日本を変える、世界を変える。この地球という、人類が共存している、地球規模で人類が一つになる時なんです。 我々は、地球人@@ この美しい青い地球に住む、地球人です。 そう、この地球に住む人類は総て、地球人、国境は特権階級のために作られている、だから国なんて必要ない 地球それが、われわれ人類が住む国なんです。

世界は、資本主義は一部の特権階級の為にある
当然一般庶民は奴隷状態、それに気付かせない様にマスコミやマスメディアを使い、洗脳する
それが、現在の世界です。。うそ~~ぅ という人は、現在の日本を知ればいい

人類の生存を脅かす状態の福島東京原発。。その事実を知ってる人が日本人にどれだけいるのか??
人類の滅亡の可能性が4号機に潜んでいると・・! それを知ってても原発を推進賞とする日本の政治
司法、行政。原発の利権を知ってください。。 知ることが一歩です。

原発の、医療の、ゼネコンの政府機関の、そう現在では総ての金に関係する総てに利権と癒着が付きまとう。。
人を国民を捨石に、踏み台に、ゴミの様に扱ってでも、利権と癒着を作り出す構造それが現在の社会です

この利権と癒着の為だけの社会を変えるのは容易ではないでしょう。でも出来ないわけではないのです。
まずは、マスゴミの洗脳から、呪縛から逃れ、真実を知ること。

そして、この国を変えるための政治家を自分達で出す、日本全国で代表を出し、ツイッターやフェースブックなどでホローし、サポートする。


政治を、日本を変えるには、政治家を自分達で作る。。自分たちの代表を政治家にする。お金も掛けず、情報を
インターネットで全国に、日本中に、そして、世界に。。なぜなら、この利権と癒着社会は地球規模で現在は作られているのです、どうしてもこちらも、地球規模で進めないと出来ないのです。それだけ根が深いのです。

現在の社会、この地球は1%の特権階級に9%の富裕層(特権階級予備軍)そして、90%の奴隷で構成されているのです。奴隷一人一人はミソクソの力しかありませんが、しかし90%なんです。90%の内20%でも30%でも動けばそしてそれらが、50%に60%になれば、我々が勝利します@@! 勝てるのです

世界は一つなんです。当然人類も一つなんです。黒人も白人も黄色人種も、国境によって国によって人が
変わるわけは、ないのです。この地球に生きている人間は、総て、人間なんです。同じ人類なんです

人を、差別し分ける・・ 国を差別し分ける(発展途上国や先進国など)・・
これらはがなぜ作られているか、知るときです。1%の人達が都合がいいように分けられているのです
紛争や戦争を起こし、軍産複合体を儲けさせる為なのです。。

この地球は一つです。。この地球という国が出来れば戦争も紛争もなくなります。。 そうなんです、国とは
利権と癒着の為にあるのです。。

この地球という、人類が共存している、地球規模で人類が一つになる時なんです。我々は、地球人@@ この美しい青い地球に住む、地球人です。そう、この地球に住む人類は総て、地球人、国境は特権階級のために作られている、だから国なんて必要ない。地球それが、われわれ人類が住む国なんです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 一般庶民 - 2012年10月02日 12:38:52

一般庶民っていう、いくら攻撃しても許される特権階級もありますね。
オーストラリアに住めることがうらやましいです。

同じく、一般庶民どすどす - wincat - 2012年10月03日 16:21:05

一般庶民さ~~ん
新今宮スーパー銭湯に昨日行きました。。6時間ほどゆっくりと~~ぅとうとう

一般庶民は、弱い立場で。。 いつも特権階級に食い物にされていますね><!
でも、個々の庶民派弱いけど、みんなでどんどん集まり、大きなグループに、組織になれば
本当は、一番強い力をもてるのですが。。 特権階級は、むろんそれを一番恐れているので
いろいろな方法で、阻止してきます。。 でももう、そろりそろそろ庶民の怒りが爆発し
そうです、そんでやっと庶民が、立ち上がるのかもしれないですね。。

現実は、全て自分でクリエートしてる。。
もし、オーストラリアに行きたいならば、行けるのです。。
成功した人たちは知っているのです。。頑張ればできると@@! 誰でもそうなんです。。
一般蘇民さん」がんばりましょう

> 一般庶民っていう、いくら攻撃しても許される特権階級もありますね。
> オーストラリアに住めることがうらやましいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR