11歳の少年による的確な指摘、「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」





彼が11歳にして食糧システムに興味を持ったきっかけは、彼が想像していた食糧システムと、ドキュメンタリー番組や旅行先で見た現実とが全く違うものであったからです。

彼の想像では、牛や豚などの家畜はきれいな牧場で芝生を食べながら幸せに暮らしているというものでした。

しかし、上で述べたようにドキュメンタリー番組や旅行先で、産業化された食糧生産の仕組みを目の当たりにしたといいます。

例えば、遺伝子組み換え。 この言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思いますが、実際にどのようなものかを分かっている人は実際どのくらいいるのでしょうか?

彼は小学生ながらに、分かり易い例で説明してくれます。

例えば、魚からDNAを取り出してトマトに埋め込むこともそのうちの一つです。 その種子は植えられたあとどんどん成長していき、人間の体にがんやそのほかの問題を引き起こすことが発見されています。

さらに彼はもう一つの例として、遺伝子組換のとうもろこしを食べたねずみの肝臓と腎臓から毒素が検出されたことと、それが腎臓の炎症、病変や肥大を引き起こすことを例に挙げました。

彼は、こういった自然の理論に反していることが実験室の中で行われていることに恐怖を感じ、違和感を持ったのです。

そのほか、化学肥料、殺虫剤、除草剤といった化学物質を食べ物に使う事や、食べ物に放射線を当てて日持ちをよくするといったことも、食物に起こるべきではないことだといいます。

なぜならこれもまた、自然に反する行動だからです。

そしてさらに、彼はこういった遺伝子組み換え薬品が使われている食品ほど、カラフルなパッケージやかわいいおもちゃが付いていて、子どもや親が好むように作られていることに気付いたと言います。

このように子どもや親が好むため、テレビでの広告や学校でもそういった食品を見ることが多かったそうです。

そこで彼はどうすればこういった状況を変えられるのか、どうすれば彼が想像していた自然のままの食糧システムを作ることができるのか、ということを考えました。

彼が知っている農家の中で「変わり者の農家」と言われている人がいました。その農家は薬品や、遺伝子組み換え種子を一切使っていないために「変わり者」と呼ばれていたそうです。

そこで彼も、以前まで抱いていたフットボール選手の夢ではなく、「変わり者の農家」のおじさんのように有機農家になるという将来を選択しました。

そして、消費者は地元の生産者が作った農作物を買うなどしてこういった食糧システムの流れを止めることができます。 しかし、よくこう言う人がいます。

「地元でできる食品は高いのではないか?」と。

しかし彼はこう言います。

「高くても地元の野菜を買って農業従事者にお金を払うか、病院にお金を払うかだ」と。

筆者も、11歳ながらのストレートな考えに思わず「なるほどな」と感心してしまいました。

そして、こういった考えを広めることもまた、大事だといいます。 彼は6才のいとこをはじめ、周りの人にこのような考えを広め、周りの人の変化をしっかり見ることができたと言います。

食べ物はわたしたちの体をつくるものであり、その体は生きていく上で必要不可欠なものですよね。 そんな体をつくる食べ物や、食べ物ができる過程をしっかり見つめ直していくことはとても大事だと思います。

そして筆者も一個人としてこういった見解を広めることが大事だと思うので、たくさんの人にこの記事を読んで、彼のTEDトークを聞いていただけると嬉しいです。

------------------------------------------------------------------------------
11歳でも気付いています。。

前回の、”モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。”
と同様、もう気付いている。 
そして、自分から行動して下さい。







スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR