コンビニ各社 の お米の産地 を まとめました..なぜこんな事を(放射能)庶民が気を付けなければいけないか=政府が腐っているからと気付こう

元記事ーー

◆セブンイレブン 弁当・おにぎり お米の産地

セブンイレブンは 全体的に 北関東・東北産 の 割合が多いです。もち米をつかった 商品は北海道・新潟産です。0120-711-372 お客様相談センター

販売エリア    うるち米(普通の米)     もち米
北海道       北海道産          北海道産        

宮城県       山形・福島(会津)    北海道・新潟
            栃木・茨城

東京都       山形・福島(会津)    北海道・新潟
            栃木・茨城・宮城

鹿児島県      山形・福島(会津)    佐賀・新潟
            栃木・茨城・佐賀・岩手

東海三県 愛知・岐阜・三重 (詳細を 明記します)

1 製造者 フジフーズ↓   http://fuji-foods.com/company/index.html
  原料産地 千葉 ・ 秋田 ・福島(会津)

2 製造者 わらべや東海↓  http://www.warabeya.co.jp/business/products/index.html

五目チャーハン お寿司 のり付きおにぎり 
  ↑産地 石川・山形 7対3の割合

赤飯おこわ         こだわりの米シリーズ
  ↑産地 佐賀・新潟   ↑産地 福島県会津 100%

お弁当
  ↑産地 千葉・秋田・福島  6対2対2の割合 

◆ミニストップ おにぎり  お米の産地

ミニストップのおにぎりは全て 北関東・東北産 です。お米の産地は 季節によって変動するそうです。
0120-865-132 お客様相談センター

お米の産地は全国共通
      型            米の産地    

のりを 自分で 巻く タイプ    茨城・千葉  

のりが 巻いてある タイプ    茨城・千葉 

のりが ない タイプ

各店舗の手作りおにぎり     栃木・茨城県

◆ファミリーマート おにぎり  お米の産地

ファミリーマートは 比較的 北関東・東北産 の 割合が少ないです。金芽米シリーズの 商品は長野県産です。注1  0120-079-188 お客様相談センター

 販売エリア     産地
  東海      秋田・宮城        

  関東      栃木・新潟

  九州      青森・長野

金芽米シリーズ 長野県産

注1 お米の産地は 季節によって 変動するそうです。

◆サークル K サンクス おにぎり  お米の産地  0120-079-188 お客様相談センター

サークルK の白米 おにぎり は 宮城県産 の お米 を 使用して 製造しています。もち米・チャーハン・炊き込み・お寿司など は 北海道産です。注1

    種類                  産地
 白い おにぎり             宮城県産 ・ひとめぼれ        
 色つき おにぎり            北海道産 ・ きらら

チャーハン・炊き込み・お寿司など
   もち米 おにぎり          北海道産 ・ きらら        
 
注1 お米の産地は 変わらないそうです。

◆ローソン  おにぎり  お米の産地

ローソンは産地が 多岐にわたっているので 答えられないそうです。


危険性がある食べ物は、食べない方が好い。。日本では何を信じたらいいのだろうか?? 政府も政治家も
嘘ばかり、しかも放射能の危険性をかくし、一部の企業の為にはその他大勢の庶民を食い物に、放射能まみれの
食品から、瓦礫を日本中に運び燃やして放射能を拡散し人々を被爆させている><! この現状の日本国
この国はなんなんだ?? 信じられない事をしているのに。。 国民もこのまま廃れ行く日本国とそこに住む
住人が、病気になるまで。。そして、もしかしたら、死ぬまでこのままなのだろうか。。

内部被爆の危険

アメリカ西海岸で漁禁止!太平洋側の魚はほぼ全滅。”被爆した福島のクロマグロが、西海岸まで回遊” 
内部被曝による心不全、腎不全、免疫不全(エイズ)突然死、不妊、糖尿病、白血病 

食べて応援しょう放射能、協賛企業。放射能があるかもしれないのに、食べろという危険な企業><!

この国、日本には道徳の心はないのだろうか・・! 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR