スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄金・利権に使われる復興応援国債の中途換金シミュレーション。。もう、日本政府を信じるのをやめよう

元記事ーー

個人向け国債の中途換金シミュレーション

下のボタンをクリックしてください
※個人向け復興応援国債(第801回債以降)の場合は「変動10年はこちら」をクリックしてください。

変動十年     固定5年    固定3年

個人向け国債(個人向け復興国債及び復興応援国債を含む)の中途換金をお申し込みいただく際の経過利子相当額及び中途換金調整額をシミュレーションできます。
ご利用に当たっては、以下の点にご注意下さい。
1. 個人向け国債は、発行から一定期間が経過すれば、中途換金できます。
 個人向け国債は、発行から一定期間(変動10年、固定3年及び復興応援国債は1年、固定5年は2年※1)が経過すれば、原則としていつでも、個人向け国債の口座を開設している取扱機関で、額面1万円単位で中途換金することができます。
 ただし、口座名義人(特定贈与信託の受益者を含む)がお亡くなりになった場合又は災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合については、前述の一定期間経過前であっても中途換金できます。
 口座名義人(特定贈与信託の受益者を含む)がお亡くなりになった場合には、その相続人の方による中途換金が可能となります。その際には、相続人たる地位を証明する公的書類などが必要になります。
 災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合には、災害救助法が適用された市区町村に居住されている口座名義人による中途換金が可能となります。その際には、罹災証明書、罹災届出証明書といった公的機関が証明する書類などが必要となります。※2
 なお、特定贈与信託の受益者が上記災害により被害を受けられた場合には、特定贈与信託の受託者である信託会社及び信託業務を営む金融機関が中途換金の請求を行うことができます。 また、その際にも、受益者が被災したことを証明する罹災証明書、罹災届出証明書といった公的機関が証明する書類などが必要となります。
※1 平成24年4月発行分から、固定5年についても「発行から1年」となります。
また、平成24年3月までに発行された固定5年も、平成24年4月16日以降に国が買い取るものから、発行後1年経過すれば中途換金可能となります。
※2 平成23年東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者の方で、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じ、避難して継続的に救助を必要として災害救助法の適用を受けている市町村(岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県、千葉県 、長野県及び新潟県内の一部市町村)に居住されている方については、ご本人の氏名及び対象地域に居住していることが確認できる場合に、臨時特例措置として、罹災証明書等の提出がなくても中途換金ができます。適用地域は厚生労働省ホームページで確認することができます(今後、随時更新される可能性があります)。
[厚生労働省ホームページ(平成23年5月23日最新状況)]
 2011年3月24日報道発表資料「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震にかかる災害救助
 法の適用について(第11報)」→http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014j2y.html
2. 中途換金実施日は、中途換金を申し込まれた日を含め、おおむね4営業日後となります。
 中途換金実施日は、取扱機関に中途換金を申し込まれた日ではありません。中途換金実施日は、中途換金を申し込まれた日を含めおおむね4営業日後となります。
3. シミュレーション結果は目安ですので、実際の値と異なることがあります。
 この計算はあくまでも経過利子相当額及び中途換金調整額の目安となるシミュレーションです。実際の金額につきましては、中途換金を申し込まれた取扱機関にお尋ねください。
4.  ご利用いただくブラウザの種類等によっては、表示が崩れたりご利用いただけないことがあります。
 個人向け国債の中途換金シミュレーションは、Microsoft Internet Explorer6.0以上で動作検証しております。これ以前のバージョンや他のブラウザでは、表示が崩れたり、ご利用いただけないことがあります。
 なお、表示が崩れる場合には、文字のサイズを「中」に指定してご利用ください。
個人向け国債の中途換金シミュレーションのご利用方法やご利用条件、ブラウザの設定方法等につきましては、以下からご確認ください。
変動10年はこちら   固定5年はこちら    固定3年はこちら   ←でませなんだ


詐欺師、日本政府。。早くやめましょう利権に使われる国債
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。