スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李明博の竹島上陸に思う。日本の国会議員の60%以上が半島系在日帰化人なのです。帰化人の国会議員は韓国を祖国と思っているでしょう。日本の国会から売国帰化人を追い出さなければいけない

最初に韓国が竹島を奪おうと動いたときに、”遺憾である”で済ました日本政府の責任は非常に大きいです。その時からしっかりと領土を防衛すべきだったのです。最初に日本政府が韓国人に竹島に足を踏み入れさせたから、日本は負け犬と判断されたのでしょう。日本政府は、韓国に完全に甘く見られてきました。そして、韓国にこれほどに甘い政府であるため、領土問題や他の面倒な問題があるにも関わらず、韓国に対する経済(金融)支援は惜しみなく続けてきました。何しろ韓国に資金援助した方が負けなのです。援助したお金など返ってきませんし。彼等は当たり前のように、日本からの資金を奪うのです。
日本は政治的に利用され続けています。なぜ、それほどまでに日本を利用できるかというと、日本の国会議員の60%以上が半島系在日帰化人なのです。また、重要省庁には、半島系のカルト教の回し者がいるようです。帰化人の国会議員は韓国を祖国と思っているでしょう。そのため、韓国が竹島を奪っても、資金援助を要求してきても、日本で好き放題のことをしていても、祖国に対する愛着の念は変わりません。
また、韓国はお金が大好きな日本の国会議員に裏金を渡していると思います。そのため、国会議員は韓国に対しては何も言えません。しかも、今回、李明博が竹島にどうどうと上陸しても、日本政府(民主党政権)は言葉で強く抗議し断固とした意思表示をしたかのように見えましたが、実際は、全てがパーフォーマンスなのです。そのように表明して、国民を騙しているのです。
何しろ、竹島や対馬も韓国にあげてしまえ、と思っている帰化人国会議員がいるのですから。民主党だけでなく自民党や社民党、公明党にも、帰化人が多くいます。かつて自民党が政権与党であったころも、領土奪還もスパイ法も離島の防衛も、外国人による不動産買収に関しても、何の対応も法整備もしてきませんでした。
このような無能な日本政府が外国にいかに甘く見られているかが分かります。特に韓国には100%、目下に見られています。
日本政府は今回も言葉を発するだけで、他には何も行動に移さないでしょう。
日本(特に政府と国家議員)は韓国に支配されていると言われても過言ではありません。そして韓国を支配しているのが、アメリカの支配者、偽ユダヤ人達なのです。
メドベージェフが北方領土に上陸したときも、日本政府は遺憾である、と言っただけで終わっています。なぜなら、日本政府は北方領土はロシアから取り返せないと、逃げ腰外交しかできないからです。日本で一番無能な連中は国会議員です。

今後も相も変わらず日本はやられっぱなしだと思います。竹島も完全に韓国の統治下のごときに見えてしまっています。そのうち対馬も占領されるかもしれません。尖閣諸島も政府は守り続ける気持ちがあるのでしょうか。特に民主党は、沖縄も中国にあげてしまえと考えている議員がいるのです。日本は売国左翼議員や活動家の溜り場です。まあ左翼も右翼も同じ穴のムジナですがね。。。

まずは、日本の国会から売国帰化人を追い出さなければ事は始まりません。そして嘘っぱちの自虐説に基づいた情報に疑問を持ち、お金のかからない政治システムを作り、日本人による日本人のための政治を行わない限り、このような領土問題についての嫌がらせは続くでしょう。いくら日本人がこのことに憤慨しても、政府は何もやってくれません。一般国民ですらメディアの推す韓流に騙され、反日韓国が大好きで、韓国旅行や韓国料理を楽しんでいるのですから。不衛生な韓国産食品など気にも留めません。

結局、日本の大元の部分が変わらなければ、このような領土をめぐった嫌がらせは今後も続くと思うのです。国民一人ひとりがもっともっと真実を知り、賢くなるしか方法はありません。


http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/?p=2より転載
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

邪馬台国 下関 - 2013年01月28日 00:39

李明博は騙された

似て非なる事 http://14819219.at.webry.info/201301/article_3.html http://14819219.at.webry.info/201211/article_1.html

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。