11、 世界三大パワースポット分杭峠に行く

分杭峠

実は話しが前後しましたが、実は東京成田INし、富士でヒーリングの講習を受けそして、分杭峠に行き、地元大阪に帰り、京都でヴィパッサナー10日間コースに入ったのです。。 そして、地元大阪でのんびりと過ごし、大阪から帰れば好いものを・・! なんででーーぃ 云うべきかなーーぃ 東京OUT、 へ!! なぜにーーぃ NO--ぅ 違いますがなーー! と。また東京まで遺憾ならん。。 なぜに、大阪関空OUTにせん・・! はい。。 間違えました・・! とんでも、東京成田OUTに。。!
と、遺憾ならんことに。。 いいつつ、これにも深~~ぃ 訳ありだったようで・・! まんず。それは次回のお楽しみにし。。分坑峠へといきたーーぃ。。

分坑峠 
200px-分杭峠石碑分杭峠入り口

『分杭峠は、長野県伊那市にある、南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にあります。
この分杭峠の周辺が「ゼロ磁場」という特異な空間であり、世界でも有数といわれる強力なパワースポットが発見されたのです。
平成7年に、元極学という中国政府が公認する気の研究団体の創始者で、著名な気功師の張志祥氏を日本の研究団体が招いて調査したとき、張氏が発見したのが、この「分杭峠」です。
張氏は、中国で奇跡を起こす場所として有名な湖北省の「蓮花山」を発見していますが、氏は調査で訪れたこの分杭峠が、蓮花山にまさるとも劣らない良好な「気」が出ている場所だと明言したのです。
パワースポット「分杭峠」は、日本最古で最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあります。
この中央構造線は、九州中央部から四国北部、紀伊半島を通り、愛知県東部から北上して、諏訪湖付近でもう一つの巨大断層のフォッサマグナに分断され、さらに関東地方に続く、陸上部分だけで全長1000kmにも及ぶ大断層ですが、両側の地質の全く異なる地層がぶつかり合っていて、言わば「地球のエネルギーが凝縮されている所」です。
この巨大断層が、分杭峠に「ゼロ磁場」という特異な空間を形成し、そこに「気」を発生する「気場」ができていると考えられています。
また、不思議なことに、中央構造線上には諏訪大社、伊勢神宮、石鎚山、阿蘇山など重要な聖地やパワースポットが多く、国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られているとのことです。 』

と、こーーゆ~~ぅ所なんどす。。でもって、それでは行くべし。。べしべし と行きよりました。。
詳しくはこれだーーぃ http://bungui.fineup.net/  ←特に参考になる
富士からは、JR特急ワイドビューふじかわ5号で、甲府へ。甲府から特急スパーあずさ15号で茅野。。いや~~ 電車の旅もなかなか好いもんどすなーー!! 駅弁に、車内販売なんかもあり@@!! うし、うししーーぃ と、電車の旅を3時間ほど楽しみ、茅野からはレンタカーでやんす、バスが有ったのが亡くなりました。。ご臨終。。 致し方なくレンタカーなのだーー
ま、ドライブも好い。。良い。。善い と云いつつ、分坑峠に到着。。
今日の宿泊場所の、入野谷にチェックインし荷物を置いて、まずは分坑峠へ。。車だとそれほど時間かからず到着。。眺めがよかった。。
分杭峠7分坑峠御近所の風景

先ほどのホームページにあった通り、表の所はあまり気が無い。。そんな気が無い所。。なのだそうで、裏のほうからこそこそ、そこそこ、入ったところに在るのが本当の氣場なのだそうで。。当然、そこそこ、こそこそ、そこに行きよりました。。徒歩数十分。。これだーーぃ
003分杭峠縮小本場気の出る所

本当の気の出る所。。色々な人が来てました。糖尿病が治ったと言うおじさんや体調がよくなるので時々、どきどき来るというご夫婦、などなど。。それとポリタンクを持って、水を汲みに来る人がいました。。気を含んだ水ですごおーーく、体に良いのだと。。そしてここでのんびり、ビリビリーーぃ 気を堪能致し、旅館に帰ったのです。。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年05月22日 19:44

まとめtyaiました【世界三大パワースポット分杭峠に行く】

分杭峠実は話しが前後しましたが、実は東京成田INし、富士でヒーリングの講習を受けそして、分杭峠に行き、地元大阪に帰り、京都でヴィパッサナー10日間コースに入ったのです。。 

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR