットスポットと水面下での汚染の拡散
松戸市河川清流課の職員は答えた。空間線量が1.33μSVに達した個所の汚泥は、汚染度が8000~10000Bq/kgあったという。

原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃
1996年1月13日、高速増殖原型炉「もんじゅ」の事故隠蔽問題について調査を担当していた、西村成生(しげお)氏(当時49)が変死体となって発見された。その西村氏が残した膨大な資料、「西村ファイル」をひもとくと、原発や関連施設をめぐる反対派の市民運動家へ露骨な“監視”の様子が記されていた。ジャーナリストの今西憲之氏と本誌取材班が明らかにする。

細野剛志が甘利明に責任追求「何で避難10kmなんだ!何で地震に強い原発つくらなかったんだ!」衆議院予算委員3/7  (パニックを怖れてスピーディを隠蔽し東電を守った)

学校給食の放射能汚染 18都府県46市区町村433校26園、食べた可能性のある児童18万人に 最高は宮城県の1293ベクレル

千葉県シイタケ150ベクレル、ギンブナ34ベクレル、茨城県サツマイモ2ベクレル、岩手県原乳0.99ベクレル(3/7 厚生労働省)

疫学専門家:子供甲状腺癌確定3人+6.3つまり9人から10人が癌。多発。「被曝の影響なし」断定は不可能。
多発で100倍を超える発症?!



この国、日本の政府がやろうとしているのは何だろう><! 
 て、はっきり分かってきたのでは 
 利権と癒着の為ならどんなこともするし、てかやってきた

 はっきり言える、日本に住むと言うことはジワジワと殺されてるて事。。↓
 
 ・福一を利権と癒着優先でとにかく残そうと画策し被害拡大、2年経つが何の対策も取れず悪化状態
  
 ・その間、更なる利権・癒着を作る為に放射能瓦礫を日本中に拡散し被害を拡大させている

 ・ 除染事業は意味ない。直ぐに石棺化し放射能を止めたチェルノブイリでも除染は意味が無かった
 福一原発は、2年経っても悪化しており、放射能ダダ漏れ状態、どれだけ掃除しても、直ぐにゴミが 
 出る状態の福一に、どこに掃除の意味がある。。 除染をしている企業が東電関係など、ただただ
 利権と癒着の為だけ

 日本に住むと言う事がここまで来てると知るべきだ。。
 チェルノブイリで放射能の症状が一挙に出たのは事故後5年目から。。しかし早急に石棺化し直ぐに
 放射能の流失を止めたから。。それに対し、日本は2年が経つが放射能ダダ漏れし悪化している
 、もうその影響が表面化してきている様だ。。

 日本政府、官僚、企業、政官業一体が原発村住人。。人々は病気になり殺されている事実の認識を
 日本政府が犯罪集団に成っている真実を理解しないといけない。。

 今、日本国民はジワジワ殺されていくか><! 立ち上がり、
 立ち向かうか選択の期限だ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR