関東地方在住者は3年後に80%が死亡か・・! 東京の一部とか千葉のディズニーランドなどは放射線管理区域と同じレベルの汚染・・!

ウランによる健康被害は良く分かっていない。
ヤブロコフ博士の「チェルノブイリ」でも、ウランに関する記述はほとんどない。
漸く最近になって、劣化ウラン弾による健康被害が出て、ウランの怖さが一般的な認識になりつつある。
当方は、濃縮ウランの怖さについて、バスビー博士がイラクで行った健康被害調査によって初めて知ることができた。

それから、こんな情報が流れている。
>関東地方在住者は3年後に80%が死亡か   2012年2月20日 サイエンス
現在、関東地方に在住している住民の80%が放射性物質によって3年後に死亡する。そんな驚愕のデータをベラルーシ共和国放射線対策委員ヨハネスク氏が発表した。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/1489cc75eb3e4fc9a6e094ab321b7c72

少し調べてみた。
ベラルーシ共和国放射線対策委員は、Jacov Kenigsberg博士で、ICRPと関係が深い。
http://www.unscear.org/unscear/en/about_us/bio_j-kenigsberg.html
日本原子力安全委員会のサイトにも、彼の論文がある。
http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/kinhibakusympo/session12.pdf

雑誌サイエンスには、該当するものがない。
http://www.sciencemag.org/content/by/year/2012#335
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR