日本政府:漂着がれき処理、米国に見舞金500万ドル-東日本大震災 。。日本の政府は利権と癒着の事だけで、日本にいる多くの被災者はどうでもいいのだ

元記事ーー
 
12月1日(ブルームバーグ): 日本政府は、東日本大震災で米国に漂着したがれき処理に対する見舞金として同国に500万ドル(約4億1300万円)を供与する。外務省が11月30日、発表した。資金供与については、今年9月に野田佳彦首相がクリントン米国務長官と会談した際に表明していた。


☆あきれるのもたいがいにして欲しい><! 日本国民に何もせず、なぜにアメリカや海外に
 ほいほい幾らでも税金が出せるのか・・! 本当にこの国日本の政府は腐ってる

☆ 「義援金は収入」生活保護の打ち切り2千件
東日本大震災で義援金や東京電力の賠償金などを受け取った生活保護の受給世帯に対し、生活再建の経費として認められる使い道が、自治体によって異なる状態が続いている。

 厚生労働省から「被災者の事情に配慮した取り扱い」を求められ、個別に判断しているためだ。同省によると、経費認定後に残った収入が多いとして、宮城、福島など5県で生活保護打ち切りに至るケースは、震災後1年間で計1958件。判断に悩む自治体担当者も多く、専門家からは「場当たりでなく、法的整備が必要」との指摘も出ている。

 収入認定の対象となるのは、義援金のほか、遺族が受け取る災害弔慰金、見舞金、東電の補償金や賠償金など。厚労省は昨年5月、これらを生活保護の受給世帯が受け取った場合、生活用品や家具、家電の購入、住宅の補修など「自立更生のために充てる費用」を差し引いたうえで、臨時収入として認定するよう都道府県などに通知。「一律的・機械的な取り扱いにならないように」とも注意した。

 ふざけるな日本政府・民主党
のだーー のだーー 野田ーー! 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR