日本原電の最高益に怒りの声 「反社会団体との内戦だ」 民意無き自民党政権の不正選挙を正す裁判が始まる、それに、参加しこの不正選挙を、民意無き自民党政権を正そう

元記事ーー
自民党の政権復帰で再稼働の嵐が吹き荒れそうな今年、初めての金曜集会が11日夕、官邸前で繰り広げられた(主催:首都圏反原発連合)。

 「再稼働反対」「原発廃炉」…ドラム隊のリズムに乗ったシュプレヒコールと共に無数のプラカードが揺れる。政権が代わろうとも「脱原発」に寄せる参加者たちの思いは変わらない。

 新年早々、愛知県から足を運んだ父娘もいる。遠方から訪れる参加者がいることもこれまでと同じだ。父親は「可愛い孫(5歳と3歳)の未来のためにも原発をなくしたい」と唇を結んだ。「いろんな人のパワーをもらいたい」と娘は目を輝かす。

 日本原電が1ワットも発電していないのに過去最高の利益をあげ、電力会社がその配当をもらっていたことがわかった。日本原電に出資する電力会社が基本料金を払っており、それが還元された格好だ。原資は国民が負担する電気料金である。東電の勝俣恒久前会長が天下っている会社だけのことはある。

 川崎市在住の男性(会社員・60代)は、温厚そうな風貌とはウラハラに怒りを露わにした。「皆グル、談合だ。私たちは反社会的な団体と戦っている。これは内戦だ」。

 自民党、霞が関、電力会社から成る政府軍は強力だ。人民戦線を広く結集して粘り強く戦っていく他ない。

☆今回の選挙は完全な不正選挙、民意なき自民党政権

 民意無き自民党政権の不正選挙を正す裁判が始まる 
 それに、参加しこの不正選挙を、民意無き自民党政権を正そう←クリックで
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR