スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府!財政悪化でついに起債許可団体転落!橋下前知事の財政再建はマスコミが作り出した虚構(ウソ)だった!大阪府はは破綻するにげろーーぅ てちゃんと払うものを「転出税」。逃亡に対する罰金だーーぃ

元記事ーー
大阪府が平成24年9月14日公表した健全化判断比率によると
実質公債比率が18.4%とはじめて18%を超え、大阪府が起債許可団体に転落した事が明らかとなりました。

平成23年度決算に基づく「」等(暫定値)について
http://www.pref.osaka.jp/zaisei/joukyou/14kenzenka.html

さて、ここで不可解に思われる方も多いと思います。
TVや新聞では大阪府は橋下さんのお陰で黒字になって
大阪府はよくなったんじゃないの?
橋下さんは大阪府の知事退任時「みなさんは優良企業の社員です」っていってたのに
嘘ついてるのはお前だろと!また橋下アンチのネガキャンかと!

誰が一体、どんな嘘をついているのか?それを証明する答弁が
大阪府、平成24年9月定例会本会議の9月28日(金)の 
自民党の出来成元(でき しげちか)府議の質疑の冒頭で明らかになりました。

大阪府議会議会中継(録画)
http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/

簡単に言うと大阪府の財政は橋下前知事の4年間で更に厳しく、悪化し
先送りされた財政再建を行なうためには今後、府民サービスのさらなる低下が必要であると言う
事実が大阪府民の前に現実としてのしかかって来たという事です。

その詳しい原因は後述しますが、まずは
橋下前知事は大阪府の財政を黒字にしたのに大阪府の財政はなんで4年前よりも悪くなるのか?
先の動画を見る前に2つの前提となる問題点を理解しないとわかりません。
自治体の財政の再建を考える場合、この2つの問題をしっかり理解していなくてはいけません。

1つは自治体等の公会計は民間と違い、複式簿記ではないので、借入金も収入としてしまうため
実際の収入と借入金の総額から総支出を差し引き、余ったお金である剰余金が発生すれば黒字となるのです。
我々の考える黒字とはそもそも定義が違うのです。
今月はお給料が足りないから、サラ金から借りて黒字よ、なんていう人は民間にはいませんよね。
自治体等の公会計は民間と違い、極めて借金に対して、いい加減な扱いになっているのです。

2つ目は自治体等の公会計は民間と違い、たくさん借金をすればするほど収入が増え
(単年度)会計収支上は黒字になる(とする?)ため、その結果、ますます借金が積み上がってしまう事です。

厳しさ続く府財政 債務6兆円超で推移(大阪日日新聞)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/120806/20120806044.html
結果、府の借金総額は膨れ上がり、平成29年(2017年)には総務省の基準に該当し
財政健全化団体に転落する見通しが大阪府から、新たに公表されました。
大阪府の財政、見通しは橋下前の知事時代より更に悪化しています。

財政状況に関する中長期試算〔粗い試算〕(24年7月版)
http://www.pref.osaka.jp/zaisei/araishisan/index.html


財政健全化団体は簡単に言えば国からイエローカードを突きつけらたという事です。
レッドカードの退場ではなく、あくまでイエローカードの警告ですが、
もし、そうなれば大阪府は財政健全化計画の策定・報告等を総務大臣に報告する等
厳しい管理化に入る事になります。見通しでは遅くとも数年後にはそういう厳しい現実が待ち構えています。

早期健全化基準と財政再生基準
http://www.soumu.go.jp/iken/zaisei/kenzenka/index3.html
財政の健全化・再生の手続き
http://www.soumu.go.jp/iken/zaisei/kenzenka/index4.html


では何故、こんな事になってしまったのか?誰が悪いのか?不況だからしょうがなかったのか?

先の動画で出来成元府議が明らかにしたのは不況でも橋下前知事がきちんとやりくりすれば
財政のここまでの悪化はさけられたと言う事です。
橋下前の知事は黒字だからと借金等で余ったお金の総額が4年で1600億あったのに
自らがやりたいWTC購入や給食の実施等の知事重点事業に、なんと使い込んでしまったのです。

自治体が借金をすれば、それを無理なく、かつ返済時に将来の若い人ばかりにおしつけないよう
世代間の公平性を図り、返済するために一定の積立金(貯金)をする事が義務ずけられています。
橋下前知事が問題にした橋下前知事の前の大田房江知事がきちんと積み立てていなかった事で
問題になった減債基金です。
だから私も含め財政に明るい筋は、借金で事実上の粉飾黒字なのだから余ったお金は使わないで
減債基金に積み立てしろと必死で言っていたわけです。

減債基金について
http://www.pref.osaka.jp/zaisei/kosai/fusai/gensaikikin.html

この減債基金への積み立て不足で実質公債比率という総務省が自治体の財政を評価する実質公債比率と言う財政指標が酷く悪化しているのです。
実質公債比率を悪化させないためには、大阪府がたくさん借金をすればするほど、積み立てる事が必要になります。
橋下前知事は当然ですが、この事を理解し、自らの主張として公開しています。

知事の主張
http://www.pref.osaka.jp/koho/chiji/230712_fushi.html

ところが出来成元府議の主張を松井大阪府知事も大阪府の事務方も認めているとおり
なんと橋下前の知事は借金ガンガンし、黒字にはするけれども、この積立金を全く増やしていなかったどころか
なんと積立金の必要額を大阪府の独自の基準で減らして、950億ほど回復させたという
とんでもない誤魔かしが行なわれていた事が答弁で発覚したのです。もう詐欺師も真っ青です。
むつかしいので解りやすく言えば、1000円貯金しなきゃいけないのに
その1000円の目標を勝手に50円にさげて目標額の950円は達成したと言っていたのです。
当然、こんな基準は大阪府独自の勝ってきわまりないローカルルールですから国の正式なルールからすれば
なんの意味も有りません。結果、減債基金積み立て不足額はは橋下前知事就任時より3914億から5547億と
4年で1632億円と増えてしまい。その1632億の積み立て不足額が実質公債比率を引き上げ、
大阪府の財政をがけっぷちに追いやってしまっています。

一体誰が悪いのでしょうか?明らかに正しい事を公表していなかったのは橋下前知事と大阪府です。
ですが政治家や行政が必ずしも正しい事を言う保障はありません。
橋下前知事がわざとであろうが、本人すらびっくりの状態であろうがそんな事はもはや言ってる状況でもありません。
橋下前知事をつるし上げたところで空しいだけです。そんなことで大阪府の財政は良くなりません。
世界には悪さをしても、捕まらないでのうのうと生きている独裁者もいます。
だから有権者は選挙で能力のある政治家をきちんと選び、さらにマスコミと議会はそれをチェックし公の場で公表し
有権者は監視せねばなりません。そう、なんの根拠も無くTVに出ていて知っているだけの人だからと
信用して、橋下さんを人気者だからと持ちあげて今も喜んでいる貴方がた有権者が悪いのです。マスコミも商売です
貴方がた有権者が喜ぶ事を言わないと商売になりません。

ようするに国民主権などと民主政体を舐めくさり、法の支配を無視し、
国家を自分万歳のエゴで私物化した、有権者の問題なのです。
人類が思いつき(理性)で何もかも理解してよい結果を出せるなら、
人類は4000年の歴史も待たず、地上に楽園を築いていたでしょう。
だが地上は楽園でありません。ただ4000年の有史(経験)だけが残って今があります。
理性ではなく経験に基づいて、立証するのが科学であり近代的な文明人の姿勢です。
そして歴史という人類の経験から、発見するのが法であり、その法を尊重するのが法の支配です。
民主政体とは法が主権者であり、国民ではありません。
憲法の何処にも国民主権などど書いていません。主権が存すると前文と1条に書いてあるだけです。
そしてその法が存する場合、国民が主権者であると言っているのです。
そして憲法12条ではそのために国民は不断の努力が必要といっているのです。

法の前提として、原則、当たり前の事は法に書きません。常に必要最低限なのです。
貴方は法に息をしないと書かれないとしませんか?可愛いあの子に恋しろといわれなければしませんか?
わざわざ法に書いてあるのはよっぽどなさねばならない重要な事なのです。
(法と法律は違うのでここでは、長くなるので、省きます。)

国民主権と偉そうに言う前に、貴方は自分の利益追求ではない
国や社会に貢献するような不断の努力をしたでしょうか?私はただその事を問いたいだけです。
これから、どうするか貴方がたが決めてください。

歴史から発見された法という、先人の知恵を尊重しなければ、先人の失敗を繰り返し再び
この日本は再び焦土となる事もあります。歴史は繰り返すのです。だから人は法を発見したのです。

自由や権利を得る事は実は奴隷よりもつらい事であると言う人も居ます。

そう大阪府も国も悪いのは日本は国民参加型の国民国家であるのに、
絶対的な王様気取りで、国民主権などど世迷いごとをまるで
中世の空念仏だけ言って、他人事のごとく、当事者意識皆無で救われると思い込んで、連呼し
何もかも人任せにしてたるんでいる、腑抜けている貴方がた有権者です。いうまでもありませんよね。
法は中立です。それに相応しい努力をするものを主権者として選びます。
法に逆らいつづければ、いずれ人類そのものが地上から消えるでしょう、ただそれだけです。


◆大阪が破綻すれば、住居を変えよう。>大阪から脱出が、一番。逃げ得ですか? そうはさせません。
もし大阪が破綻したら、逃げ出した人からも、きっちり「転出税」を徴収します。誰がそんなことを言っているかって?
橋下市長のブレーン、大阪市・大阪府特別顧問の土居丈朗・慶應義塾大学経済学部教授です。

■土居丈朗「国と地方:政府間財政関係の再設計」 独立行政法人 経済産業研究所

『破綻処理を行おうとする自治体は、然るべき地方税増税なくして、債務減免や金利減免を認めないことが必要である。その際、地方債の食い逃げ効果を阻止するため、固定資産税の増税とともに「転出税」を課税できるようにする。』
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/04j016.pdf
◆ちなみに「転出税」は金持ちだろうが貧乏人だろうが、所得や財産によらず大人も子供も同じ金額だけかかる。なぜなら、「転出税」は逃亡に対する罰金だからだ。

さらに「転出税」は地方自治体が借金を始めた時から、その住民が逃げ出すまでの時間に比例してかかる。貧乏人は、赤字の自治体からは早めに逃亡しておくことをお奨めする。

■土居丈朗「国と地方:政府間財政関係の再設計」
独立行政法人 経済産業研究所
『土居(2004)でいう「転出税」とは、地方債を発行してから償還するまでの時期に転出する人に対して、転出届を出す時点で課税する租税としている。個人を単位として課税(転出者の所得や資産等が対象ではない)し、税額は地方債の発行時(すなわち当該行政サービスの受益開始時)から転出時までに比例する形で課税する、としている。』 http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/04j016.pdf

こんなあほな橋したを信じた大阪の庶民が悪いのかーーぃ ま、こんな馬鹿を選んだのだから・・! 
致し方ありませんな><! 恥した、でしたかな。。


■ 凋落 維新 塾生見切り ついに政治塾もガラガラに 維新の会ミジメな凋落 (日刊ゲンダイ)20112・10・15

日本維新の会の代表、橋下徹大阪市長が今月15日、上京し、永田町で挨拶回りすることになった。ま、新党をつくり、国会でも新会派を立ち上げたのだから、当たり前といえば当たり前だが、落ち目の維新だけに「これまでは既成政党が擦り寄っていたのに、立場逆転だな」(野党議員)なんて笑われている。実際、維新人気の凋落はすさまじいNHKの世論調査では支持率2.4%`読売は2%と散々だし、維新政治塾も閑古鳥なのである。

今月6日、大阪アカデミアという研修センターで「維新の会」の政治塾が聞かれたが、参加者は仰天したという。
 「あまりにも参加者が少なかったからです。塾生は900人近くいますが、これまではいつも9割くらいが参加してきた。ところが、今回は2回にわたって開いたが、それぞれ参加者は250人くらいで、合わせて500人程度しか来なかった。空席が目立ちましたね。居眠りしている塾生もいて、何か、これまでの熱気がスーツと冷めていくのを肌で感じました」

 しかも、維新の会に参加人数を聞くと、「公表しないことになりました」なんて言うのだ。

政治塾はこれまで、改革派官僚だった古賀茂明氏など、それなりにネームバリューがある人が講師を務めてきた。しかし、古賀氏らは「維新」から距離を置き始め、この日の講師は浅田均政調会長。これじゃあ、人も集まらないだろうが、不人気の理由はそれだけではない。

「数え切れないくらいありますよ。政治塾に入った人の多くは、維新の会の公認が得られるのだろうと思っていた。少なくとも少しは考慮してもらえると思っていたら、そういうことは全然ない。しかも、費用は手弁当。橋下代表は『自立する政治家』を求めていて、『金がないなら政治家をやるな』と言わんぱかりです。維新塾の名簿も流出するし、執行部と国会議員の亀裂も露呈するし、揚げ句は支持率の急降下です。これじやあ、みんなちょつと待てよ、となりますよ」(ある塾生)

■橋元の口からホラも消えた

 こういう現状が分かっているからか、最近の橋下は全然、元気がない。
 「一昨日の会見も覇気がなかった。国と対決姿勢を示し、大飯原発再稼働に反対した頃とは別人です。あの頃は実現性はともかく、ものすごい政治的アピールカがあった。いまはただの人で、オッと思うことは何も言わない。結局、維新の会というのは大阪府知事の松井一郎幹事長を中心とした右翼政党で、橋下さんは人寄せパンダに過ぎないのではないか。そんな正体が見えてきました」(ジャーナリスト・横田一氏)

 松井幹事長といえば、自民党の安倍総裁と組もうとした黒幕とされ、エラソーな言動がとかく、物議をかもしている人物だ。小沢一郎の周辺には「橋下は松井を切れるかどうかだな」と言う人もいる。橋下維新の会は、いまや存亡の機である。   
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。