スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都直下地震マジカ><! 国が動きを加速しだした

首都直下型地震に備え 検視用大型テント、大型トラック導入 警視庁
首都直下型地震などの大規模災害で多数の死者が出た場合の検視活動を迅速化させるため、警視庁は野外で活動できる検視用のテントや浄水設備などを備えた大型トラック2台を導入した。今後、台数を増やして運用する方針。
 鑑識課によると、トラックの最大積載量は約2・8トン。同時に遺体3体の検視が可能な大型テントや、海水などを浄化して遺体洗浄用の水を確保する設備などを搭載している。都内での運用を想定しているが、大規模地震などが発生した場合は他道府県への派遣も検討する。
 同課の青木樹哉課長は「検視活動が困難な場所に派遣して活用したい」としている。

検視用大型トラックを導入=テントや浄水設備を積載-首都直下型に備え・警視庁
首都直下型地震などの災害により多数が死亡し、現場での検視活動が困難になるケースを想定し、警視庁は6日までに、検視用のテントや浄水設備などを備えた大型ト
ラック2台を導入した。「移動型検視資機材車」として活用する。1台約1400万円で、今後さらに台数を増やし、災害対応の迅速化を図る。(2013/02/06-16:46)

都が石油燃料備蓄を開始 首都直下地震に備え
東京都は、首都直下地震に備え、流通在庫備蓄方式(ランニングストック)を活用した石油燃料の備蓄を1日から開始した。都は従来、東京都石油業協同組合、東京都石油商工組合と燃料の安定供給の協定を結んでおり、災害時の燃料を確保している。ただ、東日本大震災では、都内全域で燃料不足が生じ、病院などの防災上の重要施設の活動に支障が出た。このため、今回この協定を改定し、災害時に確実に燃料を確保できる仕組みとして、流通在庫を活用した備蓄を始める。
都は、両組合と燃料の購入・保管の協定を締結し、必要な燃料をあらかじめ購入。その保管を同組合に依頼する。

☆それよりも、世界公認の直下型活断層の上にある浜岡原発をまず直ぐに止めるのが先決、そして全原発を
 止める。それでなくても、原子力発電所のある場所の地下水から放射能が出ているのに。
 原発在る所には放射能汚染あり←日本の原発地図
 さてはて、東京湾直下から、東海、東南海地震といつ起きてもおかしくない日本
 地震大国の日本・・地震と火山の国日本に、世界の原発の12.5%以上がある
 今すぐにも止めないと、人類が滅ぶ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。