食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月1週)-福島産梅干しからまた基準超えのセシウム!でも出荷制限なし-。。そして日本国民が被爆させられている

元記事ーー
 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。そこで、2月1週の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先月に続き今週もしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数1,065件中11件の基準値超え(全体の1%)
  ②平均は、1キログラム当たり7ベクレル、最大は510ベクレル(福島県産カレイ)。
  ③基準超の食品が福島
で見つかっています。

食品のセシウム検査

   ※牛肉を除く     ※単位については(4)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2月1週)

  色分けは以下の通りです。
  赤マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  橙出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  黄基準値超えの食品が見つかった県

1.福島島県梅干しから基準超の放射性セシウム
 福島県産の梅干しから基準値を超える1キログラム当たり170ベクレルの放射性セシウムが見つかりました。去年9月以降、福島県で3回目   二本松市で2回目です。

 表―1 基準値を超えた福島県産梅干しのリスト
 福島県産梅干のセシウム基準値越え

 出荷制限はありません。再発しているので有効な対策も取ってないと思います。垂れ流し・・・・

2.福島県産ホウレンソウから53(Bqkg)の放射性セシウム-検査はたった1件だけ!
 冬でも新鮮なホウレンソウをご主人様は食べたいみたいです((=^・^=)は肉食です)。そんなご主人様の望みをかなえるため農家の方は工夫をしています。ハウス栽培もありますが、畑に保温材を敷いてそこで野菜を育てます。

でも、この保温材の放射性セシウムが付着し、ホウレンソウとコマツナなら放射性セシウムが見つかっています(5)。過去にこんな例があったので、福島県はさぞや丁寧な検査をしてると思いました。でも、今年(2013年)中の福島県によるハウス栽培を除くホウレンソウの結果はたった1件です。確かに基準値以下ですが、値は基準値の半分を超える1キログラム当たり53ベクレルです。検査を増やしたら基準値を超えるものがでるような気がして(=^・^=)は心配です。

<余談>
 必要な検査はしない。基準を超えても出荷制限をしない。これでは、危険を感じ不安になります。結局、怪しげな産地は避けるしかないような気がします。これは風評被害でなく、正当な自己防衛だと(=^・^=)は思います。 


☆日本政府は利権と癒着にトチ狂っている。はっきり言って日本は無政府状態。。
・食品に対する無策政策により、外部被爆の数百倍影響が有ると言われる内部被爆を政府自ら
 国民に。。”食べて応援” 国民皆総被爆><! ↓過去記事からも知ってください

瓦礫の広域処理により、日本中を放射能被爆地帯に変えている

世界の非常識、放射能危険地帯に、強制非難地域に政府は安全だとし国民を住まわせている

「世界が輸入禁止にしている日本の食品」それを、日本は政府主導で国民に食べさせている。おかしくねえ 

東京の放射能汚染はチェルノブイリ時の1000倍!本当は東京にもプルトニウム飛散(経産省)-Plutonium falls

東京電力福一原発事故で日本政府が犯した犯罪を、国連の特別調査官が暴露。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR