スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を放射能汚染で亡ぼそうとしているのが・・日本政府 安部ーー! ①

文部科学省がセシウム汚染地図を公表 ~チェルノブイリの「汚染地域」以上の深刻
福島・栃木・群馬は人がいてはいけない、強制移住の汚染地帯

文部科学省が群馬のセシウム汚染地図を公表 ~チェルノブイリの「汚染地域」以上の深刻


黄色い所が年間被曝線量1ミリシーベルトを超える地域 ■本来、入ってはいけない危険地域です。福島県外の首都圏にまで及んでいる  テレビ東京「特命Dが行く!」より

■黄色い所が年間被曝線量1ミリシーベルトを超える地域 ■本来、入ってはいけない危険地域です。福島県外の首都圏にまで及んでいる


【日本国内では絶対に報道されないこの地図】 ■アメリカ政府が発表したストロンチウムの汚染地 東京まで来ている・・

【日本国内では絶対に報道されないこの地図】 ■アメリカ政府が発表したストロンチウムの汚染地

事実を見つめてください・・
日本政府は人々に事実を公表せず、隠匿し情報を歪曲し嘘の情報を本当のように流している。そして日々被曝
日本政府が、日本の政治家が、日本の企業東京電力が犯罪者です。


松戸市国分川河川敷の看板「水辺に近づくと放射能の空間線量が高くなります。安全のため、水辺には近づかないようお願いします。」 松戸市 2014年3月12日

平成25年2月26日、松戸市内を流れる国分川の獅子舞橋~黎明橋区間の両側の堤防斜面(76箇所)で放射能測定を実施したところ、斜面下の水際、地上1mの高さで最高1.33μSv/hを測定しました。黎明橋側約300mにおいて、1μSv/hを超える箇所が3地点ありましたので、近寄らないよう立入禁止としました。

なお、1μSv/hを超えた3箇所につきまして、平成26年3月11日に14回目の測定をしたところ、地上1mで0.804から1.026μSv/hという測定結果でした。

松戸市 放射能危険看板


■ 外部被ばくを表すミリシーベルト(mSv)という単位~一般人の被ばく許容線量は1ミリシーベルト(mSv

α線(アルファ線)は、一番危険です。次にβ線(ベータ線)。放射線が人間に影響を与える危険度がシーベルト(Sv)です。

                 シーベルト(SV)への換算
 α線(アルファ線)      グレイ(Gy)を20倍する
 β線(ベータ線)        グレイ(Gy)を5倍から10倍する―これを1倍とす
                 る学者が多い。
 γ線(ガンマ線)・X線    グレイ(Gy)と同じ(1倍)
 中性子線           グレイ(Gy)の5倍から20倍

 つまり、α線(アルファ線)は、20倍の危険度で考えているのが、シーベルト(Sv)という単位です。

 この単位系には、3つの単位があります。シーベルト(Sv)とミリシーベルト(mSv)とマイクロシーベルト(μSv)です。最後のマイクロシーベルト(μSv)は普通、マ
イクロシーベルト毎時(μSv/h)と、1時間あたりの放射線量で使います。

 この3つの違いを理解することが放射線の危険性を理解することにつながります。シーベルト(Sv)からミリシーベルト(mSv)への単位は1000分の1。1ミリシーベルト(mSv)から1μSv(マイクロシーベルト)へも1000分の1です。

 つまり、1シーベルト(Sv)   =1000ミリシーベルト(mSv)
      1ミリシーベルト(mSv)=1000μSv(マイクロシーベルト)です。

 そして、3つの単位の意味を知ることも大事です。

1シーベルト(Sv)は即死の単位です。正確には、2シーベルト(Sv)で5%即死、4シーベルト(Sv)で50%、8シーベルト(Sv)で100%即死です。 

1ミリシーベルト(mSv)は一般人の被ばく年間許容線量です。これは安全な数値ではありません。それが1ミリシーベルト(mSv)浴びると、1万人に1人~4人のがん死が増えるレベルです。  

          ■ 0.16マイクロシーベルト毎時(μSv/h)を超えると年間被ばくが
                  1ミリシーベルト(mSv)を超える


 1時間あたりの空間放射線量(マイクロシーベルト毎時 μSv/h)から、年間の被ばく線量(ミリシーベルトmSv)を計算する方法は、×24時間×365日=×8760
です。8、7、6と1ずつ数字が下がっていき最後に0をつける、という覚え方もあります。概算として、簡単に「9000倍する」という方がわかりやすいと思います。 放射能被爆は積算計算です、浴びれば浴びるほどに加算されるのです。

もともとある自然放射線を0.05マイクロシーベルト毎時(μSv/h)とすると、0.16マイクロシーベルト毎時(μSv/h)を1年間浴びると、もう一般人の年間被ばく許容線量の1ミリシーベルト(mSv)に達します。
    0.16-0.05(自然放射線 バック・グラウンドと言います)=0.11
    0.11×9000=990 マイクロシーベルト(μSv) 
    ⇒0.99ミリシーベルト(mSv)≒1ミリシーベルト(mSv)

 もし、あなたの街の空間放射線量が
0.27マイクロシーベルト毎時(μSv/h)だったら、年間の被ばく放射線量は2ミリシーベルト(mSv)になります。
0.38マイクロシーベルト毎時(μSv/h)なら、3ミリシーベルト(mSv)に、
0.49マイクロシーベルト毎時(μSv/h)なら、4ミリシーベルト(mSv)に、
0.60マイクロシーベルト毎時(μSv/h)なら、年間被ばく放射線量は5ミリシーベルト(mSv)になります。

 フランスの民間団体IRSNは、「年間被ばく放射線量が5ミリシーベルト(mSv)の地域である、福島県全域・宮城県南部・茨城県北部の人々を避難させよ」と呼びかけています。

 もし、あなたの街が0.60マイクロシーベルト毎時(μSv/h)になったら、真剣に居住地を変えることを考えなくてはいけないと思います。           

★”爆の症状”どんなものか、症状から認識を首都圏など被爆している。そして、”治療方法”。。
  早急に被爆対策を。 5~10年後に起る悲惨な状況を防ぐには><!
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

★放射能除去・予防と対策・身体を守る 色々な放射能対策があり、自分の環境や自分自身に合った
  治療方法を見つけてください
  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-category-32.html

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

wincat

Author:wincat
人は生まれた時から進むべき道を歩む。そして自分の目的を達成する為に、知るべき事、感じるべき事、理解する事を心から納得して解る為にここに来ている。と考えています。

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アマゾン
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。