東京都の子供 約3000人中36%に甲状腺にのう胞が見つかった。。でも放射能は積算される、住み続けるならもっと増える

元記事ーー

2012年12月1日 朝日新聞が報じています
福島県内で行われている子供の甲状腺検査で、嚢胞(液体入りの袋状のもの)が多く見つかったことに関連し東京の病院で約3000人に行った検査でも、同程度に嚢胞が見つかった。伊藤病院(東京)の岩久建志医師らが30日日本甲状腺学会で発表した。専門家は「原発事故前のデータも含めて比較されており
福島の子供の嚢胞は放射線の影響とは考えにくい」と話している。発表によると、2003年から今年8月まで

同病院で甲状腺の超音波検査を受けた15秒以下の子供2753人の結果を集計した。この結果、36%の子に嚢胞
が見つかった。
複数回検査で来た189人の42%は嚢胞が小さくなったり消えるなど改善し、14%は大きくなるなどし残り44%は不変だった。経過観察中に癌など悪性の病気になる子供はいなかった。

旧ソ連チェルノブイリ原発事故後に子供の甲状腺がんが増えた
教訓から、福島県は18歳かの子供に甲状腺検査をしている。昨年度の実施分の35%で、今年度は42%で嚢胞が見つかっていた。

これまで、他地域と比較できるデータがないため、福島第1原発
事故後による影響が心配する声も上がっていた。長瀧重信・長崎大学名誉教授(甲状腺学)は
「今回の発表福島の検査と同等の装置を使い原発事故前からのデータも含めて調べた物だ。

福島の子供の嚢胞も、放射線の影響は考えられない」と話す。
この検査を巡っては、政府は福島県以外の長崎県などで4500人規模の小児の甲状腺超音波検査を実施して比較する計画も進めている。$まっちゃんのブログ

長瀧重信氏は御用学者です
チェルノブイリ事故では子供の甲状腺がん以外に、白血病やその他のがんが
増えたということは証明されていませんといったり、チェルノブイリにおいて「遺伝的影響が出ることはあり得ない」と言った方です。

ソース
原発業界御用学者リスト
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/78.html

http://www.takeda-foundation.jp/cafe2005/cafe_rep_200912_p02.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR