まとめ・・①元祖GEが原発の危険性を認めた、正当化されないと。しかも、東電事故の過失の事実。②原発関係者に対する刑事責任を問う告訴・告発 2013・2現在の状況。③放射能除去へ

①元祖GEが原発の危険性を認めた、正当化されないと。しかも、東電事故の過失の事実。

1)原発の元締め、GEが原発を否定し撤退している

米GE「原発の正当化、難しい」CEO発言、英紙報道【朝日新聞】
http://www.asahi.com/business/update/0730/TKY201207300578.html?tr=pc

米GEのCEO、原発「正当化難しい」英紙に語る 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3100I_R30C12A7EB2000/

本当はなぜ原発から撤退か
福島第1の1号機から5号機はGEのMark1と呼ばれるタイプの原子炉Mark1には元々欠陥があると指摘
 されており、今後、GEの責任が公の場で追求される可能性も高いため
原子力事故に対する巨大なリスクと、原子力発電が他のエネルギーと比較して相対的にコスト高く
 原発発電を経済的に正当化するのが非常に難しくなっている。(天然ガス・風力・太陽光)

2)東京電力福島第一原発は欠陥だったと、製造元が謝罪していた。><! しかも、設計上の問題は35年前に発覚し東電に知らされていた。。だから、この事故は人災である><! 東電関係者と政府原発村住人を逮捕せよ 
東京電力福島第一原発事故は完全な過失事故

②原発関係者に対する刑事責任を問う告訴・告発 2013・2現在の状況マトメ。

1)東電福島第一原発の事故に関する国会事故調査委員会が2012年7月5日に出した最終報告「事故もあり天災もあることを知りながら、何もしなかった」委員全員が、一致。「東京・福島の両地検が8月1日に、原発関係者に対する刑事責任を問う告訴・告発状を受理 

*告発された御用学者一覧  告発された御用学者とは以下の人物である。一部
山下 俊一 福島県放射線健康リスク 管理アドバイザー
久住 静代 原子力安全委員会委員
高木 義明 文部科学大臣
板東 久美子 文部科学省生涯学習政策局長
神谷 研二 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー

*告発された東京電力関係者一覧 一部        *刑事告発された政治家たち 一部
勝俣 恒久 東京電力会長                   菅  直人  首相 
清水 正孝 東京電力社長                   枝野 幸男  官房長官
班目 春樹 原子力安全委員長                海江田万里  経済産業相 
久木田 豊 原子力安全委員長代理             寺坂 信昭   原子力安全保安院院長
久住 静代 原子力安全委員                  班目 春樹  原子力安全委員会委員長

2)トモダチ作戦参加の米軍兵士ら8人、被ばくしたとして東電を提訴。FNNnewsCH(12/12/28) 。。日本政府と東電による原発事故の風評被害が証明される・・!

3)『福島原発事故に関し、厳正な捜査と起訴を求める署名』へのお願い 昨年3月に結成した『福島原発告訴団』は、6月の福島県民による1324人の第一次告訴に続き、11月には全国に呼びかけ13000人を越える大集団告訴・告発を

4)福島住民ら国などに対し来月提訴 「事故前の放射線量に」・・2013年02月08日金曜日

5)「生業返せ、地域を返せ」 原状回復求め福島住民らが東電と国を提訴・・もっと、もっと。東京電力と政府を正す為に
三兆円もの公的資金が東電に流れ、東電は庶民に対しては電気料金の値上げし、それでも東電社員のボーナスを出す。そして、人災による放射能被害・被爆は日々悪化事実を捻じ曲げ都合のいいように情報を政府と共に流し嘘八百を並べ、それにより、国民がさらに被爆している現状><!

③放射能除去へ

1)身体における放射能、予防と対策と知っておくべき事 (8) 2例↓

自然な方法で放射能による悪影響から身体を保護したい人に。。放射能を体内から排出する方法
放射能予防と対策・・ がんに効く食品(唐辛子・にんにく・ブロッコリー・イチジク・緑茶)

2)放射能除去。。土地を取り戻せ、希望の光 ↓題

放射能除去、出来るかも。。1ベクレルも検出されなかったのです(0以上1ベクレル未満)
誰も気づかなかった,放射能除去の凄い方法

[広告] VPS

そしてこれからの未来は自分達、一人一人の心のエナジーフィールド
日本語字幕付き
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR