マスメディアのやりたい放題と世論操作。 実は民・自・公と石原新党や橋下維新の「第三極」は全く同一の「第一極」でしかない。原発を推進する利権集団

元記事ーー
毎週のように全国紙やテレビが報じる世論調査とは一体なんだろうか。1000人程度の有権者(?)に電話して調査したというが、その証拠たる生テープがネットにアップされたことはついぞ一度としてない。

 そして、世論調査による支持率なるものが発表され、あたかも競馬勝ち馬予想のように政治評論家が「赤勝て、白勝て」と分析して見せる。まるで茶番のやりたい放題のオンパレードだ。考えようによっては実に悪辣な世論誘導そのものなのだが、AKBの人気投票にも劣る世論調査を毎週のように繰り返し報じて国民に必死に刷り込んでいる。

 現行のマスメディアの眼目は橋下維新と石原新党の「第三極」騒動を煽って「民・自・公」既得権益・野合政治勢力から国民の関心を逸らすことのようだ。しかし石原新党と民・自・公の政策と何処が違うというのだろうか。「消費増税」と「脱原発反対」と「TPP参加」では全く同一だ。政党名を別にしていることがおかしいぐらいだ。

 橋下維新も「消費増税」と「TPP参加」では民・自・公と何等変わらない。「脱原発」でも即時停止でないことでは一致している。

 つまり民・自・公と石原新党や橋下維新の「第三極」は全く同一の「第一極」でしかない。そして物事には賛成か反対かしかないのだから、「消費増税反対」で「TPP参加反対」で「脱原発」を掲げる政党があれば、その政党こそが現状の官僚利権政治を打破する「第二極」だ。まさしく「国民の生活が第一」こそが第二極を形成する中核をなす最大政党であることは論理的な帰結として明白だ。その分かりきったことを国民の目から隠そうと、石原氏と橋下氏とのドタバタ騒動を連日さも政治の大変革でもあるかのように報じている。マスメディアの悪辣な意図は官僚政治の継続のために取るに足らない「第三極」騒動を煽り立てて、「国民の生活が第一」の報道を封鎖していることだ。

 まだ石原氏と橋下氏両者の参画する政党すら実現していないのに、その両者が率いる「第三極」が現在の政界で大勢力であるはずがない。実際にそれぞれの配下にいる政治家は総勢で10名程度だ。小沢氏の「国民の生活が第一」の50名には遠く及ばない。その野党第二党の「国民の生活が第一」の動きを全く報じないマスメディアとは一体なんだろうか。やりたい放題の橋下・石原新党騒動報道の陰にマスメディアは何を隠そうとしているのか、国民はマスメディアの陰にこそ注視すべきだ。

「消費増税反対」で「TPP参加反対」で「脱原発」を掲げる政党を。。日本をこの国を真剣に考える政党を、政治家をえらべーーぃ。。まずは、日本を守る基本であるこの三種を守れない政党は利権と癒着政党だ。。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR