スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正選挙の臭いがプンプン!。。 原発を推進する為に行われた不正選挙

今日(17日)、新聞をみて奇妙に思いました。
ネットの事前支持では、未来の党が自民党を上回っていたはずですが、マスゴミの情報では未来の党は数%程度。そして選挙結果は、マスゴミ報道の通り、申し合わせたような結果になりました。
私は比例区の得票数が知りたいと思って、新聞を斜め読みしたのですが、未来の党の比例区投票数は僅か330万票でした。
こんなに少ないはずはない! これはおかしいなと思いながら、帰ってきたのですが、気晴らしにいつもやっているゲームをすることにしました。
知り合いの女性が仲間をつのっていたので参加したのですが、私が”日本はもう終わりだよ!”というと、その女性といつも一緒にいる若い男性がすぐ気づいたらしく、”自分は福井なんだけど未来にいれましたよ”というじゃありませんか。
すると、その女性も”琵琶湖の水ガメが汚染されたら大変だから、自分も入れた”というのです。
私は宣言通り、公約が一致する未来に比例区は入れました。ゲームの遊び仲間に過ぎない3人が、いみじくも未来の党に入れているのです。全く、政治の話などしたことはありません。ただ、集まって、狩りをして別れるだけの関係。しかし、この時点で、未来の党は100%の得票率!

これは何かおかしいぞという疑惑がムクムクを湧き起ってきました。
実は、今回、投票率が低いという報道があり、案外、未来の党に有利に働くかも知れないという感覚がありました。というのはネット市民は相当覚醒度が高いので、棄権はしないし、投票にいくだろうと読んだからです。一方、マスゴミは自民圧勝を伝えていましから、マスゴミに洗脳されている国民は安心して選挙をさぼると思いました。

どうせあの人が勝つという場合は、投票率が極端に落ちます。
投票しても、しなくても同じという思いが働くからです。マスゴミはそれを狙って、せっせと自民党圧勝を前宣伝していたのですが、案外、保守層が安心して投票に行かず、ネット市民が積極的に行くだろうと期待したのです。

結果はご覧のとおり。
前回ブログで書いたように、国民は自ら自分の首を絞めたか!と愕然をしていたのですけど、冷静に考えると何かおかしいのです。投票率が戦後最低といいますが、あちこちから今まで見たことのないほど込み合っていたという報告を目にします。行列ができていたという写真を貼っている人もいました。
一例のブログをあげておきます。

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6661761(「投票率低調」報道の一方で、なぜか「投票所に今までにない行列ができている」という声が多数 ― 2012/12/16 19:21)

私の住む場所は、前日から大雪でしたが、雪を踏み越え、私は8時前に投票をすませました。
大雪だし、早朝ということもあって投票人は5~6人しかいませんでしたが、私の後に投票していた若者は、最高裁国民審査は全部×にしていました。別に覗いたわけではありません。思いっきり「バツ、バツ、・・・」という音が聞こえたのでわかっただけです。多分、その若者はネット市民でしょう。国民審査は×にしようという運動がットでありましたからね。

そんなわけで、私の住む街で投票率が落ちるのは理解できます。
にも関わらず、行列のできる投票所が全国に多々あったことは確かなのです。皆さん、今まで投票でこんな光景はみたことがないと言っています。

一方、各所の投票所で時間前に閉めてしまうというあざとい選挙妨害がおきたようです。
「15日付けのNHK(ウェブ版)は、全国49,000ヶ所の投票所のうち、30%にあたる16,000ヶ所で投票終了時間が繰り上げられる、と伝えた。」

○福島県―県内の全投票所(1312ヶ所)で1時間から最大4時間繰り上げ(100%)
○群馬県―県内99%の投票所が繰り上げ
○秋田県―県内85.05%の投票所で繰り上げ
○岩手県―県内64.47%の投票所で繰り上げ
○宮城県―県内57.18%の投票所で繰り上げ
○山形県―県内13.39%の投票所で繰り上げ
○青森県―県内6.1%の投票所で繰り上げ
○群馬県―県内99%の投票所で繰り上げ
○長野県―県内1501ヶ所の投票所中、304ヶ所で1~3時間繰上げ。うち35ヶ所は開始も1時間遅れ
○愛知県―県内1744ヶ所の投票所のうち、63ヶ所で繰り上げ
○三重県―県内119ヶ所の投票所で1時間繰り上げ、534ヶ所で1~4時間繰上げ
○滋賀県―県内928ヶ所の投票所中、一部で1~2時間繰上げ
○石川県―県内525ヶ所の投票所中、110ヶ所で繰り上げ
○福井県―県内413ヶ所の投票所中、63ヶ所で1~2時間繰上げ
○奈良県―県内773ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
○徳島県―県内512ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
○愛媛県―県内745ヶ所の投票所中、一部で1~4時間繰上げ
○大分県―県内621ヶ所の投票所中、445ヶ所で繰り上げ」

まだあるかも知れませんが、意図的・計画的に投票時間を繰り上げ、投票率を下げる画策をしたことは事実です!投票率が上がりすぎるので、目立たない投票所を時間前に閉めたのでしょう。

○投票率低下→基礎票の多い政党=自民+公明が勝つ→民主は国民の報復をうけて惨敗→第三極(維新+みんな)は無党派の支持でそこそこ→未来、そんんなもの知らん!
が今回の選挙の企画内容だと思います。ところがどうもおかしな隙間風が吹いてるということで、あの手この手とインチキを行ったようなのです。選挙でインチキはできるか?という問いに、開票現場では絶対にできないと経験者は皆さん言ってます。

では、本当にできないのでしょうか?
それが、どうもできるんです! 集計ソフトをチョロマカセばいいのです。今は機械集計らしく、納入されているソフトをチョコットいじればハイOKなのです。

その秘密に迫るブログを発見しました。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6661843(「投票読取機ソフトに不正はないのか? ― 2012/12/16 19:35」)

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6662040(自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS-VA」に関するメモ ― 2012/12/16 22:22)

このブログはせっせと投票読み取り機の企業を調べ、ロスチャイルドの影を見つけ出すのです。
こんなところにもユダヤ資本の影がチラホラするのですね。だとしたら、集計のチョマカシなどお手のものでしょう。

カナダ在住のこの方も不正選挙を疑っています。
http://canadadenihongo.blogspot.ca/(「第46回衆院選挙は、民意とかけ離れた不正選挙だった可能性が大きい」Canada de Nihongo)

おかしな事件の記事が載っています。果たして、不正はあったのか、否か?
選挙の筋書きが書かれ(企画)され、マスゴミは大々的に報道し、計画通りになるように色々と工夫をしたことは確かだと思います。

ここまでくると、今回の選挙は大々的に企画された【不正選挙】であったことは100%間違いないことがわかりますね。誰が仕掛けたのかは分かりませんが、仕掛け人の黒幕はいるはずです。
というわけで、前回のブログで国民の皆様の選択について批判したことはお詫びしたいと思います。
既に、大きな力がこの国を暗黒の世界へ陥れようと画策しているようです。
私たちはそれに抗することができるのでしょうか?

それでも、一刀斎は、原発の即時廃止、TPP参加阻止、消費税増税に反対します!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。