スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱原発」を掲げる正真正銘の”第三極”小沢・嘉田連合が発足 ~「オリーブの木構想」がいよいよ現実に。。原発を本当に無くそう、その政治家を応援しよう

元記事ーー
衆院選に向けた新党「日本未来の党」の設立を目指すと表明した滋賀県の嘉田由紀子知事(右)と飯田哲也氏=27日午後、大津市

滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は27日、大津市で記者会見し、衆院選に向け脱原発を掲げた新党「日本未来の党」の結成を表明した。国民の生活が第一(小沢一郎代表)に連携を呼び掛けた。

生活は常任幹事会を開き合流する方針を確認した。
生活のほか「みどりの風」「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(脱原発)も合流を視野に入れている。
未来の党には著名人も賛同しており、社会的な反原発の動きにつなげたい考えだ。
脱原発の河村たかし共同代表(名古屋市長)は27日、未来の党への合流に前向きな考えを示した。
生活などは日本維新に対抗する「第三極」勢力として衆院選で躍進を目指す。
(共同)


正真正銘の第三極が発足する。滋賀県の嘉田由紀子知事(62)が「脱原発」を旗印とする新党結成を27日午後にも表明。新党名は「日本未来の党」になる見通しだ。小沢一郎の「国民の生活が第一」や「みどりの風」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」も合流を検討している。共闘が実現すれば、維新の会を凌駕する一大勢力になるのは間違いない。

新党の党首となる嘉田知事はまだ全国的な知名度はないが、市民運動家の間では広く知られている。06年に「もったいない」のキャッチフレーズで新幹線新駅とダム建設に反対し初当選した。原発問題では、橋下徹大阪市長のように大仰な構想をブチ上げたわけではない。地道に「卒原発」を訴え続け、大飯原発3、4号機の再稼働問題について、政府に慎重な判断を求めてきた。そんなぶれない姿勢が歌手の加藤登紀子や音楽家の坂本龍一の共感を呼んでいる。
 
生活やみどりとの連携は、橋下と石原慎太郎前都知事の維新みたいな選挙目的の“野合”とは違う。至極当然の流れだ。

「維新と大きく異なるのは、脱原発の政策が一致していること。そして、場当たり的に離合集散しているわけではないということです。新党構想は3カ月ほど前から、生活の小沢一郎代表や脱原発の亀井静香幹事長が水面下で調整を続けてきました。それが結実したのです。小沢や亀井らベテランが裏方に回って汗をかいている点も、維新とは対照的です」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

民主党は問題外としても、下野して3年、何の反省もみられず「原発推進」を公言し「軍国主義」の香りすらする自民党もイマイチ気乗りせず、ましてや橋下徹・維新の会に至ってはその変調ぶりにすっかり興ざめ感が漂う中、「どの党に投票してよいかわからない」という無党派層の方も、これで構図的にはハッキリと見えてきたのではなかろうか?

先のエントリーでもコメントしたとおり、「オリーブの木」戦略はイタリア・プローディ政権(1996)が誕生した際、その原動力となった中道・左派連合の名称であるが、小沢一郎代表は民主党を離党した7月時点で既に同戦略を掲げて”草の根”的に動き、今回、嘉田知事を擁立して「脱原発」を掲げた新党「日本未来の党」結成に繋げたのである。

新聞・テレビ報道ではあまり報じられていないようであるが、同党の後見人の中に京セラの稲盛和夫の名前があることも、他陣営からすれば影響が大きいことであろう。

実際、これまで小沢の「お」の字も口にしなかった自民党・安倍や維新・橋下らが、相次いでこの新党「日本未来の党」に噛み付く発言をしていることからみれば、連中が「小沢・嘉田連合」(+稲盛和夫)をかなり意識・敵視していることは自明であろう。

また、これまで小沢・生活党を”黙殺”してきたマスゴミ連中が、今回、こぞってこの「小沢・嘉田連合」について報じているのも、稲盛和夫の影響力が大なり小なり影響していることであろう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。