橋下ブレーン小沢に鞍替え

元記事ーー
橋下ブレーン小沢に鞍替え  (日刊ゲンダイ2012/10/19)

第三極で地殻変動

ドイツを訪問し、脱原発の現状を視察している「国民の生活が第一」の小沢代表。環境相や商工会議所、消費者団体の幹部らと、連日、精力的な面談日程をこなしているが、この同行団の中に橋下徹・大阪市長のブレーンがいることをご存じか。いや、正確には形だけのブレーンと言うべきで、いまや、考え方にギャップがある。かつての橋下ブレーンが小沢に鞍替えしつつあるのだ。第三極の中でも静かな地殻変動が起きている。

小沢のドイツ訪問に同行したのは「脱原発弁護団全国連絡会」代表の河合弘之氏。M&A訴訟でも活躍している辣腕ビジネス弁護士だが、2人の急接近には必然的理由がある。

もともと「大阪府市エネルギー戦略会議」のメンバーだった河合氏は、元改革派経産官僚の古賀茂明氏や「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也所長らとともに大飯原発再稼働反対の立場で今夏の電力需給問題などに取り組んできた。しかし、「大阪府市エネルギー戦略会議」は突然、休止に追い込まれ、橋下市長の脱原発への意欲も目に見えて急低下したのは、周知の通りだ。そこに小沢登場である。脱原発の姿勢を鮮明にし、今月15日の会見では「今夏は歴史的猛暑だったが、原発再稼働なしで電気は足りた」と言い切った。
「口にこそ出して言いませんが、河合氏が橋下氏に失望し、小沢氏に期待を寄せているのは間違いないでしょう。そうしたら、小沢氏のドイツ訪問に同行した。小沢代表は『河合弁護士から脱原発派の市民団体の意見を聞きたい』と言っています。両者の接近は本物です」(ジャーナリスト・横田一氏)

◆「維新」への期待が「生活」に

小沢氏は脱原発などを旗印にした「オリーブの木」構想を打ち出しているが、河合氏は「2025年3月末までの原発ゼロを明言した脱原発基本法への賛否を次期選挙の投票基準にすべきだ」と訴えている。

両者の思惑、戦略はピタリと一致するし、そういえば、河合弁護士は青森県の大間原発の建設差し止め訴訟の原告側(函館市)弁護士になる予定だ。橋下市長はこの裁判に「行政は政治の力を行使すべきであって訴訟は本筋ではない」と冷や水を浴びせていたから、ここでも河合氏が橋下にガックリしたのは想像に難くない。こうしてみていくと、脱原発に本気の政治家は限られてくる。そこに、河合弁護士のようなエキスパートが結集していく。落ち目の橋下市長と入れ替わるように小沢が注目を浴びていくことになる。 


反原発の唯一の国民の生活第一を全面的に、応援したい@@!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR