犯罪者が国を治める国家、日本国 。。他国なら退陣即逮捕となる怪しさ芬々 <献金87人の職業を「虚偽記載」の重大疑惑> (日刊ゲンダイ) 

他国なら退陣即逮捕となる怪しさ芬々 
http://gendai.net/articles/view/syakai/137986
2012年8月4日 日刊ゲンダイなどより

9677.jpg


 自棄で暴走を始めた野田首相

<献金87人の職業を「虚偽記載」の重大疑惑>

 なぜ、国会や大マスコミが騒がないのか不思議だ。ドジョウ首相の「政治とカネ」「黒い疑惑」が次々に発覚しはじめている。

「野田首相 前後援会長は21億円を詐取していた」――という週刊文春のスクープは衝撃的だ。
 首相の有力スポンサーである医療グループのオーナーが、診療報酬を不正請求し、年間21億円も騙(だま)し取っていたという。患者の保険証を無断でコピーするなどして不正請求していた。不正請求はレッキとした犯罪である。
 首相とオーナーは相当、深い関係だ。分かっているだけでも905万円を献金している。献金の見返りなのだろう。野田も、彼が園遊会に出席できるように、総理枠で推薦するなど便宜を図っている。
 よほど義理があるのか、総理就任後も、オーナーが創立した「政経倶楽部」という団体にまで顔を出している。野田は「政経倶楽部」についてこう語っている。
〈私が、今、定期的に毎月出席している例会は、唯一「政経倶楽部」だけです。月に1回ですと、もうブレーンに近い存在でしょうね〉
 ここまで肩入れするのは異常だ。いったい、2人の間になにがあるのか。相手は21億円を詐取したとされる人物である。
 まだ明らかになっていない「癒着」があるのではないか。

「黒い疑惑」は、それだけじゃない。長年にわたってデタラメな「政治資金収支報告書」を提出していたことも明らかになってきた。
 虚偽記載の時効(5年)が過ぎていない2007~2010年だけでも、「報告書」に載っている個人献金者87人の職業を偽って記載していた。たとえば、首相の地元・船橋市の選挙管理委員会の事務局長は「会社役員」とされていた。100人近くも職業を偽るのは、単純なミスじゃない。意図的なのは明らかだ。隠さなければならない理由があったのは間違いない。
 野田首相をよく知る人物が言う。
「ああ見えて首相は、“黒いカネ”にまみれているのが実態です。つい最近も、暴力団関係者に便宜を図って逮捕された葬儀会社の社長から140万円のカネを受け取っていたことが発覚しています。県議時代から貧乏だった首相は、ダボハゼのようにどんなに怪しいカネでも平気でもらっていた。もし、大手メディアが本気で調べたら、仰天する『政治とカネ』のスキャンダルが出てくると囁かれています」
 ありもしない小沢一郎の「政治とカネ」を騒ぎたててきた大手メディアと東京地検は、ドジョウ首相の「疑惑」こそ追及すべきだ。
 どんなにダーティーな首相でも、韓国などと違って、日本では辞めた後に逮捕されることはまずない。しかし、ドジョウ首相の「疑惑」は、他国なら検察が動いておかしくないものだ。


犯罪者が国を治める国家日本国

野田、前原、玄葉、安住、仙石、枝野、政権与党のうま味は、蜜の味。貧乏野党の時代から権力を握ったらやっぱり利権、お金に走る。自民党の政治家と同じ。経験、実績が無い分、自民時代以下、


最近は、かなりテレビ報道の矛盾に気づき始めている人も増えたんではないだろうか。
ちなみに、野田ブタ¥首相に関与している歯科医師の男は20億円の不正請求をしたと報道されている。
小沢氏の4億円は、事実無根の名誉毀損報道によって作り出されたが、結局、検察は白を結論せざるをえなかった。


日本と言う国はどんな所^^! 小沢氏篇
最高裁事務総局、東京地検特捜部の犯罪でっち上げ><!
最高裁事務総局、東京地検特捜部は、検察審査会の議決議事録を隠蔽
最高裁事務総局、東京地検特捜部、検察審査会の出席簿をいつまでも、隠蔽

検察が捜査して、何も違反は出てこなかったそれで><!
強引に犯罪をでっち上げるために、最高裁事務総局、東京地検特捜部がねつ造。
検察審査会で、起訴を行う権限は認められていない。これは、憲法違反・・!

日本は政府機関(官僚・政治家・司法・行政)により、やりたい放題の国><! 何でも有り~~ぃ
政府機関自体がマフィアなのだーー 野田ーー!
この国、日本国は国の基本、政府機関が腐ってる

特捜検察はアメリカの飼い犬。野田ブタは彼等の覚えめでたいポチ、野田逮捕に首を縦に振る事はないな。。
だろ~~ぅか?? 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR