スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APが報道 「日本政府の原発安全基準検討チームが電力マネーを受け取っていた(Japan nuclear safety team took utility money )!」 / 全世界へ恥をさらし 「死の灰ジャパン」の醜い現実が漏出・拡散!

元記事ーー
〔NEWS〕 APが報道 「日本政府の原発安全基準検討チームが電力マネーを受け取っていた(Japan nuclear safety team took utility money )!」 / 全世界へ恥をさらし 「死の灰ジャパン」の醜い現実が漏出・拡散!

 → http://www.suntimes.com/business/16134023-420/story.html

 The Nuclear Regulation Authority said Friday that Nagoya University Professor Akio Yamamoto received 27.14 million yen ($339,000) over the past three years for research on reactors. That includes 6.28 million yen ($79,000) from a subsidiary of Tokyo Electric Power Co., the utility that runs the Fukushima Dai-ichi plant sent into meltdowns last year.

 The authority said Friday that three others on the six-member standards team received industry funding. Getting such money is not illegal, but it could call the neutrality of the team into question, since the industry would benefit from laxer standards.

 ◎ 共同通信は、以下のように報じている。→ http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110201002261.html

 報酬や寄付金、最高2714万円 規制委の4人、直近3~4年間に

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は2日、原発の新たな安全基準検討チームの専門家6人について、電力会社などからの報酬や寄付金などの受け取り状況を公表した。4人が直近3~4年間にそれぞれ300万~2714万円を得ていた。

 事務局の原子力規制庁は「ルールに従って選定しており、問題ない」としているが、こうした専門家の判断には電力会社などの意向が働きかねず安全規制の骨抜きにつながる恐れがある。

 4人のうち名古屋大の山本章夫教授は関西電力関連会社の原子力エンジニアリングなどから年間50万円以上、原発メーカーの三菱重工業などから少なくとも計2714万円を得ていた。


原発マネーーぃ だから日本政府は腐りきっているのだーーぅ 
利権と癒着に群がる政治家・行政・立法・司法=日本政府と、言わざる負えないのだーー のだーー 野田ーー
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。