スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカと共謀して世界的な破壊計画を実行しようと躍起になっているイスラエル政府ですが、国内でも非常に不安定な状態が続いています。

アメリカと共謀して世界的な破壊計画を実行しようと躍起になっているイスラエル政府ですが、国内でも非常に不安定な状態が続いています。自国イスラエル市民による抗議デモが継続的に続いているのです。イスラエル政府の面々と一般のイスラエル人は違います。イスラエル政府で権力を握る独裁者達は、イスラエルではほんの一部のカバル・アシュケナージ(ナチス)偽ユダヤ人なのです。一般のイスラエル人は、政府に虐げられてきました。一般のイスラエル人は、パレスチナ人を嫌っていません。仲良く暮らしたいのです。イスラエルの現状もアメリカの現状もとても似てきています。同類の支配者達によって支配されている国々だからです。まさに、世界は夜明けの前の暗闇の状態です。
http://beforeitsnews.com/global-unrest/2012/07/israelis-under-siege-by-tel-aviv-regime-american-author-2422713.html
イスラエルでは社会的不公正を訴え、多くのイスラエル市民が抗議デモを行ってきましたが、ついに、自国の政府によってデモ隊が包囲されてしまいました。
イスラエル市民は、物価高騰、社会保障予算の削減、そしてほんの一部の金持ちによる寡頭政治の下で経済が支配されていることへの反感から抗議デモを行い続けてきました。

57才のデモ参加者、シルマンさんは、去年からの生活苦と社会的不公正を訴え、抗議デモに参加し続けてきましたが、7月14日のデモの最中に、自分の身体に火をつけ、全身火傷を負って死亡しました。


彼の小さなビジネスが上手く行かなくなり、国民保険機構と争いをしたあげく、借金返済のために所有していたトラックの全て、銀行口座の預貯金、そしてかつて彼の母親が共に暮らしていた自宅まで奪われました。数日前、イスラエル市民は、テルアビブの国民保険機構の事務所を攻撃し、放火しました。国民保険機構は、シルマンさんの金銭的な問題を解決せず焼身自殺に追いやったとして責められました。
日曜日には、45歳の身体の不自由な男性が、テルアビブから15キロ離れたイェフドの街で、同じく自分の身体に火をつけて抗議をしました。彼は身体の80%以上の火傷を負ったと言われています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。