福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖・・3.11当初から非難を言っていたが・・! ここまで来てもまだ政府は何もしていない状況に怒りを通り越して

2012年06月13日 | 日記
 私の知り合いが、福島県から三重県にやっと避難しました。それほど仲の良い人ではなかったけれど、放射能は怖いと感じた出来事があったそうです。

 彼女の住んでいた福島県の○○市の、勤務先である病院で、7人の妊婦のうち、5人の胎児が流産、ダウン症、奇形児だったそうです。

7人の内訳

・ダウン症 2人
・指が6本の子供  1人
・無脳症 1人
・流産  1人
他2名は当時の段階でまだ4ヶ月とかなので経過観察中。

 同じ病院内でこんな確率はあり得ない、と恐怖を感じたそうです。専門家たちの経験と知識で、やはり放射能の影響としか考えられないとの結論だったようです。

 やっと旦那さんも理解してくれて、家族で避難したとのこと。

 放射能でなければ、毒物混入無差別テロしか考えられなくなります。

さいたま赤十字病院の小児科医4人全員が今年の秋までに退職の意向らしいです。
理由は明らかにされていませんが、もしかすると、危険に気付いて…。


2012-07-12 09:24:40
こうなることは最初からわかっていました。
それでも安全を宣言する国のやり方が信じられません。

今、全国の放射能の安全基準は100mシーベルト。
基準の100倍です。食べ物や飲み水の基準も世界から非難されてる数値です。
九州が比較的きれいです。子供が欲しい方は九州へ避難してください。

組織人からの卒業・・・ (Unknown)
2012-07-12 11:29:48
組織に属していると なかなか行動しにくい国民性があるでしょうが、現在起きている危機に立ち向かうには一人の人間に立ち返り行動していくことこそ新しい道が見えてくる気がします。勇気は要りますが、組織の中で過ごす苦しさに比べれば細い流れでしょうが川が出来る気がします。自分を大切にすること それが他人へのいたわりの気持ちへ続いて行くと思います。 退職された医師の方々の行動 生意気ながら感謝します。

福島県は「死灰の街」になった
より・・  ぉお~~ぃ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- - 2016年05月04日 13:44:32

考えが飛躍しがちで気持ち悪いわ

Re: タイトルなし - wincat - 2016年07月17日 21:42:45

> 考えが飛躍しがちで気持ち悪いわ


見てみぬふりするーーぅ

そんな人間にはなりたくない

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR