スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室井佑月氏が「信用できないのに税金を預ける馬鹿がいるか」と政府に憤る | 週刊朝日

消費増税のための一体改革法が成立した。作家でコメンテーターの室井佑月氏はその前にするべきことがあるといい、政府に「腹立つ」といっている。

*  *  *
 野田内閣は増収分13兆5千億円は、すべて社会保障財源に充てるといっているが、自民党は10年間で200兆円インフラ投資を柱とする「国土強靭(きょうじん)化基本法案」を提出した。公共事業だ。

 自民・公明がそういってるんだから、野田さんは言い訳しながらそれに従うだろうと思われる。あの人、この先、民主が駄目になっても、自民には歓迎されて迎えられればいいんじゃないの? まあ、それはあたしの勝手な臆測であるが。

 話を公共事業に戻して。たしかに、この先、絶対に必要な公共事業はあるだろう。壊れて危ない道路や、橋の補修などだ。

 でもあたしは、先に200兆円という予算を決めて......、というところが本当に嫌だ。どうしてまだそんな古くさいことをしようとしているんだか。今までの悪事はもうバレてますよ。

 なんでこの国が借金まみれになったのか。無駄な公共事業に馬鹿みたいに金を注ぎ込んだということも、大きな理由の一つだろ。

 つまり、金(税金)を預けるところが信用できないわけ。信用できないのに、喜んで金を預ける馬鹿がいるか。消費税増税を強引に進めたりして、彼らはうちらを馬鹿認定しているみたいだけど。腹立つ。

元記事ーーhttp://www.wa-dan.com/article/2012/08/post-863.php

増収予定分の13兆5000億は、すでに資金提供で国外に放出済み。
IMFに資金提供したって、ユーロ圏は、日本に助けられたなんて思ってない。救世主のように振舞うのは、さて、どちらのお国でしょうか??
ネット中継で聞いていて、正直、野田さんを、グーで殴ってバカスカバカスカ殴りたいと。
こんなー一!! 大事を大メディアは国民に報道しましたか?
消費税増税を成し遂げた勝氏は、財務省の誇りだね。8000万の退職金と賞賛で、ほとぼり冷めた頃、IMFに天下りでしょうーーぅ 
利権と癒着が国家の基本 
国が何の為にあるのか考える時期です。。 国がなくなり地球という規模で考えると本当に税金はほとんど
いりません。。 戦争も紛争も必要無く、国民を中心に考える政治がどういうものか ><!! 
なぜそうしないかを考えてーーぃ

一部の特権階級=1%が自分達の利権と癒着の為に国というクサリを継続しているそして、90%が搾取される為に操作されている http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-19.html  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。