野田佳彦氏というのは、正真正銘の立派なペテン師である。。嘘八百のマニフェストで判る。。街頭演説で消費税の増税は、シロアリを退治してからだと言った。しかし、野田ブーは利権欲しさ、癒着を守るために今増税するだと

消費税はシロアリ退治してからだと、街頭演説。。嘘つきのだーーのだーー野田ーー

元記事ーー

正真正銘のペテン師は、ペテン師という本質の部分を突かれると、必ず開き直って、堂々とペテン師でないという説明をとくとくと語る。うっかりすると騙されてしまう。ここにペテン師の真骨頂が示される。

「消費税を引き上げる前に、国民の皆様と約束したことを一緒にやろうではありませんか。
定数削減は来年の通常国会でやり抜かなくてはなりません。
次の国会で定数削減をする。それまでの間は、例えば議員歳費の2割削減等々、身を切る覚悟をちゃんと示しましょう。」

驚くほどにもっともらしく聞こえる発言だ。
この言葉のトリックに騙されてしまうと、野田佳彦氏は本当にうそをつかない人間なのかと思うようになってしまう。ここがペテン師のペテン師たる所以である。

人気ブログランキングへ
多くの人がすでにご覧になった映像だが、2009年8月15日の大阪街頭での野田佳彦演説、いわゆる「シロアリ演説」をもう一度確認していただきたい。

2009年8月15日野田佳彦氏大阪街頭演説もうひとつ示す。
2009年7月14日の衆議院本会議での野田佳彦氏演説
麻生内閣に対する不信任決議案が上程された。
賛成討論を行ったのが野田佳彦氏だ。
このとき野田佳彦氏が何を主権者国民に約束したのか。定数削減と言ったのか。
定数削減など言葉は存在すらしない。野田佳彦氏が約束したのは、「天下りとわたりの根絶」
別の言葉で言えば 「シロアリ退治」である。

人気ブログランキングへ
野田佳彦氏はこう言った。
「これだけの税金に、一言で言えば、シロアリが群がっている構図があるんです。そのシロアリを退治して、働きアリの政治を実現しなければならないのです。
残念ながら、自民党・公明党政権には、この意欲が全くないと言わざるを得ないわけであります。
わたりも同様であります。六回渡り歩いて、退職金だけで三億円を超えた人もおりました。
まさに、天下りをなくし、わたりをなくしていくという国民の声に全くこたえない麻生政権は、不信任に値します。」

「消費税5%分の皆さんの税金に、天下り法人がぶら下がっている。シロアリがたかっているんです。
それなのに、シロアリを退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?
シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。
そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。」

人気ブログランキングへ
野田佳彦氏が約束したのは「定数削減」ではない。
「天下りとわたりの根絶」、「シロアリの駆除」だった。これが、野田政権が発足したのち、完全にすり替えられた。「天下りとわたりの根絶」が「定数削減」にすり替えられた。
誰がすり替えたのか。財務省である。「天下りとわたりの根絶」の対象の中心は財務省だ。
財務省の天下り、わたり利権を切る。これが官僚利権を根絶する最初の第一歩だ。
その財務省が「シロアリ退治」を消滅させて、これを「定数削減」にすり替えた。
そしていま、「定数削減でわが身を切る改革をやってから国民に消費税の引き上げをお願いする。」
この言葉を、声を張り上げて、ときに声を裏返して、あたかも正義を貫く男のような風情で演説する。
これをペテン師と言わずして何と言えるのか。
野田佳彦氏は小学生のころから、この手口で大人を騙してきたのだろうか。
詐欺師は詐欺師。口先三寸の詭弁に騙されてはならない。

野田氏は、自分の権力欲、私利私欲のために、国民との約束を捨てた。官僚利権を切るとの約束を捨て、官僚機構が用意した「議員定数削減」をもって「わが身を切る改革」とする路線に乗った。この悲しい現実を消し去ることは決してできない。のだーーのだーー野田ーーぶーー
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR