今は中国より酷く北朝鮮とマジに変わらない嘘だらけの国民を舐めきった日本超バカメディア 不思議に思わない羊国民と言える??

世の中を悪くしているのは、世界中、マスメディアで、投票すべき人間とそうじゃない人間も、社会の空気も、何を買うべきか、何を思うべきか、どう考えるべきか、どういう意見が皆に受けるか、どう金を使うべきか...すべて、数え切れない繰り返しで繰り返しで、洗脳、マインドコントロールをしてきている。
 バカな大勢の民草は考えすぎだと嘲笑うだけで、相手にもしてくれない人間ばかりだった。

 彼らは戦争さえ起こしてきたし、株の暴落さえ起こしてきた。

 6.29の反野田政権、反原発デモは15万人から20万人で坂本龍一まで演説しても、NHK (放送法ではNHKに放送料を払う義務はない。あいまいにして、国民から金を騙し取っている。)や日本に正力売国奴の原発を推進してきた日本テレビ、読売新聞は報道もせず、他のマスメディアも大した取り上げるわけでもなく。ここで国民の側じゃないのがハッキリしているのに、実際、何もわかってない人で日本は溢れている。

 意識をマインドコントロールで去勢された日本国民は、バラエティー番組で、仕事以外は中学生レベル頭脳に調節されて(教育、マスメディア、食品の化学薬品、電波の周波数...などなど)、増税、原発再稼動に持って行かれた。

 日本国民は仕事は確かに世界一のレベルだろう。

 しかし、それ以外の思考能力は、マス メディアに刷り込まれた知識の記憶は得意で、教養がある人間でも大勢は、偉そうに記憶力を見せびらかすだけで、実際は何もわかっていない12歳児(マッカーサーが言った)のレベルだ。

 日本人のメンタリティーは洗脳されて「心配=恐怖」が行動原理だから、自分の感覚を、Feelingを、違和感を、何か腑に落ちない事を、自分の中のセンサーを信頼することも出来ず、バカなMIND=思考と常識と雑念と他人の目が気になって、正しいことも出来ずで、未来の不幸が見えない。
 原発問題がどうしようもないレベルに行って初めて目が覚めるのか、それさえも気づかないで、バラエティー番組で、常識(どうやって考えるのか、何を考えるのか、何を買うのか、皆からまともな人間に見られるには何を知って居たらよいのか、知らないほうが良いのか)を仕入れて、彼らの望む正しい常識的なお利口さんなバカな社会人になっていくのだろう。それを自分の子ども達にまた洗脳(教育)する超残念な常識的な大人たち。

権力の手先の正体を完全に暴露 まともな識者の正しい見方を知りたい (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/648.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 08 日 00:15:34: igsppGRN/E9PQ

権力の手先の正体を完全に暴露 まともな識者の正しい見方を知りたい
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6290.html
2012/7/7 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

衆院通過の翌日には中間所得層へ負担増懸念などと言い訳を書いているがこの反国民性がこの国の権力のやりたい放題の元凶である

この4カ月間、われわれは恐ろしい政治を見せつけられてきた。
公約になかった裏切りの消費増税に「命をかける」とわめく首相。国民の生活に最も深く関わる政策なのに、「法案が成立した後に民意を問えばいい」とうそぶくナメた態度。

それだけじゃない。総選挙や参院選で敵対した自民党と平気で手を握ってしまった談合翼賛政治。それに文句も言わず、唯々諾々と従う与党議員の無気力とテイタラク……。抵抗する小沢グループの追放劇が仕上げだったが、この4カ月、繰り広げられてきたことは、民主主義の否定と狂気の連続だった。

普通なら、こんなデタラメ暴政は許されないし、うまくいくわけがない。だが、現実は大増税法案が成立確実の情勢だ。

どうして狂った政治が“王道”を歩めるのか。簡単なことだ。全面的に大マスコミが加担したからである。
国民に偏った情報、誤った情報を与え続け、焦点をすり替えてしまったから、こんな国家総ぐるみの大ペテン政治が可能になったのだ。

「もともと日本の大マスコミはずっと権力の手先だったのです。その本質は、敗戦という重い教訓を経ても変わっていない。大マスコミが民意を操作しながら、国家がやりたいことを遂行させていく。そこに国民性、大衆性の視点はない。その正体を嫌というほど見せ付けられたのが、今回の消費増税国会だったのです」(政治評論家・森田実氏)

◆メディアはいつも勝者側に立つ
大マスコミに使われている御用学者やコメンテーターは口をつぐんでいる。だが、まともな感覚の識者たちは、大マスコミの大罪を許さない。評論家の佐高信氏は言う。
「マスコミの最低限の役割は、絶対に大政翼賛会にしないようにし、民主主義を守ることです。

ウサンくさい3党合意を批判することもなく、増税を後押しするような報道は、国会はいらないと宣言しているに等しい。

そもそもメディアは弱者や少数意見に耳を傾け、それを積極的に取り上げるような立ち位置を取るべきなのです。しかし、現実には多くのメディアが既得権益の勝者側に立って報じている。異様な状況と言わざるを得ません」

日本金融財政研究所所長の菊池英博氏もこう嘆いた。
「05年、小泉郵政選挙を取材したニューヨーク・タイムズの記者が『日本のマスコミはみな自民党路線』と驚き、『日本のマスコミは中国や北朝鮮と同じレベルで、韓国や台湾の方が民主主義がより進んでいる』と報じていました。その後、政権交代がありましたが、マスコミのレベルは当時よりますますヒドくなっているように感じます。政権と大企業への迎合報道ばかりです」
政治家と一緒で、大マスコミの質も落ちるところまで落ちているのだ。

◆いっそ「財務官僚に記事を書いてもらえ」の声
経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう言った。
「増税実現に手を貸してきたマスコミは、“増税は国際公約だ”という言い方もしていました。
野田首相が昨年のG20で公約した以上、実現しないと国際的な信用がガタ落ちになるというのです。
しかし、その国際会議はギリシャ問題でテンヤワンヤだった。誰も野田首相の公約なんて覚えていないでしょう。そもそも日本が財政危機だと思っている国もない。日本国債が買われていることが何よりの証拠です。消費税問題を報じる新聞の論調は、増税が最重要課題である財務省の言い分ばかりです」

「増税しないと国債が暴落する」「財政が破綻する」というメディア報道も、もちろん財務省のお膳立て。「財務省にとって都合の悪い事実」は報道しない。それが大マスコミの政治部・経済部の不文律だ。

だから、97年に消費税が3%から5%に上がった時は景気が急速に悪化し、税収も激減という厳然とした事実があるのに、増税による悪影響をきっちり検証しようともしないのだ。
「まず、消費税の議論を担当する記者が無知という問題がある。財務省の言い分をうのみにするだけで、増税で中小企業がどれだけの打撃を受けるかという想像力も働かない。情けないし、だらしない。当局の言い分を垂れ流すだけなら、財務省の人に書いてもらえばいいのです。一方で、財務省が何十年もかけてマスコミを洗脳してきたという側面もあります。増税反対派を一人一人“折(しやく)伏(ぶく)”し、それでもダメなら国税庁という“実行部隊”を使って潰してきた。実際、消費税アップに批判的だった東京新聞にも税務調査が入りました。“日本人はバカだから俺たちがカネを差配してやる”“逆らうヤツは捕まえてしまえ”というおごりがある。そういう歪んだ権力の意識をマスコミが共有していることが恐ろしい。そういうマスコミが、新聞は活字文化だと言い張って軽減税率の適用を求めているのだから呆れます」(ジャーナリスト・斎藤貴男氏)

◆今の大新聞は「3党広報紙」
衆院で増税法案が可決された翌日、朝日新聞以下の大新聞は「負担増 中間層を直撃」「景気が落ち込む恐れ」などと、取ってつけたような増税批判をしていた。

法案が可決するまで「やれ、やれ」と煽(あお)っておきながら、成立が確実になると、庶民の味方ヅラするのである。毎度のことながら、ウンザリさせられる二枚舌だ。
前出の佐高信氏は「単なるアリバイ作りです」とこう切り捨てた。


「本当に問題意識があるのなら、国民生活への打撃を法案通過後に書いてもしようがないでしょう。こんなメディアであれば、政府広報と変わらない。今の大新聞は3党広報と呼ぶべきです」

権力に対峙してこそのジャーナリズムなのに、完全にその手先になって恥じもしない。
日本のメディアに国民目線なんて期待しても土台ムダということだ。それならそれで、スポンサーである大企業や政府と仲良くして儲ければいい。

原発再稼働もTPPも、何でも国家とつるんで推し進めればいい。
国民生活が破綻し、読者・視聴者が誰もいなくなってメディアが滅びるまで、この連中につける薬はないし、目を覚まさせることも絶望的なのだ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年07月08日 23:54

まとめtyaiました【今は中国より酷く北朝鮮とマジに変わらない嘘だらけの国民を舐めきった日本超バカメディア 不思議に思わない羊国民と言える??】

世の中を悪くしているのは、世界中、マスメディアで、投票すべき人間とそうじゃない人間も、社会の空気も、何を買うべきか、何を思うべきか、どう考えるべきか、どういう意見が皆に...

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR