原子力規制委員会が発足、安全規制や危機管理の実務を担う。しかし、幹部には経済産業省など原子力を推進する官庁の出身者ばかりの原子力推進委員会

原子力推進官僚ずらり 規制庁が始動

 原子力規制委員会の発足に合わせ、事務局として安全規制や危機管理の実務を担う原子力規制庁が20日から本格的に業務を始めた。しかし、幹部には経済産業省など原子力を推進する官庁の出身者らが名を連ね、早くも「規制行政の信頼回復には程遠い人事」との指摘が出ている。

 経産省審議官から、原発事故などに対応する緊急事態対策監になった安井正也やすい・まさや氏(54)。資源エネルギー庁原子力政策課長だった2004年、原発の使用済み燃料を地中廃棄する費用を試算したのに「試算は存在しない」との国会答弁を作成したとして、厳重注意処分を受けた人物だ。

 審議官3人のうち、文部科学省出身の名雪哲夫なゆき・てつお氏(53)は核燃料取扱主任者の資格を持ち、旧科学技術庁の原子力局に勤務した経験がある。桜田道夫さくらだ・みちお氏(53)は東大工学部原子力工学科卒で、エネ庁勤務が長い。住民訴訟に対し、国の立場で原発の安全性を主張した原子力発電訟務室長だったこともある。

 残る1人の山本哲也やまもと・てつや氏(52)は経産省原子力安全・保安院から。東京電力福島第1原発事故には首席統括安全審査官として対応した。文科省とともに米国が提供した原発周辺の放射線分布地図を放置した問題で今年6月、「情報が共有されず、住民の避難に活用されなかったのは誠に遺憾だ」と記者会見で謝罪した。

 規制庁ナンバー2の次長には、内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室長として規制委や規制庁の設立に関わった森本英香もりもと・ひでか氏(55)が就いた。地球温暖化対策で原子力を重視してきた環境省が出身母体だ。

 このほか、初代長官には前警視総監の池田克彦いけだ・かつひこ氏(59)が就任。原子力地域安全総括官の黒木慶英くろき・よしひで氏(54)も警察庁出身だ。ともに警備部門の経験が長く危機管理への期待から起用されたが、市民団体関係者からは「デモの規制で本領を発揮するのでは」との皮肉も。

 黒木氏は改革準備室副室長として3日、滋賀県の原子力防災専門委員会に招かれた際、規制機関の在り方について「原子力に反対する人も入るのは、日本の場合、考えにくいのでは。一定の結論を導き出す議論ができるのか」と発言。委員から注意を受け、その場で陳謝したばかりだ。

 規制委や規制庁の設立経緯に詳しい海渡雄一かいど・ゆういち弁護士は「電力会社のとりこになった規制行政から脱却できる人事とは到底思えない。これで『原発は安全だ』『再稼働を』と言われても立地地域の住民は安心できないだろう」と話している。

元記事ーー中国新聞

日本国政府はこんな状況の日本でも、まだまだ、利権と癒着中心の政治と行政
日本を見限る時かも><! 日本中そして世界中に放射能をばら撒いても・・!
本当に放射能の影響が出る時まで、日本人はこのままなのだろうか
再再度、チェルノブイリ5年後の悲劇を・・! 今は症状も出ない
597582383_convert_20120706105503.jpg

ロシアは、その当時チェルノブイリを人海戦術を使ってでも早急に原子炉を石棺化した。それでもこれだけの被害
でも、日本政府は利権と癒着の為に原子炉を残そううと対応し続け、一年半が経つ。現在では1~3号機は
メルトスルーまで行き、地中に核燃料が落ち核反応を起こしてる。
そして、4号機には使用済み核燃料プールが、そこに1535本の核燃料棒。これまで放出された分の数倍~数十倍の放射性物質が。。それが傾き危険な状態><!4号機が それでも、こんな状況でも、利権が癒着が大切なのか?

「原発ゼロ」閣議決定見送り 民意に背信 またも
野田内閣は十九日、自らが掲げた「二〇三〇年代に原発稼働ゼロ」を目指す戦略の閣議決定を見送った。これからの政府の都合次第で目標を見直す余地を残し、戦略の具体策を決めるエネルギー基本計画にゼロ目標が盛り込まれない懸念も浮上。東京電力福島第一原発事故を心にとめて、国民の議論で導き出した原発に頼らない社会という目標をなし崩しにする恐れがある。 東京新聞

4号機、最悪の事態---核燃料棒が溶け、メルトダウンが起き、膨大な放射性物質が撒き散らされると、いまだ人類が経験したことがない悲劇が起こる可能性が。。! 人類が滅亡する可能性があると云われてる

日本は、世界を滅亡に導くのだろうか
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR