原子力規制委員会調査団メンバーの渡辺満久・東洋大教授(変動地形学)が24日、過去の原発敷地内の活断層調査に変動地形学の専門家が加わっていなかったことが大きな問題とし「事業者の調査方法、国の審査は不適切だ」と

元記事ーー福井新聞
 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内断層(破砕帯)に関する原子力規制委員会調査団メンバーの渡辺満久・東洋大教授(変動地形学)が24日、福井県敦賀市福祉総合センターで講演した。敦賀半島の活断層と原発敷地内断層の関連などについて話した。

 市民団体が中心となって組織した実行委員会が開催。市民ら約200人が参加した。

 渡辺教授は「若狭湾の原子力発電所と活断層」と題して講演。過去の原発敷地内の活断層調査に変動地形学の専門家が加わっていなかったことが大きな問題とし「事業者の調査方法、国の審査は不適切だ」と述べた。

 渡辺教授は、12月1、2日に日本原電敦賀原発敷地内で行われる破砕帯の現地調査団メンバーではないが、専門家による詳細な調査の必要性を訴えた。 


☆サーー考えよーーぅ 専門家のいない調査を今までずーーとやってきた><! 
 全く意味のない事を、国の審査とは、当然日本の税金を使って来たんだ・・!
 これが、原子力村の凄さです。。国をも政治家をもマスコミをも使い何が何でも原発を作ってきた
 そして、利権と癒着にどっぷり浸かり、国民不在の国が出来上がっているのです。。
 腐りきった政治家・司法・行政・企業・マスメディアなのです。。
 原発推進&TTP推進&消費税増税をする政治家は腐っています。。  
 必ず腐った政治家は落としましょう
腐った政治家は=自公民石原維新です。真実を知ってください

そして、原発を辞めるといっているのが、国民の生活が第一です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR